2017年08月06日

弟子のすごいところ

みなさん知っていると思いますが、
私の弟子たちの多くは、とてもネガティブです。
  
  
・自分に自信が無く、
・「優等生病」の「奴隷思考」で、 
・将来の事も真剣に考えていないし、
・世間知らずだし、
・現実を舐めてるし、
・他人に甘えきっているし、
  
  
「既に仕事で成功している様な人間」とは、ほど遠い面々です。
  
  
私自身も、
  
【 世界最高レベルの天才である自分が、
  
  なぜ、「平凡以下のフリーター」みたいな人間を
  相手にしているんだろう? 】
   
と思いますよ(笑)
  
  
でも、弟子が抱えている「ネガティブさ」というのは、
一般の人々も抱えている「ネガティブさ」だし、
  
「ネガティブな人の心理状態」を知る事によって、
私自身の【 研究や教育の質の向上 】に大きく役立っています。
  
  
普通、「弟子=師匠にレベルの近い優秀な人」
とイメージするかも知れませんが、
    
私の弟子に限っては、そうではありません(笑)
  
  
私と弟子のレベルは、めちゃくちゃに離れています。
  
「大企業の社長」と、
「チェーン店の末端のアルバイト」くらい離れています(笑)
  
  
そういう意味で、私の弟子というのは、
  
自分の研究の【 研究材料 】であり、
自分の教育の【 モニター(実験の被験者)】みたいなものです。
  
  
私は、弟子たちを引き上げるために全力を尽くしていますが、

「自分の全力の教育が、どの程度通じるのか?」
  
それを知るにも、誰かしら相手が必要ですからね。
  
  
弟子たちを指導していく上で、
  
・スムーズに成長していく人間と、
・そうでない人間の差なども、
   
よく分かるようになります。
  
  
という風に、弟子の事をさんざんに言っていますけど、
彼らにも、【 自信を持って、胸を張れる部分 】はあります。
  
  
それは、
  
1.根性
2.純粋さ
  
です。
  
  
一応、私の掛ける「全力の負荷」に耐えている訳で、
負荷から逃げずに耐えているだけ、確実に【 根性 】はあります。
  
根性が無い人は、負荷に耐えきれず、
「目先のラクな方」に逃げていきます。
  
  
しかし、私が思うに、
「成長」と「成功」にもっとも必要な資質は、【 根性 】です。
  
言い換えると、【 負荷に耐える精神力・忍耐力 】です。
  
  
これだけは、私の弟子は強いですよ。
  
根性だけは、トップレベルです。
  
  
そんじょそこらの経営者よりも、よほど強いでしょう。
  
  
人一倍「根性のある人間」だからこそ、
  
【 大成できる見込みもある 】と思う訳です。
  
  
「根性の無い人間」に、大成は無理ですよ。 不可能です。
  
  
  
で、根性の次に大切なのが、「純粋さ」です。
  
  
まぁ、所々ひねくれている部分もあったりしますが、
  
どこかで、「とても純粋な部分」を持っています。 
  
  
具体的に言うと、自分の利害に関係無く、
   
「他人に良くなって欲しい」とか、「奉仕したい」という
【 純粋な奉仕精神がある 】という事です。
  
  
まぁ、ネガティブ観念によって、曇っている部分もありますが、
   
それが取れてくると、今よりもっと、
純粋な奉仕精神に基づいて行動できる様になるでしょう。
  
  
私の弟子が、
現段階で人並み以上に自信を持って良いのは、上記の2点だけで、
  
それ以外の部分では、まったくの未熟者です。
  
  
しかし、その2点こそ、本人が大成するのに重要な資質であり、
それ以外は他者からの教育やサポートでカバーできる部分です。
  
いかに、他者からの教育やサポートが充実していても、
その2点が欠けていたら、成功できる芽は無いという事です。
   
   
  
今後時代が変わって、私が有名になっていけば、
  
その分だけ、今の弟子たちとの距離感も離れていくでしょう。
  
  
むしろ、【 本来の距離感に近づいていく 】という表現が正しいですね。
  
  
とにかく、自分の
  
・長所(出来ている部分)と
・短所(出来ていない部分)を、
  
出来る限り「正確に、客観的に捉えること」が大切です。
  
  
成功していく人は、
  
「現在の自分」を未熟者だと感じ、
「将来の自分」のポテンシャル(潜在能力・将来性)を信じています。
  
  
逆に、成功しない人は、
  
「現在の自分」を優秀な人間だと思いたがり、
「将来の自分」のポテンシャル(潜在能力・将来性)は信じていないのです。
  
だから、変化のしようがありません。
  
  
成功しない人は、
  
「現在の自分が優秀だ」と思いたがり、
そこから動きたくないのです。
  
  
つまり、変化を求めていないのです。
  
  
変化に抵抗しているから、成長しないのです。
  
  
上記の考え方の差も、
  
・主体的な人間か?(自分軸)
・奴隷思考の人間か?(他人軸)
  
の違いから生まれます。
  
  
現在、奴隷思考の人間でも、
  
「根性」と「素直さ」さえあれば、  
【 主体的な人間 】に生まれ変わる事ができるでしょう。
  
  
まず、【 自立心が強い、主体的な人間 】に生まれ変わらない限り、
  
今より良い生活にシフトしていく…なんてことは出来ません。
  
  
「上の道」は無く、「横ばいか、下の道」しかありません。
  
  
自分に自信を持てるようになるにも、強い意志が必要です。
  
  
【 自分の意志を貫こうとする姿勢 】って言うのは、
  
人生を大きく変えるほどの、重要な「態度・心構え」なのです。


mixiチェック

haxe501 at 12:02│clip!