2017年12月15日

経済の未来

先日の、「経済に関して政府はアテにならない」
  
という記事は、
  
・人によっては「至極当たり前の話」で、
・人によっては「衝撃を受ける内容」だったでしょうね。
  
  
でも、【 政府が経済を何とかできるハズだ! 】
と思っている人がいるから、
   
トランプ大統領に投票した人も多かった訳ですからね。
   
   
国の役割は主に、
  
・公共サービス
・外交、国防
  
などですよ。
  
  
歴史を振り返れば、
  
政府主導の公共事業などで、
景気が良くなった事もあるので、
  
そういうのを期待している人もいるんでしょうけど。
  
  
でも、今更「道路」や「橋」を作ったところで、
景気が良くなるような時代じゃありません。
  
  
道路(公共サービス)を作ることが、
経済にとって重要だった時には、うまく機能したのでしょうが、
  
道路なんて、もう作り終わってしまっていますからね。
  
  
今は、「頭を使って価値を生み出す時代」です。
   
  
例えば、名刺を制作するにしたって、
  
名刺を印刷する業者と、名刺をデザインする業者、
どちらが利益率が高いかは明白ですよね?
  
  
【 知的労働が必要な時代 】なのです。
  
  
よく、「経済は同じパターンを繰り返さない」
という言葉があります。
  
  
つまり逆を言えば、
経済というのは【 常に新しい状況だ 】ってことです。
  
つまり、これまでの過去のパターンなんて、
【 いつだって参考にはならない 】という事です。
  
  
たとえば、「儲け話」にしたってそうですけど、
  
昔に流行ったような古典的なネズミ講を、
今になってやろうとするヤツはいません。 
  
  
でも、今は仮想通貨(暗号通貨)という
新しい存在が生まれました。
    
経済においては「今までに無い新しい局面」です。
  
  
ですから、ビットコイン関連の詐欺というのは、
新しいからこそ、騙される人も多くなるのです。
  
  
通貨の本質を知らない人は、
ビットコインに魅力を感じるかも知れませんが、
  
現在は、ただの「投機商品」と化していますからね。
  
  
通貨は、価値が安定していて、
交換に使えてこそ意味があるのに、
    
あれだけ激しく値動きしていたら、
通貨としてはまったく魅力がありません。
  
  
仮想通貨(暗号通貨)は、
新しく登場したモノなので、   
  
世間の人も、メリットやデメリットが
よくわかっていないのです。
  
  
ビットコインが、
世界のスタンダードな通貨になる事はあり得ません。
  
世界共通の価値交換手段としては、穴だらけです。
  
  
そういう事に、世の中の人が気がついた瞬間に、
価値は暴落するでしょうし、
  
もっと素晴らしい価値交換手段が発明されれば、
ビットコインを使う人間は誰も居なくなって、
  
価値がゼロに等しくなる事も有り得ます。
  
  
つまり、いずれビットコインは、
価値交換手段として淘汰されると予測されます。
  
  
そもそも、世界共通の価値交換手段には、
  
交換のタイミングで「得する人間」と「損する人間」が
存在してはいけませんからね。
  
  
過去は、「金(Gold)が安定した価値」を保っていたから、
金(Golod)が、通貨の価値基準になっていました。
  
現在は、世界の基軸通貨である「米ドル」に変わりました。
  
  
とにかく、通貨には【 安定した価値基準 】が必要です。
  
  
それが、
  
「ある人の生み出した「発明」によって、
 世の中がどれだけの恩恵を受けるのか?」
  
という事を数値化し、基準にしたものが、
新しい世界共通通貨(価値交換手段)になるでしょうね。
  
  
まぁ、その為にはAIが必要だし、
20年くらい先の話かもしれませんが(笑)
  
  
ま、遅かれ早かれ、ビットコインのバブルは終わります。
   
高値のまま安定して価値を保つには、
それなりの理由が必要ですが、それがありませんからね。
  
  
特に、もっと優秀で便利な価値交換手段が生まれたときに、
現在の仮想通貨(暗号通貨)は価値を失うでしょう。
  
  
話は逸れましたが、話を元に戻すと、
  
道路が必要だった時代に上手く行った公共事業は、
道路が不要な時代には上手く機能しないのです。
  
  
経済は、常に「新しい局面」を迎えますから、
 
【 過去の成功パターンなど、一切通用しない 】のです。
  
  
経済が「成熟していなかった状況(過去)」と、
「成熟してしまった状況(現在)」では、
  
まったく必要なアプローチが異なるのです。
  
  
今、経済を活性化させるために必要なのは、
政府主導の公共事業などではなく、
  
【 いかに短い時間で、
  効率良く、生産性高く、高い価値を生み出すか? 】
  
という事であって、
  
つまりは、「肉体労働」や「ルーチンワーク」などでは無く、
  
【 知的な労働(頭脳労働、創造労働) 】が必要なのです。 
  
  
しかし、学校教育で「それとは真逆の教育」をしてきたもんだから、
  
大人になってから、ソレができる人が少ない訳です。
  
  
「知的な労働」に長けていない人が、
  
より高い価値を生み出すためには、
効率が悪いまま、長時間労働をするしかありません。
  
  
「ブラック企業」なんていう言葉が流行ってますけど、
  
そもそも、経営者も、労働者も、
【 頭を使って短時間で高い価値を生み出す 】
  
という方向性を目指していないのです。
  
  
世界の経済は常に発展していくので、
  
自分も継続的に成長して、
より高い価値を生み出せるようにならなければ、
  
現在の経済力を維持できないようになっています。
  
  
で、知的な労働をしない人が、 
現在の経済力を維持しようと思ったら、
  
【「長時間働く」という選択しかない 】のです。
   
   
ブラック企業の根本原因は、
  
そもそも、経営者も、労働者も、
【 頭を使って短時間で効率良く高い価値を生み出す 】
    
という目標を持っていない事にあります。
  
  
その目標が持てない原因が、
  
過去に受けてきた【 学校教育 】のせいなのです。
  
  
その目標を持っていないから、
  
長時間労働を許してしまうのです。
  
  
ブラック企業の対極に、ホワイト企業があるとしたら、
  
その会社の経営者は、
  
【 短時間で効率良く高い価値を生み出す 】
   
という方向性を持っているからです。
  
  
先日、平日に家族で白浜のアドベンチャーワールドに行きました。 
  
そこで思いました。
  
  
「お金」にも「時間」にもゆとりある人が増えたら、
こういうテーマパークに来る人も増えるんだろうな…と。 
  
  
いくら「お金」があっても、「時間」がなければ、
エンターテイメントにはお金を落とせませんからね。
  
  
【 「お金」と「時間」を両立した人 】が増えれば、 
エンターテイメント領域の経済も活性化していきます。
  
  
そういう人を増やしていく事が、 
経済の活性化には必要不可欠です。
  
  
で現在問題になっている
「子育て」や「働き方」の問題も、
    
問題解決の方法は、
【 短時間で効率良く高い価値を生み出す 】
  
という事なのです。
  
  
その為には、時間労働や肉体労働ではなく、
  
【 知的な労働 】をするしかありません。
  
  
で、人間って、自分が情熱を持っている対象に対しては、
  
【 とことん知的になれる生き物 】なのです。
  
  
別に、学校の勉強とか、IQとか、そういう問題ではなく、
  
人間は、そこに情熱があれば、誰でも頭を使うのです。
  
  
例えば、学校の勉強はできそうにないけど、
  
テレビによく出演している
お笑い芸人やタレントさんっていますよね?
  
  
そういう人も、ある部分では頭を使っているから、
テレビに出続けているのです。
   
  
だから最終的に、
  
【 自分が情熱を持てる仕事をする 】って事が、
  
最も生産性が高くて、効率も良くなるのです。
  
  
でも、学校でライフワークに就くための教育をしますか?
  
それとは真逆の教育でしょう?
  
  
だから、【 短時間で高い価値を生み出せる人 】が少なく、
   
「働き方」や「子育て」の問題は生まれ、経済は停滞してしまうのです。
  
  
まぁ、私の弟子たちを見る限り、
  
私が「ライフワークに就くための教育」を施しても、
本人が本気で目指そうとしなかったら、意味がありません。
  
  
なぜ、本気で目指さないのか?
   
  
・自分を愛していないから、向上心も湧かない
  
・他人(親、国家、社会、企業など)が
 自分の人生を何とかしてくれるだろうと、勘違いしている
  
・人生を自分一人のチカラで生きていく自信が無い
  
  
まぁ、そういう【 本人の精神面 】が根本的な原因です。
  
  
自分に自信が無い「両親」や「学校の先生」に教育されて、 
  
自分に自信が持てない様に、育っちゃった訳です。
  
  
自信が無いから、恐怖に怯えて、
他人に甘えて、思考停止しちゃっていて、
  
知的労働なんか出来るレベルじゃ無いのです。
  
  
ですから、国の経済を活性化させる為には、
  
「国民の甘え」を捨てさせて、
「自らの頭」を使わせるようにする必要があります。
  
  
でも、日本人って「判官贔屓」を良しとして、
「弱者に甘い」ところがありますから、 
    
それが、甘えを蔓延させる原因にもなっています。
  
  
だから、私は世の中の為に、
一人で厳しい事を言い続けているんですけどね。
  
  
まぁ、恐怖で思考停止して、
自分の首を絞めちゃう人って言うのは、
  
痛い目を見るまで、
なかなか自分の考えを改めませんから、
  
「実際に、痛い目を見るしか無いのかな」と思います。
  
  
まぁ、世の中が痛い目を見て、考えを改めたら、
  
私にお呼びが掛かる事があるかも知れませんが、
  
私は私で、それまでの時間を、
自分の能力を高める事に費やすだけです。


mixiチェック

haxe501 at 15:37│clip!