2017年11月14日

自分を愛することは、向上心の源泉

【「主体性の重要性」の解明 】こそ、
  
私の最新の心理研究成果ですが、
  
そもそも「主体性を高めよう」とすら思わない人…、
  
つまり言い換えると、「向上心が低い人」というのは、
  
本心では自分の人生を、
それほど「良くしたいと思っていない」のです。
  
  
で、自分の人生を良くしたいと思わないという事は、
「自分自身」や「自分の人生」を愛していないのです。
   
大切に思っていないのです。
  
  
そして、「自分を愛していない親」に育てられた子供も、
  
同じく「自分を愛せない人間」に育ってしまうのです。
  
  
子は親の背中を見て育ちますからね。
  
  
  
よく、無差別殺人などを犯す人のコメントを見ると、
  
・「自暴自棄になっていた」とか、
・「生きていても意味が無い」とか
・「どうとでもなれと思った」とか、
 
そういう発言が出てきますが、  
  
  
そういう人たちも、
  
自分を大切に思っていないからこそ、
他人も大切に思えない訳です。
  
  
逆に言うと、自分を大切に想える人ほど、
他人のことも大切に想えるのです。
  
  
  
と言う事で、本人が「主体性を高めたい!」と思うためには、
  
【 自分を愛すること、自分を大切に思うこと 】
  
が最優先で必要なのです。
  
  
自分を愛する事は、向上心の源泉であり、
  
向上心は、自分を愛するからこそ生まれる訳です。
  
  
・自分を幸せにしてあげたい
・自分を楽しませてあげたい
・自分を喜ばせてあげたい
・自分にラクをさせてあげたい
  
その気持ちこそが、「向上心」や「成長意欲」に繋がる訳だし、
  
向上心が強くなければ、
「主体性を高めよう」とも思わないでしょうし、
  
一生奴隷思考のままだったとしても、
  
自分を愛していない人は、
「そんな人生にも我慢できる」のでしょう。
  
  
  
そこで、私はさきほど、
【 作品No.65「Love Myself」】というタイトルの絵を描きました。
  
  
明日にでも、下記の一覧にアップします。
  
・これまでの絵画一覧(No.41 〜 )
http://growheart.livedoor.biz/archives/52038027.html
  
  
この絵こそ、奴隷思考の人々に、
もっとも必要なエネルギーの絵かもしれませんね。


mixiチェック

haxe501 at 02:23│clip!