2017年10月03日

パラレルリアリティの仕組み

パラレルリアリティの概念って本当に難しくて、
  
「矛盾無く、論理的に筋の通った理解」をするには、
けっこう苦労します。
  
  
私でも難しく感じるくらいだから、
  
巷のスピ系の人たちは、チンプンカンプンながらに、
  
・なんとなく雰囲気で捉えているか?
・または、自分の都合良く解釈しているか?
  
だと思いますね。
  
  
私も、どうにか文章で自分の掴んでいる感覚を、
表現したいのですが、
  
なかなか文章で表現する事すら難しいです。
  
  
だから、今日は、
  
「パラレルリアリティの概念」について、
理解が深まる絵を描きました。
  
 
パラレルリアリティの概念から言えば、 
 
ポジティブに向かう地球と、
ネガティブに向かう地球が存在している訳ですが、
  
当然私は、ポジティブに向かう地球に住んでいます。
  
  
でも、バシャールいわく、
  
「ネガティブに向かう地球で、
 やり残した課題に取り組み続ける魂もある」
  
という話です。
  
  
じゃあ、ポジティブに向かう地球で、
  
アセンションできずに
振り落とされていくネガティブな人たちって、
  
どんな「目的」を持った魂なんだろう?
  
  
という事に思いを巡らせてみると、
  
ネガティブな人の中でも、
  
1.ネガティブな地球で課題に取り組もうとする人と、
  
2.自分は今回、アセンション(第三密度を卒業)出来なくても、
  ポジティブに向かっていく地球の中で、
  
  限界ギリギリまで、ポジティブな学びを得たい!
  
  
という、大別すると「2パターンの方向性」があるみたいですね。
  
  
確かに、自分がまだまだネガティブだとしても、
  
「ネガティブに向かっていく地球」に住むより、
  
「ポジティブに向かっていく地球」に住む方が、
大きな学びに繋がる可能性は高いです。
  
  
わかりやすく言うと、格闘技で、
  
「戦えば負ける」とわかっている相手でも、
  
「格上の強者」と戦ってみることで深い学びがあるし、
長期的見れば、自分が強くなっていく事にも繋がっていく…  
  
みたいな感じですね。
  
  
現在、「精神的に成熟していない人々」が、
全員ネガティブな地球にシフトしていく訳では無く、
  
ポジティブに向かっていく地球で、
振り落とされる限界ギリギリまで学んでおきたい!
  
という人も居るわけです。
  
  
もちろん、
それを「顕在意識レベル」では全く自覚していないでしょうが、
  
ハイヤーマインド(高次の意識)の視点で言えば、
そういう「目的」と「方向性」を持っている訳です。
  
  
ポジティブに向かっていく地球に留まろうとする人は、
  
現状がポジティブ(成熟)であれ、ネガティブ(未熟)であれ、
【「チャレンジ精神」や「向上心」は高い 】という事でしょう。
  
ハイヤーマインド的には…ですが(笑)
  
  
ネガティブな地球にシフトしていく人は、
まず、ポジティブな人や情報と出会うことがほぼありません。
  
仮に出会ったとしても、気にもとめないほどに、
興味が無かったり、または真実とは思えないのです。
  
  
ですから、彼らにとっては、
「初めから存在していないのも同義」なのです。
  
  
面白い現象ですが、
  
ポジティブな人は、ネガティブな人をきちんと認識できるのに、
ネガティブな人は、ポジティブな人を全く認識できないのです。
  
上から下は見えても、下から上は見えないのです。
  
  
ですから、
ネガティブな地球にシフトしていく人の世界では、
    
ポジティブな人や情報は、
「初めから存在していない」のと同じです。
  
  
ポジティブな世界にシフトして行く人は、時間と共に、
「ネガティブな人が減ったなぁ」と認識するでしょうが、
  
ネガティブな世界にシフトして行く人は、
「ポジティブな人が減ったなぁ」とは認識せず、
   
【 初めから存在していない 】と認識するのです。
  
  
ネガティブにシフトしていく人々の世界では、
私は「存在していない」のと同じなのです。
  
そして、
  
私が【 初めから「存在していない」地球 】に、
シフトしていくのです。
  
  
まぁ、実際に今、私が存在しているのに、
それを認識できていない訳ですから、
  
【 ポジティブな人々が、元から存在していなかった地球 】にシフトしても、
本人としてはまったく気付けません。
   
   
実際には、世界のあり方が大きく変わっていても、
何も変わっていない様に見えてしまうのです。
  
  
初めから認識をしていなければ、
  
あるモノが消えたとしても、
「消えたことにすら気付けない」という事です。 
  
  
ですが、私の記事を読んでいる人は、
「ポジティブな情報」に出会ってしまっている訳で、
  
その時点で、
「おおよそ、ポジティブに向かう地球」に向かっています。
  
  
私と心理的距離感が近い人ほど、
よりポジティブな地球に向かっている事になります。
  
  
でも、その地球の中で、
  
生き残ってアセンション出来るか? 
はたまた、出来ずに振り落とされるか?は、
    
本人の【 精神的成熟度次第 】です。
  
  
まぁ、結果はわかりませんが、
  
どちらにしても、  
「ポジティブに向かう地球」に居る方が、
  
【 霊的、精神的学び 】は大きくなりますからね。
  
  
結果はわかりませんが、
  
長期的なプロセスの観点から見ると、  
ベターな選択なのです。
  
  
世界は、こういう「あり方」をしている訳で、
  
世界のあり方を、個人の意志で変える事など、
到底できません。
  
  
世界という土俵は変わりませんが、
  
その世界・土俵の中で「どう動くか?」は、個人の自由です。
  
  
サッカーで言うと、
全員に適応される「ルール」は決まっていますが、
   
【 そのルールの中で、どうプレイするか? 】は、
  
本人の自由です。
  
  
まず、「全員に適応されるルール」をきちんと把握しないと、
  
勝てる訳がありません。
  
  
ルールを知らずして、ゲームで勝つ事は不可能です。
  
  
ですから、私は
「ルール(世界のあり方、宇宙の法則)」に興味があるのです。
  
  
ルール(宇宙の法則)は決して変わりません。
  
個人の意志などで、変わる訳がありません。
  
  
スピ系の人は、よく意識、意識と言いますが、
  
意識について知るより、
法則について知る方が、何百倍、何千倍も重要です。
  
  
【 既に決まっているルールの中で、自分はどう動くのか? 】
  
それこそが、重要な事です。


mixiチェック

haxe501 at 17:25│clip!