2017年09月16日

基礎力が一番

学生時代以来、
絵なんて描いたことの無かった私が、
  
なぜ、超高波動アート作品を作れるのか?
  
それは、もちろん基礎力が高いからです。
  
  
物体に超高波動を宿らせるには、 
「高い精神性」と「強い精神力」が必要です。
  
  
私はそれらを、鍛え高めてばかり来たので、
  
絵を描く「経験」や「技術」などなくても、
超高波動アート作品を作れるのです。
  
  
それは、学生時代を思い出せばよくわかりますが、
   
基礎的な筋肉量の多い生徒は、
どんなスポーツをやらせても、
  
それなりにこなせてしまうのと同じ理屈です。
  
  
経営者だって、優秀な経営者なら、
  
畑違いの業種の経営に携わっても、
上手く経営ができたりしますよね?
  
  
もちろん、経験や技術も大切な要素ですが、   
それは、これから磨かれていきます。
  
  
何にでも言える事ですが、
まずは、「基礎力」が無ければ話になりません。
  
  
学校教育の洗脳によって、
  
基礎力の無い人間がテクニックを学んで、
方法論で何とかしようとする人は多いですが、
  
無謀な思惑です。
   
 
   
私は、自分の「絵」や「オーブ」を見た人たちに、
どういう変化が起こっているのか?
  
という事を、チャネリングで分析していますが、
  
  
読者の92%は、
何らかのエネルギーを感じている様です。
  
そこそこエネルギーの強さがわかる読者は、22%
  
波動の質や強さを見抜いて、
これはスゴイ!と驚嘆している読者は、3%
   
ってところみたいですね。
  
  
エネルギーを感じない人の方が少数派なのは、
まぁ嬉しいデータです。
  
  
ただ、はこぶね倶楽部のメンバーで、
エネルギーを感じる人の割合は、67%…。
  
  
つまり、平均的なブログ読者の方が、
エネルギーを感じる感度が優秀なのです(笑)
  
まぁブログ読者も、
日々新陳代謝して、入れ替わっているでしょうから。
  
  
ブログ読者に、優秀な人が増えていると言う事でしょうね。
  
  
はこぶね倶楽部メンバーの人には、
自分は霊的に優秀な側だと勘違いして欲しくないですね。
   
優秀な人は、これからどんどん増えていくので、
成長を怠れば、多くの人の中に埋没していきます。  
  
  
それは、淘汰と同じ仕組みです。
  
  
もちろん、エネルギーの事が解っていない人も、
全員、内面に変化が起こっています。
  
  
総じて、一番大きな効果は、
「自分の内面と向き合い始めた人が多い」って事でしょう。
  
  
「内面と向き合う」って事は、
つまり、「人生のシミュレーション」であり、
  
何かしらの【 決断を下すために必要なプロセス 】です。
  
  
文章より、絵の方が多くの情報量を伝えられる。
  
顕在意識では無く、潜在意識にアプローチ出来る。
  
  
これが、芸術作品のメリットです。
  
  
もちろん、「明確にする」と言う意味で、
【 言語化 】は非常に重要なプロセスなので、
  
「言語」や「論理」は必要不可欠ですけどね。
  
  
私は「両刀使い」ですから、鬼に金棒です(笑)


mixiチェック

haxe501 at 11:26│clip!