2018年01月25日

他人に迷惑をかけること

先日、
  
・失敗は上達のプロセス
http://growheart.livedoor.biz/archives/52045567.html
  
という記事を書きました。
  
   
で、その記事を投稿した直後に、
「他人の思念」が私に飛んできました。
  
  
【 だって、自分が失敗したら、
  他人に迷惑を掛けちゃうじゃん! 】
  
という内容の思念です。
  
  
なるほど、
  
・「失敗」に対する否定と、
・「他人に迷惑を掛けること」に対する否定は、
  
ガッチリと結びついている訳ですね。
  
  
失敗したら、他人に迷惑を掛ける…、
  
他人に迷惑を掛ける人間も、
【 極悪犯罪者レベルの、非常に罪深い人間 】
  
という風に、認識している訳です。
  
  
「他人に迷惑を掛けること」を否定していても、
  
「失敗に対する否定」と同じように、
  
【「判断力」や「スキル」を磨くこと 】に対する、
大きなブレーキになってしまいます。
  
  
しかし、【 他人に迷惑を掛けることは悪ではない 】
   
ということも、
今までさんざん伝え尽くされてきたことです。
  
  
【 現実は「自分の意識」が創っているから、
  何が起きても「本人の自業自得」 】
  
  
この初歩的なコンセプトをちゃんと理解していれば、
  
・他人に迷惑を掛けたときの【 罪悪感 】も、
・他人から迷惑を掛けられたときの【 被害者意識 】も、
  
スムーズに手放していけるはずです。
  
  
それが出来ていないって事は、
  
何年同じ話を聞き続けても、
まったく内容を理解できていないって事です。
  
  
それだけ、「無意識の抵抗」は激しいのです。
  
それだけ、「恐怖心」は人の思考力・理解力を奪うのです。
  
  
人類は、「膨大な量の恐怖」を抱えていて、
それ故に、「とんでもないアホ」になっちゃっている訳です。
  
  
恐怖心がとれたときに初めて、
「それまで自分がどれだけアホだったのか?」
  
という事が、きちんと理解できるでしょう。
  
  
  
失敗と同じように、
「他人に迷惑を掛けること」に関しても、
    
生きている以上は、避けられない事です。
  
  
他人に負荷を掛けずして、
生きていくことなど出来ません。
  
  
普通に生きている時点で、
【「家畜」や「魚介類」の生命 】を奪って生きているのです。
  
  
そして、
  
家畜は「植物」の生命を奪い、  
魚介類は、「プランクトン(微生物)」などの生命を奪っています。    
   
  
他の存在に負荷を与えずして生きていくことなど、
そもそもが不可能です。
  
  
ガソリン車に乗るだけで、
地球の大気に負荷を掛けているのです。
  
  
そして、その汚れた空気を、
自分以外の別の誰かが吸うのです。
  
  
「生きている以上、
 他の存在に負荷を掛けて生きている…」
  
それは当たり前の事だし、
  
  
そういう認識を自分が持っていない時点で、
  
自分の事を、実際よりも「潔白でキレイな存在」だと、
「現実とかけ離れた認識(幻想)」を持ち、驕っているのです。 
  
  
「他人に迷惑を掛けたくない!」じゃなくて、
  
【 既に、他人にめちゃくちゃ迷惑掛けてますけど? 】
  
って話です。
  
  
「他人に負荷を掛けて生きていくしかない」から、
   
「他人に掛ける負荷」以上に、
「他人に大きく貢献すること」で、
  
プラス・マイナスを合算してプラスにしていくことで、
  
【 自分の存在意義 】を感じられるようになると思います。
  
  
それに、悪意を持って
他人に迷惑を掛けまくっている人もいるなかで、
  
自分がそうじゃないだけでも、「御の字」でしょう? 
   
それだけで、十分に立派ですよ。
  
  
多少ぐらい、他人に負荷や迷惑をかける事なんて、
  
【 お互い様 】の一言です。
  
  
私だって、故意ではないですが、
他人に多大な迷惑を掛けたこともあります。
  
  
でも、他人から迷惑を掛けられるのも、
【 自業自得・自己責任 】と思えるようになったので、
   
他人に迷惑を掛けたときの「罪悪感」もなければ、
他人から迷惑を掛けられたときの「被害者意識」もないのです。
  
  
要は、裁かずに許している訳です。
  
  
だから、いちいち落ち込んだりイライラしないし、
他人との関わりにおいても、ストレス・フリーなのです。
  
  
他人に迷惑を掛けることに「罪悪感」がある人は、
他人に迷惑を掛けられ時に、必ず「被害者意識」を持ちます。
  
【 罪悪感 】と【 被害者意識 】は、必ずセットですから。
  
  
で、その両方の「ネガティブな発想」が強ければ強いほど、
  
【 ストレスの大きな人生 】になってしまうのです。
  
  
さらには成長スピードも遅いし、良いことがありません。
  
  
何が起こっても、「自己責任・自業自得」と捉える事で、
  
【 罪悪感 】と【 被害者意識 】は消えるのです。
  
  
何が起こっても、「自己責任・自業自得」と捉えれば、
  
他人が変わるのを期待せずに、まず自分が変わろうと思います。
  
  
他人が絡む問題が起こったとしても、
まず自分から主体的に「対策を練ろう、対策を講じよう」とします。
  
だから、現実もスムーズに良い方向に変わっていくのです。
  
  
他人のせいにしている限り、現実は何も変わらないのです。
  
  
  
これも、今まで散々言い尽くしてきた事ですが(笑)  
  
  
これが理解できていないから、
  
自分に降りかかる責任を回避しようと、
「他人からの指示待ちに人間」になってしまい、
  
いつまでも「問題解決能力」や、
「判断力」や「スキル」が磨かれないのです(笑)
  
  
  
生きている以上、失敗する事も避けられないし、
他人に迷惑を掛けることは避けられないし、
  
迷惑を掛け合ったとしても、【 お互い様 】です。
  
    
「自分だけが潔白でキレイな存在でいよう」などと、
ムシが良すぎるのです。
  
  
生きている以上、迷惑を掛けるしかないのだから、
迷惑を掛ける以上に他人に貢献する事で、
  
他人に与える「マイナスの影響」と「プラスの影響」…、
  
それを合算して「プラス」に持って行こう!
  
  
そういう発想をする方が、建設的です。


mixiチェック

haxe501 at 17:52│clip!