2017年12月16日

強い想い

私って、変わっている人間だなぁと思います。
  
  
その根拠は、
  
周囲で私みたいな人間とは出会わないし、
世の中を見渡しても、私みたいな人間がいない。
  
  
他の人もそう思うでしょうから、
自他共に認める所でしょうね。
  
  
でも、自分が多くの人と違っている根本原因って何なんだろう?
  
って所を突き詰めると、最終的には、
  
【「好き嫌い」の激しさ 】だなって思うんです。
  
  
私は、
  
・無駄
・矛盾
・妥協
  
が、死ぬほど嫌いです。(特に、矛盾が最高に嫌い。)
  
  
この地球上から無くしてしまいたいくらいに嫌いです(笑)
  
ここが、私と私以外の人々との「根本的な違い」だと思います。
  
  
子供の頃から、そういう片鱗はありましたけれども、
今の自分ほどではありません。
  
  
大人になってから世の中の事を知っていく上で、
「無駄・矛盾・妥協が、どれほどの悪影響を及ぼすか?」
  
という事を理解して、ますます嫌いになりました。
  
    
私個人にとって、「無駄、矛盾、妥協」は【 害悪 】ですし、
  
「徹底的に排除したい対象」なのです。
  
  
私が現在生みだしている様々な結果も、
「無駄、矛盾、妥協が嫌いだからこその結果」です。
  
  
そして、それぐらいの「強い想い」があるから、
  
人は、何かを成し遂げる事が出来るのです。
  
  
私はいつも言っていますけど、
  
「挑もうとしているチャレンジが難しいかどうか?」
  
って、それほど重要な事ではありません。
  
  
人間は、モチベーションさえ高ければ、
難しい事に対しても、積極的にチャレンジするからです。
  
  
ですから、本人の
  
・意志の強さ
・想いの強さ
・モチベーションの高さ
  
が、何かを成し遂げられるかどうか? を決めているのです。
  
  
逆に言うと、 
  
【 意志が弱い、想いが弱い、モチベーションが低い 】
  
それだけで、何も成し遂げる事はできません。
  
  
もちろん、
「自分の人生や生活」を変えることも出来ないでしょう。
  
  
私は、このことを理解しているから、
  
自分のモチベーションが低くなったりすると、
危機感を覚えるのです。
  
  
自分のモチベーションが低い状態を「放置する」ってことは、
「人生の下り坂を転げ落ちるようなモノ」ですからね。
  
  
で、ここからが重要な話になりますが、
  
私がサラリーマンをやりたくない理由は、 
    
サラリーマンとして働いていると、
仕事が「無駄、矛盾、妥協」にまみれているからです。
   
   
私は、高校生になってバイトしていた時から、
  
仕事上の「無駄、矛盾、妥協」が
気になって仕方ありませんでした。
  
  
仕事上の「無駄、矛盾、妥協」が大嫌いで、
自分が許容できないから、雇われて働くのが難しいのです。
  
  
で、【「強い想い」を持つ 】って事は、
  
セットで、「周囲との軋轢」が発生します。
  
  
「強い想い」を持っていて、
周りの人々と「考え」や「主張」がぶつからない人間はいません。
  
  
「強い想いを持つ」って事は、【 他人とぶつかる 】って事です。  
  
  
で、他人とぶつかるのを避ける人は、
   
「自分の想い」を抑圧して、他人に迎合する訳です。
  
  
ですから、「強い想いを持たない」って事は、 
 
とどのつまり、【 周りに流される 】って事です。
  
  
これが、「人間の生き方を分ける根本」であると思います。
  
  
1.強い想いを持って、
  他人とぶつかりながらも、何かを成し遂げていくのか?
  
2.強い想いを持たずに、
  他人に迎合して、周りに流され、何も変えられないのか?
   
   
人生は結局、その2択だって事です。
  
  
で、「強い想い」を持てない人は、
  
その時点でもう「人生を変える」なんて無理なんです。
  
  
何も成し遂げる事は出来ません。
  
  
他人とぶつからずに、
人生を変える、何かを成し遂げるなんて、不可能なのです。
  
  
「強い想い」を持つと、人は一時的に孤独になります。
  
他人とぶつかりますし、
今までの付き合いも切れていくでしょう。
  
  
でも、それを乗り越えられる人間だけが、
  
人生を変え、何かを成し遂げる事が出来るのです。
  
  
何が言いたいか?というと、
  
他人の視線を気にしてビビっていたら、
「強い想い」なんて持てないって事です。
  
  
他人の視線を気にしてビビっている時点で、
何かを成し遂げられる訳が無い。
  
  
そういう事です。
  
  
「他人がナンボのもんじゃい!」
っていう気を持たないと。
  
  
他人にビビっている時点で、
  
「自分の想い」を大切に出来ていないし、
抑圧している訳です。
  
  
だから、
  
今の人間関係を壊したくないとか、
人の輪からはみ出し無くない、人の輪を壊したくない。
  
そう思っている人は、何も成し遂げられないのです。
  
  
「目先の人間関係」より、
【 自分の想い 】を徹底的に優先できる人が、
  
自分の人生を変え、何かを成し遂げていく人なのです。
  
  
ですから、
  
【「他人とぶつかる覚悟」が決められるくらいの、
 「強い想い」を持てているかどうか? 】
  
  
それだけで、その人の行く末がわかるのです。
  
  
強い想いを持ててない人は、土台が無理なんです。
  
  
私の「想いの強さ」は、【 尋常な無いほどに強い 】です。
  
  
先ほども言った、
  
・無駄
・矛盾
・妥協
  
が、心の底から大嫌いって事です。
  
  
その「嫌い度」が、
平均的な人と比較して尋常じゃありません。
    
だからこそ、「効率の鬼」になれるのです(笑)
  
  
逆に言うと、何かを好きになったら、
底無しなくらいに好きになります(笑)
  
  
「好き嫌い」も引用表裏一体ですから、  
嫌いが激しい人は、好きも激しいのです。
  
  
もしある人が、
私の100分の1ほどでも、「想いの強さ」を持てれば、
    
「自分が快適に思える人生」を手に入れるくらいは出来るでしょうね。
  
  
  
強い想いを持っていると、
当然ながら、人とぶつかることもあるでしょうが、
  
  
・ある人が、「強い想いを持つ事」を優先しているのか?
  
・それとも、「他人とぶつからない事」を優先しているのか?
  
  
たったそれだけで、その人が大成するかどうかわかります。
  
  
もし、人生を変えたい、何かを成し遂げたいと思うのであれば、
  
【 自分が「強い想い」を持つ事 】を、肯定しなければなりません。
  
  
そして、人間関係において、
  
他人とぶつかること、孤独になる事を許容しなければなりません。
   
   
・他人にビビって、「ぶつからない事」を優先するのか?
    
・ぶつかってでも、「自分の想い」を優先するのか?
  
  
根本は、それだけの違いです。
  
  
どちらにも、メリット・デメリットが存在しています。
  
後は、自分の好き嫌いで決める事です。
  
  
二つの選択肢を目の前に並べられて、
  
・メリットだけを得たい、
・デメリットはどうにか避けたい
     
そういう「舐めきった考え」をしている人は、論外です。
  
  
世の中を舐めすぎていて、甘えが強すぎて、
もうどうしようもないですね。
  
  
あと、強い想いを持っているのに、
トラブルが多く、現実が上手く行かない人は、
  
多くの場合、
「謙虚さ」と「周囲に対する感謝」が足りてないって事です。


mixiチェック

haxe501 at 05:22│clip!