2017年07月30日

変わるモノ、変わらないモノ

ここ最近、「死について考えた方が良いよ」って言ってますけど、
  
人ってすぐに「長期的に大切な事」を忘れちゃうんですよね。
  
  
「忘れない人」って言うのは、「本気の人」で、
「本気の人」って言うのは、
   
  
「気を抜いたら、いつでもすぐに転落する」という
  
【 現実の厳しさ 】をちゃんと理解しているのと、
  
     
「理想や夢が手に入らない事が許せない!」
  
と言うような、【 高い基準 】で生きているんだろうな。
   
  
私は、自分の人生を何度も何度も見直してきました。
  
  
「これでいいのか? 本当にこの道でいいのか?」
  
と、自問自答を繰り返して来ました。
  
  
自問自答を繰り返すには、多大なエネルギーを使います。
  
  
ですから、それだけの強い動機が無いと、
  
自分の人生を何度も何度も見直して、
「自問自答」を繰り返さないと思います。
  
  
でも、「自問自答」を繰り返さないと、
  
【 満足と情熱で満たされた人生 】は手に入らないと思います。
  
  
結局、惰性で生きる事になってしまうのです。
  
  
思えば、私は「高校受験の前後」から、
  
「社会に敷かれたレール」からはみ出して、
自分の生きる道を、自分の頭で考えてきました。
  
  
しかし、社会人になるまで
敷かれたレールに沿って進む事に慣れきっている人は、
  
  
・自分の行く道に自問自答を繰り返す
・自分の人生を抜本的に見直す 
  
と言う事など、
  
何か大きなキッカケでも無い限り、
自主的にやらないと思います。
  
  
昔の人は、人生に情熱や満足などを求める前に、
  
まず、【 死なずに生き抜くこと 】が大切だった訳ですから。
  
  
でも、これかの時代、それは通用しません。
  
時代は変わったのです。
    
 
そして、生存や成功のルールも変わったのです。
  
   
  
AIが発達・発展すればするほど、
  
自分の情熱に沿って仕事をしていない人は、
淘汰されていくのです。
  
  
慣れ親しんだ古い考えを捨て、
新しい考えを積極的に取り入れて行かなければ、
  
生き残っていけない時代なのです。
  
  
って言われても、
  
怖いと思考が停止し、
恐怖を感じると足がすくんで前に進めないのが、
  
人間の性です。
  
  
【 怖いと、「足」も「頭」も停止しちゃう 】
   
それが普通です。
  
  
でも、恐怖の中にあっても、
  
「足」と「頭」を動かす人間が、正しい方向に進むのです。
  
  
「時代の動き」とか、「世間の厳しさ」とか、
そういうのを理解しようとしていない人は、
  
【「敷かれたレール」に依存している 】のです。
  
  
でも、残念ながら、
  
そのレールの行き着く先は、【 淘汰される側 】です。
  
 
明治以降、廃刀令で「武士の刀」が取り上げられるとも知らず、
  
幕末に一生懸命、
大名に取り立てられるために剣術の稽古をしている様なモノです。  
  
  
幕末〜明治維新、戦前〜戦後で、
  
日本社会の常識はまるっきり変わってしまいました。 
  
  
これからも、そういう変化がやってくる訳ですが、
  
   
「そういう常識がひっくり返るような変化など、
  
 自分が生きている間には起こらないだろう…
 もう二度とやってこないだろう…」
 
と決めてかかっている人の方が、非現実的です。
  
  
歴史から何も学んでいません。
  
  
死について考える前に、 
 
レール依存…、つまり【 奴隷思考 】を止める必要があります。
  
  
その為には、
まず「レールが頼りにならない」って事を、
   
骨身に染みて理解する必要があります。
  
  
実際には頼りにならないモノを、頼りにしているから、
判断が狂うのです。
 
  
私は昔、「真面目に生きる事」を頼りにしていましたが、
  
いくら真面目でも何にも上手く行かないし、
幸せにもなれませんでした。
  
  
「真面目がアテにならない」って事を理解したから、
幸せになれたのです。
  
  
アテにならないモノをアテにし続けるのは、不毛です。
  
  
自分が無意識的にアテにしているモノが、
本当に、絶対に、アテになるのかどうか?
  
見直してみて下さい。
  
  
きっと、
「実際にはアテにならないという事実」を直視するのが怖くて、
  
逃げたくなりそうですが(笑)
  
  
  
ちなみに私がアテにしているのは、「法則」です。
  
【 物理法則、自然法則、宇宙の法則 】です。
  
  
上位の法則は「絶対に揺るがない」から、アテになるのです。
  
  
法則以外は、常に変化するのだから、アテになりません。
  
法則は永遠に普遍的で不変です。
  
  
宗教で信仰されている、全知全能の神や仏などよりも、
法則の方が圧倒的に不変だし、アテになります。
  
  
だから、法則をアテにする事を勧めていますが、
  
奴隷思考の人にとっては、
「常識の方がアテになる」と思っている様です。
  
  
70年に一回くらいは、ひっくり返るのにね。


mixiチェック

haxe501 at 19:33│clip!