2017年08月07日

プラスとマイナスのモチベーション

人間のモチベーションを大きく二つに分けると、 
  
「マイナスを解決」したいモチベーションと、
「プラスを実現」したいモチベーションに、
  
分かれると思います。
  
  
私は「問題解決法」も、「自己実現(理想実現)法」も、
両方とも教えられますが、 
  
ほとんどの人は、
「マイナスを解決したい!」というモチベーションで、
  
私の教育やサポートを受け始めます。
  
  
そして、私の教育とサポートを素直に受け、
メソッドをきちんと実践した人は、
  
マイナスが解決していきます。
  
  
ただ、問題が解決されてしまうとその時点で
  
・問題を解決したい!
・苦しみから逃れたい!
  
というモチベーションは消えてしまいます。
  
  
で、モチベーションが無くなると、
人は集中力を失って、怠惰になります。
  
これは、人間全員共通の仕組みでしょう。
  
  
それで、
  
モチベーションを持っていろいろ取り組んでいたから、
ようやく苦しみから抜け出せていたのに、
  
気が抜けて、集中力も落ちて、何も真剣にやらなくなると、  
また以前の「苦しい状況」に後戻りしてしまいます。
  
  
苦しみから抜け出せたのは、  
【 自分の努力 】と【 他人のサポート 】があってこそです。
  
その両方があってこそ、
苦しい状況から抜け出せていたのです。
  
  
「自分の努力」を怠れば、また後戻りですし、
  
しかも最悪なのが、良い結果が出たのは、
「他人のサポートのおかげ」という事を忘れてしまうことです。
    
  
良い結果が出たのは「全てが自分の実力」で、
しかも、気を抜いても今後も維持できる…、などと勘違いして、
  
「自分の努力」も怠り、「他人に対する感謝」も忘れて、
他人のサポートを自ら断ってしまいます。
  
  
そうすると、
また以前の苦しい状況に後戻りする事になるのです。 
  
  
結局、この落とし穴を回避するには、
  
「マイナスを回避」したいモチベーションから、  
「プラスを追究」したいモチベーションに、
  
スムーズに移行していくしかありません。
  
  
この【 モチベーションのシフト 】が出来ない人は、
いつまでも、負のループにハマって抜け出せません。
  
  
で、
  
・プラスを「実現」したい
・プラスを「追究」したい
  
というモチベーションを持つためには、
  
  
【 自分は、理想を実現できる! 】
  
という、強固な信念が必要です。
  
  
その信念がなければ、
プラスのモチベーションを持つことはできません。
  
  
しかし、その信念を一定以上強く持っている人は、
割合的に少数派です。
  
世界人口全体の2割くらいでしょう。
  
  
ですから、大多数の人(8割)は、
  
負のループの中で、人生を歩んでいるのです。
  
  
【 自分は、理想を実現できる! 】
  
と思っていない人は、いつまでも奴隷思考なのです。
  
  
弟子の中で言うと、吉田さんだけは、
  
「奴隷思考」から「主体的な人間」に変わる事が出来ました。
  
  
吉田さんだけは、
まともに学び、まともに理解しているなぁという印象です。
  
  
それも、【 自分は、理想を実現できる! 】
  
という信念を、自ら強化し続けて来た結果でしょう。
  
  
初めに言いましたが、
  
私は、「問題解決法」も教えていますが、
「理想実現法」も教えています。
  
  
でも、私がいくら「理想実現法」を教えても、
  
本人が「理想なんて実現できるわけが無い!」って思っていたら、
  
【 猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏 】です。
  
  
いくら、貴重な話をしようにも、
  
「ここにはネコと、ブタと、ウマしかおらんのか!?」
「ここは動物園か? それとも牧場か?」
  
って話です(笑)
  
  
どれほどマイナスのモチベーションで問題解決しても、 
  
プラスのモチベーションを持たない限り、
【 長期的な視野 】は持てません。
   
  
長期的な視野を持っていないから、
  
いつまでも、
  
・苦しんでいるか?
・追い詰められて、苦しみから逃れるために、もがいているか?
・一時的に苦しみが収まって、気が抜けているか?
  
という様な生活しか送れないのです。
  
  
プラスのモチベーションを持たない限り、
  
満足、情熱、理想、贅沢、納得など、手に入るはずがありません。
  
  
【 自分は、理想を実現できる! 】
  
という信念を持っているか否か?で、
  
人生が決まりますし、  
人生に非常に大きな差を生むことになるのです。
  
  
それは、天と地ほどの差でしょう。
  
  
でも、
  
すぐに【 自分は、理想を実現できる! 】と思えないのは、
  
そうは思いたくない、「抵抗する気持ち」を持っているからです。 
   
    
要は、
  
【 理想なんて実現できる訳が無い! 】と信じている方が、
  
「自分にとって都合が良い」と思っている部分があるのです。
  
  
  
【 理想なんて実現できる訳が無い 】と、内心は思いながらも、
  
それでも、自己啓発や成功哲学を学んでいる人は、 
  
「向上心を持っている人には価値がある」という観念があり、 
  
  
結局、
  
・他人から良く思われたいが為に、
・他人から認められたいが為に、
  
「成功を目指しているフリ」をしているのです。
  
  
それが、「意識高い系 大学生」の正体です(笑)
  
  
私は、「独立・起業・成功」を目指しているくせに、
実現できなかったら【 クソカッコ悪い 】と思っていましたし、
   
そもそも、他人からどう思われるか?なんかよりも、
  
自分自身が快適な暮らしをしたかったから、
独立したかった訳で、
  
  
【 成功を目指すフリだけして、
  今の生活にそれなりに満足している人の思考 】が、
  
まったくもって理解不能ですが…。
  
  
  
とにかく、【 自分は、理想を実現できる! 】
  
と思えていない人は、
  
内面に「大いなる矛盾」を抱えています。
  
  
矛盾を抱えているくせに、
それを解決して、筋を通そうとする勇気も無いのです。
  
  
【 自分は、理想を実現できる! 】と思いたくない人は、
  
結局、言い訳をしていたいのです。
  
  
【 自分は、理想を実現できる! 】という信念を持てば、
  
もう自分以外のせいにして、言い訳することが出来ませんからね。
  
  
言い訳したくて、逃げている訳です。
  
  
言い訳したくて、逃げているから、 
  
【 自分は、理想を実現できる! 】と思えないのです。
  
  
【「言い訳できない場所」に、自分を追い込めない人 】は、
  
「責任感を持ちたくない、責任を背負いたくない」という事で、

無責任だし、独立も、起業も、成功も不可能。 
   
   
「人を率いるリーダー、人を導くリーダー」になんて、
なれっこありません。 
  
  
理想を掲げ、実現に向かっていくのがリーダーです。
  
  
自分自身が理想を掲げられないのに、
一体誰が自分をリーダーと認めてくれるでしょう?
  
  
リーダーは、「最も重い責任を背負う人」です。
  
つまり、【 言い訳できない場所に、自分を追い込む人 】です。
  
  
責任から逃げている人は、
プラスのモチベーションも持てない、
  
自己実現も不可能だし、
「負のループ」を回り続けるしかありません。
  
  
【「言い訳できない場所」に自分を追い込み、
 「リスク」と「責任」を背負い、「真剣勝負」で生きる 】
  
  
それが、プラスのモチベーションを持っている人の生き様です。


mixiチェック

haxe501 at 20:00│clip!