2017年07月29日

コンディション管理が甘い理由

私は、コンディション管理…、
  
つまり「心身の元気さ」を、
高いレベルで維持する事に対して、
  
多大な「労力」を割いています。
  
  
何故か? というと、
  
以前にも書きましたが、
  
【 心身の元気さによって、人生が決まる 】
http://growheart.livedoor.biz/archives/52030021.html
  
と言う事を、理解しているからです。
  
  
しかし、私がいくら
コンディション管理の重要性を説こうとも、
  
その重要性を理解できる人は少ないです。
  
  
まぁ、人の話を素直に聞いて、検証しようとしない人は全員、
実際に現実で痛い目を見るまで、わからないのでしょう(笑)
  
  
「落とし穴」を先回りして教えてくれているのに、
【 その落とし穴に落ちるまで、気付かない 】って、
  
まったくのアホだと思いますけどね。
  
  
まぁ、それが奴隷人間の性質ですけどね。
  
  
で、なぜこれほどまでに重要なコンディション管理を、
みんな蔑ろにしているのか?
  
  
と言う事を考えてみましたが、
  
私が考えて辿りついた結論は、
   
【 サラリーマン思考 】にあると思います。
  
  
サラリーマンでも、自営業感覚の人は居るでしょうし、
自営業者でも、サラリーマン感覚の人も居るでしょうから、
  
これは、「立場」ではなく、「考え方」の話です。
  
  
サラリーマン思考とは、
  
【 真面目に出勤しているだけで、お金がもらえてしまう 】
  
だからその分、
  
【「結果」や「パフォーマンス」に意識が向かない 】
  
という事です。
  
  
私のやっている仕事は、
「集中力」を使いますし、「責任」も重いです。
  
  
責任を果たすために、結果やパフォーマンスを意識し、
高い集中力を発揮するには、「心身の元気さ」が、必須なのです。
  
  
逆に言うと、「集中力」も「責任感」も要らず、
  
ただその場に行って、上司から怒られないように、
指示に従って身体を動かしているだけで、
  
お金がもらえてしまう。
  
  
そんな環境に身を置いているから、
  
【 コンディション管理の重要性 】がわからないのです。
  
  
例え、雇われの立場でも、「飛行機のパイロット」などは、
体調管理に厳しいと思います。
  
万が一、食べ物のせいで体調が悪くなるリスクに備え、
機長と副機長は、別々の料理を食べるらしいですし。
   
   
「集中力」と「責任感」が必要な仕事ほど、
収入が高くなる傾向にあります。
  
  
私が例えば、コンサルティングの依頼を2件受けて、
  
一方は、めちゃくちゃ元気な状態で行って、
一方は、めちゃくちゃ心身が疲れている状態で行く…、
  
  
そんな風に、【 仕事にムラが出る 】と言う事は、 
 
信頼を損なうことにもなりますし、
そうでなくても、お客さんに失礼です。
  
  
毎回、同じ料理を頼んでも、
味が変わるレストランって、イヤですよね?
  
接客態度がコロコロ変わるレストランもイヤです。
  
  
昔聞いた言葉に、
  
【 一流とは、一定である 】
   
という言葉があります。 
  
  
お客さんの払う金額は一定なのに、
  
「自分の提供する価値」にムラが多ければ、
それは、信頼を失う事に繋がるのです。
  
  
前々回の記事に書きましたが、
  
社会に出たら、真面目なだけでは上手く行きません。
  
  
毎日真面目に出勤して働いても、
マズイ料理を出しているレストランは流行らないのです。
  
  
「お客さんの求めている結果」を提供してこそ、
やっと、お金を受け取れるのです。
  
  
そこが、「サラリーマン」と「自営業者」の
【 根本的な違い 】です。
  
  
現代の学校は、サラリーマン養成所ですから、
  
「自営業に必要な考え方」は教えてくれません。
  
  
「目立たない地味な服装をして、真面目に目上の指示に従え」って?
  
  
私は、派手な服装を着て、平日の昼間から、
酒を飲んで、ゲームをして、ゴロゴロ寝ていても、
  
強い責任感を持ち、仕事で高い価値を提供しているから、
生きていけるのです。
  
  
サラリーマン思考の人間は、
「真面目」と「協調性」を大事にしていますが、
    
自営業思考の人間は、
「結果」と「責任感」を大事にしているのです。
  
  
そして、結果を出し、責任を果たすためにも、
  
「コンディション管理」は必要不可欠なのです。
  
 
逆に言うと、
  
コンディション管理に意識が向いていない人は、
コンディション管理をしなくてもやっていける様な、
  
高い「集中力」や「責任感」が特に必要の無い、
【 ヌルい仕事をしている 】と言う事です。
   
   
私は毎度言っていますが、
  
サラリーマンと、自営業者では、
「成功のルール」がまったく違います。
  
  
スポーツ選手で野球をやっていた人が、
ゴルフに転身する事もありますけど、
  
違う土俵で生きるって事は、
必ず「初心者からのスタート」です。
  
  
・サラリーマンで優秀な人が、自営業者で優秀とは限らない
・自営業者で優秀な人が、サラリーマンで優秀とは限らない
   
それが、現実です。
  
  
まぁ、自営業の中でも、 
 
自分で商品開発をせず、
営業だけのフルコミ営業という仕事などもありますから、
  
自営業の中でもまた、幅広いですけどね。
  
  
なので、学校の勉強ができた方だとか、
  
【 自営業者にとっては、何の意味もない事 】です。
  
  
自営業で成功するかどうかと、学歴はまったく関係が無いのです。
  
  
もし、自営業者を目指すのであれば、
  
自営業者にとって意味の無いものを捨て、
自営業者にとって必要不可欠なモノを大切にする必要があります。
  
  
それが、【 結果 】と【 責任 】です。
  
  
そして、結果を出して、責任を果たすために、
 
「コンディション管理」が必要になってくるのです。
  
  
コンディション管理が甘い人は、
   
・自分の生み出す「結果」や「パフォーマンス」を重視していない
   
・結果に対して無責任(真面目なだけで、仕事をした気になっている)
   
・「心身の元気さ」の維持は、自分次第では無いと
 自分以外のせいにして、責任転嫁している
    
と言う事です。
  
  
もし、独立を目指すのであれば、
  
「サラリーマンとはまったく異なる思考」が必要です。
    
  
それを、初心者になったつもりで、
今まで重視してきた考え方をバッサリ捨て、
  
ゼロから積み上げていく必要があるのです。
  
  
ある学生が、
「芸術家になるか? スポーツ選手になるか?」
  
で、悩んでいたとしましょう。
  
  
でも、並行しながらいっぺんに両方を極める事は出来ません。
  
人間の持つ「時間」と「集中力」は限られているからです。
  
  
どちらの生き方を選ぶのか?
  
キッパリと決めないと、  
どちらも中途半端になってしまいます。
  
  
そして、全ての決断は、
【 シミュレーション(未来の想定)】から生まれます。
  
  
・こっちの道の、メリット、デメリット
・あっちの道の、メリット、デメリット
   
その両方を比較し、天秤に掛けて、
より自分が納得する道を選ぶのです。
  
  
それこそが、決断です。
  
  
「自分の生きる道」を決断できていない人は、
  
全員、【 シミュレーション不足 】です。
  
  
そして、そのシミュレーション不足は、
  
「自分も他人もいずれ死ぬ…」
  
という現実を直視していない事が原因です。
  
  
「死」という現実から逃避しているのです。
  
  
  
「人生は本当に短い…」という事がわからないと、
  
本気で「人生のシミュレーション」をしようとは思いませんからね。
  
  
「死」という現実と向き合うと、 
   
自分の納得の行く「生」を求めるようになります。
  
  
そして、それを真剣に考える様になります。
  
  
スティーブ・ジョブズですら、
「死」という現実から逃げていたのです。
  
  
死について考えているかどうか?に、金持ちとか関係ありません。
  
  
たとえ金持ちでも、「死」について考えず、
盲目的に仕事とお金ばかり追い求めている人もいます。
  
  
【 自分の葬式をイメージ出来る人間 】だけが、
   
自分の未来と人生をシミュレーションし、前向きな決断を下し、  
   
「納得と満足のいく人生」を手に入れられるのです。
  
  
  
【「死に対する恐れ」を克服する 】と共に、
  
【 自分の「死に際」や「葬式」をイメージして、考える 】
  
  
たったこれだけのシンプルな事ですが、
  
「やる人」と「やらない人」で、人生に多大な差が生まれるのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:06│clip!