2017年12月20日

本気のスイッチを押す方法

私は、
  
他人に「自分の人生を真剣に考えさえる方法」を
ずっと追求してきました。
  
  
【 なぜ、多くの人は自分の人生に対して、
  本気になれないのだろう? 】
  
その答えをずっと探し求め、研究してきました。
  
  
「主体性」やら、
「プラスのモチベーション」やら、
  
いろいろ言っていきましたが、
  
  
ここまできてようやく、
  
【「甘え」が原因である 】
  
という最終結論に辿り着きました。
  
  
具体的に言うと、
  
【 自分が真剣に努力しなくても、
  最後は他人が何とかしてくれるんでしょ? 】
  
という「勘違い」のことです。
  
  
例えば、プロの囲碁や将棋の棋士っていうのは、
  
背負っているモノが大きいので、
一手一手が真剣だし、時に長考する事もあります。
  
駒や石を持つ手が、激しい緊張で震えることもあるでしょう。
  
  
逆に、「別に負けてもいいや〜」みたいな気持ちで、
適当に手を打っていると、負けてしまって当然です。
  
  
私は自分の判断や努力次第によって、
「自分が将来、ホームレスになるかならないか?」
  
が決まってしまうと思っていました。 
  
  
だから、真剣に努力してきました。
  
  
要は、【 負けるとホームレスになっちゃう将棋 】を指してきたのです。
  
  
私は、死んでもホームレスにはなりたくなかったし、
どうしても負けるわけには行かなかったので、
   
真剣に自分の人生を考え、判断し、行動してきました。
  
  
しかし、「甘えている人」と言うのは、
  
私と同じように、
  
「自分が負けるとホームレスになっちゃう将棋」
を指しているクセに、
  
「自分が負けても、他人がケツを拭いてくれるだろう」と、
のんきに構えて、適当に手を打っているのです。
  
  
でも、実際に他人がケツを拭いてくれる事はありませんから、
  
その期待というのは、ただの「勘違い」なのです。
  
  
基本的に、普通の人の「収入源、資金源」って、
  
・親(家族)からもらうか、
・雇われ仕事の給料か、
・国からの生活保護、年金
  
だと思うんですね。
  
  
ってことは、
  
その【 3種のライフライン 】が断たれた瞬間に、
ホームレスが決定します。
  
  
若いウチは、仕事ができなくても雇ってもらえますが、
  
良い歳して、相応の仕事もできなきゃ、
雇う側からすれば「くせ者扱い」で、煙たがられます。
  
  
ですから、自分が年齢を重ねたときに、
  
・親が死ぬ
・大したキャリアも無く、雇ってもらえない
・年金は受け取れない、生活保護も受け取れない
  
という時点でもう、
  
古びたオンボロアパートに暮らしながら
「駐車場の警備員」みたいな仕事をするか、
  
もしくはホームレスになるしかありません。
  
  
でも、頭を使わないルーチンワークは
どんどんAIやロボットに置き換わっていきますから、
  
単調かつ給料をもらえる仕事が、
この先に残っている事はほぼ無いでしょう。
  
  
親も、雇われも仕事、国も、頼りに出来なくなったら、
もうホームレスは目の前です。
  
  
でも、甘えている人って言うのは、
  
「自分がホームレスになる訳が無い」と思っています(笑)
   
   
そう思い込みたいのです(笑)
  
  
いつも言っていますけど、
  
病気になりたくなくても、ガンで死んじゃう人はいるわけで、
破産したくなくても、破産しちゃう人はいるわけで、
  
そういう人と、自分は何が違うの?って聞くと、
  
  
「自分は特別だから…」という答えが返って来ます。
  
  
だから、「どう特別なのか?」 詳しく教えて欲しい所です。
  
  
・スピリチュアルに興味があったら特別なのか?
・自己啓発に興味があったら特別なのか?
・自己投資にお金を使っている人間は特別なのか?
  
  
「スピリチュアルや自己啓発好きのホームレスは絶対にいない!」
と言い切れるわけですか?
  
  
「自己啓発」や「スピリチュアル」が好きでも、
成功してない人、めちゃくちゃいますけど?
  
  
むしろ、好きすぎて高額セミナーに通いまくって、
無駄に貯金を使い果たしている人の方が多いんじゃ無いですか?
  
好きなだけじゃ、人生は保証されませんよね?
  
  
なのに、甘えている人は、  
  
「人生が何とかならなかった人たち」がたくさんいる中で、
「自分だけは助かる」と思い込んでいる。
  
その根拠は、自分は特別だから…です。
  
  
「私はホームレスになる人たちとは違うんだ!」
「自分は絶対にホームレスにならない!」
  
と思い込みたいのです。
  
  
でも、実際は特別でも何でも無いし、
  
自分の考え、判断、行動次第で、
ホームレスになってしまう可能性はあるのです。
  
  
私は、ホームレスになるのが死んでもイヤでした。
  
ホームレスになるくらいなら、
死んだ方がマシだと思ってました。
  
だから、真剣に努力したのです。
    
それでももし、自分に「成功する目」がなくなったら、
その時は、本当に自殺しようと思ってました。
  
  
「苦しいだけしかない人生」なら、
【 死んだ方がマシだ 】という判断です。
  
  
私は、地獄の様な生活が明確にイメージ出来ました。
  
だから、本気になれたのです。 
 
  
でも、甘えている人というのは、 
  
自分は絶対に、
「地獄の様な、苦しいだけの生活」には転落しないと、
  
高をくくっているのです。
  
  
だから、本気になれない。
  
  
負けたらホームレスになっちゃう将棋を指しているのに、
  
「自分は負けてもホームレスにならない」
「自分が負けても、他人が何とかしてくれるハズだ」
  
と高をくくって、何も考えず、適当に手を打っているのです。
  
  
それこそが、
人が【 自分の人生に対して本気になれない根本原因 】です。
  
  
甘えている人が理解しなきゃいけないのは、
  
【 自分がこの勝負にまけちゃったら、誰も助けてくれないし、
  本当にホームレスになっちゃうんだよ!? 】
  
という「事実、現実、真実」です。
  
  
その事実を理解しない限りは、
人は甘えを捨てられませんし、本気にもなれません。
  
  
ですから私は、 
  
《 作品No.87「Vision of Hell」》
《 作品No.88「You Take Pain Anyway」》

という、2点の絵を描きました。
  
・これまでの絵画一覧(No.81 〜 )
http://growheart.livedoor.biz/archives/52042659.html
  
  
まず、人が本気になるには、
  
「死んだ方がマシだ!」と思える、
【 地獄の様なヴィジョン 】を見る必要があるのです。
  
それを自分事として捉えたときに、
人は甘えを捨てて本気になります。
  
  
例えば、海外の貧しい国では、
  
少女が他人に売られて、
  
好きでも無い男と結婚させられ、
好きでも無い男の子供を産まされる事もありますし、  
  
売春宿で延々と働かされるような生活もあるでしょう。
  
  
日本でも、似た様な現実は実際に存在しているのです。
  
  
「そんな生活を送るくらいなら、死んだ方がマシだ!」
って思う人もいるんじゃないですか?
  
自分を愛している人ほど、自分を大切に思う人ほど、
「劣悪な環境で生活すること」には耐えられないでしょう。
  
  
本気になりたきゃ、
    
「死んだ方がマシだ!」って思える生活を、
リアルにイメージ出来る必要があります。
  
  
「死んだ方がマシだ」と思える地獄の様な生活をするくらいなら、
【 全力の本気の努力 】くらい、軽々と出来ますよ。
  
  
・地獄の様な、苦しみしか無く希望の無い生活か?
・負荷を背負って、全力で努力するか?  
  
  
この選択で、前者を取る人はまず居ないと思います。
  
  
と言う事は、
  
本気になれていない人は、
  
【 自分次第で、地獄の様な生活に転落することも有り得る 】
  
という可能性を、
「リアルにイメージ出来ていない」という事です。
  
  
本気になりたきゃ、最初に地獄を見る必要があります。
  
  
人間の生活の土台は、心理、経済、健康です。
  
「あらゆる人間関係を失い、孤独になって、
 病気になっても、病院に行くお金すら無い
 病気に蝕まれて死んでいく未来と絶望しか無い」
  
そんな生活を送るくらいなら、
死んだ方がマシだと思えるんじゃ無いですか?
  
  
そういう地獄を、まずリアルにイメージ出来ないと、
そういう地獄を、まず自分事として捉えられないと、 
  
人は、「自分の人生に対して本気を出すこと」が出来ないのです。
  
  
受験に落っこちるより、
よっぽどひどい生活が待っているんだから、
  
受験より頑張れないとオカシイです。
  
  
と言う事で、弟子たちに私の絵を見せて、
  
自分が恐怖から逃げて努力しなかった場合に待ち受けている、
【 地獄の生活 】をイメージしてもらいましたが、
  
かなり感じるモノがあったようで、号泣していました(笑)
  
  
私も、今までで一番「手応え」を感じましたね。
  
「これで、ようやく本気にさせられるぞ!」と(笑)
  
  
これまでの長き研究も、ようやく実を結んだ感がありました。
  
  
これまでいろいろ言ってきましたが、
  
【 人生を変えたきゃ、まず地獄を見ろ 】って事ですね。
  
  
「未来の地獄」が鮮明に見えるから、
それを回避する為に本気を出せるのです。
  
  
私の描いた絵を活用しつつ、
  
【「死んだ方がマシ」だと思える、「未来の地獄」を見るワーク 】
  
  
心理面においては、
しばらく、これを推していきます。


mixiチェック

haxe501 at 11:46│clip!