2017年07月28日

スピリチュアルは怪しくない

私は、科学的な視点から、
  
目には見えない、
「波動」や「霊」の性質について研究をしています。
  
  
で、よく「スピリチュアルは怪しい…」
と思っている人がいます。
  
  
しかし、スピリチュアル自体が怪しいのでは無く、
  
スピリチュアルが好きな人に、
地に足が付いておらず、非現実的な
  
「怪しい人」や「変な人」が多いのです。
  
  
  
まぁ、ネットワークビジネスも同じですね。 
  
ネットワークビジネス自体は怪しくありませんが、 
  
ネットワークビジネスをやっている人に、
地に足が付いておらず、非現実的な考えをしている、
  
「怪しい人」や「変な人」が多いのです。  
  
  
人間が怪しいと思う人の本質は、
  
【 地に足が付いていなくて、
「非現実的な考え」に染まっている人 】ですから、  
  
  
それが、
  
ネットーワークビジネスでも、投資話でも、
スピリチュアルでも、宗教でも同じです。
  
  
「非現実的な考え」に頭が支配されているような、
  
【「地に足の付いてない人」こそが、怪しい 】のです。
  
  
  
ですから、
スピリチュアル自体が怪しいと思うのは、
  
単なる「偏見」や「先入観」です。
  
  
で、「偏見」や「先入観」が強い人も、
それは言い換えれば【 盲信 】ですから、
   
「常識」や「テレビの情報」「多数派」などを盲信している、
  
・常識教
・テレビ教
・多数派教
  
の盲信者と言っても良いわけです。 
  
  
上から与えられた情報を鵜呑みにして、
  
根拠も無く信じ込んでいる事には
変わりありませんから宗教的だし、
  
同類っちゃ同類なのです。
  
  
  
それで、人類の歴史を振り返れば、
  
【 既存の常識を覆された例 】など、枚挙に暇がありません。
  
  
例えば、一昔前までは、 
  
「カミナリが電気である」と言う事すら、
わかっていなかったのです。
  
  
ウイルスや菌などの存在も、理解されていませんでした。 
  
  
【 ウイルスや菌は、肉眼では目に見ませんよね? 】
  
  
でも、人類が「ウイルス」や「菌」の存在に気付く前から、
   
太古の昔から、ウイルスや菌は存在していたのです。
  
  
それと、私が研究している「波動」や「霊」も、
  
変わりありません。
  
  
私にとって、「波動」や「霊」は、
  
【 自分の身体で実際に感じる事の出来る事実 】です。
  
  
それを感じているのが自分だけなら、
  
「自分の身体や頭がオカシイのかな?」  
って話になりますが、
  
私と同じように感じられる人は、私だけではありません。
  
  
私以外にも、感じられる人はたくさん居るのです。
  
  
そして、その【 客観的事実の因果関係を研究する事 】が、 
  
「科学」なのです。
  
  
先入観や偏見を排除し、【 客観的事実 】を追究するのが科学です。
  
  
  
ですから、「波動や霊なんて、存在する訳が無い!」
  
と、【「先入観」や「偏見」で決め付けること 】の方が、 
  
むしろ、「科学的な態度」とは言えないのです。
  
  
私が一昔前の中世の時代に生きていたとして、
  
一人で、目には見えない
ウイルスや菌の研究をしていたとしましょう。 
   
  
じゃあ、そこに人々がやってきて、 
  
『 なにやってんの?
  病気の原因は、「魔女の呪いだよ! 悪魔の祟りだよ!」
  
 それが常識だよ! みんな言ってるよ! 学校で習ったもん!』
  
  
とか言ってきたら、
  
みなさんは、その人をどう思うでしょう? 
  
  
何も解ってないなぁ…と思うでしょう?
  
  
私にとって、
  
スピリチュアルに懐疑的な人は、
そう見えちゃう訳です(笑)
  
  
私にとって、波動や霊とは、 
「信じる、信じない」という次元の話じゃ無くて、
  
自分も感じるし、他人も感じるし、
【 確実に存在しているモノ 】なのです。
  
  
その確実に存在しているモノの性質を解き明かそうとするのは、
  
至って、科学的態度です。
  
  
スピリチュアルは科学的で無いというなら、 
  
まず、その人の【 科学の定義 】から教えて欲しいです。
  
  
科学は、人類の知らなかったこと、理解できなかったことを、 
  
次々に解明してきました。
  
  
目には見えなかったけど、
ウイルスや菌が存在している事を、解明したのです。
  
  
現代の人類は、  
  
電気、紫外線、X線、赤外線、マイクロ波、菌、ウイルス…、
  
「肉眼では視認できない存在やエネルギー」を使いまくって生活しています。
  
  
私はよく例えますが、中世の時代に戻って、
  
携帯電話を使ったら、めちゃくちゃスピリチュアルでしょう。
  
  
どうして、離れているのに会話ができるのか?
  
当時の人からすれば、「魔術」だとしか思えないでしょう。
  
  
でも、携帯電話は科学ですよね?
  
  
私が研究している「波動」や「霊」も、
確実に存在している訳ですから、
  
いずれは「科学」と呼ばれるようになるのです。
  
  
科学か? スピリチュアルか? の基準は、
   
【 現代の機械で「確認、測定」できるか否か? 】だけの話です。 
   
  
たとえ機械で測定できなくても、
「霊」も「波動」も、この肉体では明確に感じられるのです。
  
  
自分だけじゃ無く、他人も感じるのです。
  
  
って事は、確実に現代科学では解明されていない、
  
「目に見えない何か?」が存在しているし、
  
  
私は、「その目に見えない何か?」を、
  
科学的な態度で研究しているに過ぎません。
  
  
私は、自分の感覚・感性(霊能力・超能力)によって、
  
「エネルギーの高い物質」を見抜く事ができますし、
その人に必要な「エネルギー」や、「相性」も見抜く事が出来ます。
  
  
これも、現代科学では解明できませんが、
  
私の見抜いたアイテムを、みんな納得して使っています。
  
  
「これ違うんじゃ無いですか?」 という声は聞きません。
  
  
私が、霊能力や超能力を使わずに、
「ヤマ勘」や「偶然」に選べているとしても、
    
ここまでアタリが続く訳もありません。
  
  
私にとって、
  
・チャネリング
・テレパシー
・波動
・霊
  
これらは明確に感じられますし、
確実に存在しています。
  
  
確実に存在しているから、
客観的な視点で、科学的に解明しようとしているのです。
  
  
科学とは、一切の「先入観」や「偏見」を排除し、
極めて客観的な視点と態度で、因果関係を追究していくモノです。
  
  
「スピリチュアルは科学的じゃ無い!」
  
と言う時点で、
もうその人が言っているのは「科学」じゃないのです。
  
  
科学じゃ無く、ただの常識です。
  
  
アインシュタインは、
「時間は不変ではない」と言う事を解明しましたが、
  
もっと昔に戻って、
「時間は速度によって変化する」とか言ったら、
    
頭がオカシイ人間だと思われたでしょう。
  
  
しかし、本当に頭がオカシイのは、
  
【 根拠も無く、先入観と偏見で決めつける人間 】です。 
   
   
そういう人間こそ、最も科学的では無いのです。
   
   
「先入観」と「偏見」を排除し、
「客観的事実」と「因果関係」を追究するのが【 科学 】です。
  
  
「スピリチュアルは科学的ではない」と言っている人間こそ、
  
まったく、「科学的な脳みそ」をしていないのです。
  
  
その人は、自分の頭では何も考えていない、
  
ただの【 常識(多数派)教の「盲信者」 】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 20:56│clip!