2017年07月18日

後悔しない人生の法則

私は、自分自身が後悔したく無いし、
他人にも後悔して欲しくないと思って、
  
「人間の視野を広げる情報」を発信しています。
  
  
「視野を広げる」という事は、【 遠くまで見通せる 】という事です。
  
  
遠くまで見通せれば見通せるほど、
「自分が行きたいところ」にスムーズに向かうことができますし、
  
途中でぶつかりそうな障害も、事前に避けることができます。
  
  
逆に、視野が狭いという事は、先まで見通せないという事です。
  
 
例えば、消費者金融や闇金でお金を借りてパチンコを打つ人は、
先(未来)を見通せていないのです。
  
その分だけ、「目先の感情」で動いてしまうのです。 
  
  
そして、後になって後悔するハメになるのです。
  
  
「後悔しちゃう人」というのは、  
  
【 視野が狭く、先を見通せていなかった 】という事です。
  
  
  
後悔しない為には、【 視野を広げ、先を見通すこと 】が不可欠です。 
  
  
だから、私は視野を広げる情報を発信し、
他人にも、先を見通して欲しいと思っている訳です。
  
  
でも、私がいくら情報を発信しようとも、
何度も同じ話を語ろうとも、
  
記事を読む方が、話を聞く方が、
「内容を深く理解しよう!」と思って読んでいないと、
  
まったく意味がありません。
  
  
私は、いかに「人が理解しようとしていないか?」
  
という事に驚きます。
  
  
学校教育では、
理解をする必要は無く、暗記すれば点が取れたので、
  
深く理解しなくても、
【 知っているだけで何とかなる 】と思い込んでいるのです。
  
  
私は、「ネガティブな人の心理」をこれまで研究してきましたが、
その全体像と流れが、かなりわかってきました。 
  
  
1.オギャーと生まれる。
  
2.「自分に自信が無い親」に育てられ、「自信が無い子供」に育つ。
  
3.自分に自信が無い分、それを埋める為に「他人から認められたくなる」
  
4.学校で認められる為に、「友達と先生に認められる様に努力する」
  
5.そのうち、「多数決(多くの同級生)」と「権威(先生)」が正しいと思い込む。
  
6.大人になっても、「教授、大企業、政府、テレビ、一般大衆」などが正しいと思い込み、
  それが「自分が難なく生きていく方法」だと思い込む。
  
7.判断基準が「権威」と「多数決」なので、【 全く自分のアタマで考えなくなる。 】
  
8.自分で調べもせず、理解もせず、考えもせず、
  認められたいが為に、「言われたことだけ」を
 「義務感」で「形式的」に、ただこなし、
 「権威」と「多数派」のゴキゲンを取るだけの【 奴隷思考 】になる。
  
9.「権威」と「多数派」が判断基準なので、
  「自分のやりたい事をやろう」「自分の言いたい事を言おう」と思えない。
  
10.自分本来の「情熱」や「望み」がわからないまま、時間だけが過ぎていく。
  
11.死に際に、自分の「やりたい事」や「望み」もわからず、
   ただ「権威と多数派の意見」に従ってきた自分の人生を後悔しながら死んでいく。
  
  
という流れです。
  
  
自分に自信がない分、
判断基準が「自分」では無く、「他人」になってしまい、
  
判断基準が他人だから、「一切、自分のアタマで考えずに」
「多数派や権威の動き」を見てから、「自分の身の振り方」を考えてしまう。
  
自分の「情熱」や「望み」にフォーカスできていないので、
自分の「情熱」や「望み」がわかるハズも無く、
   
ただただ、【「多数派と権威」のゴキゲンを取るだけ 】の、
  
「他人軸人生」になってしまう。
    
  
そして、死に際になって、
  
もっと他人の目を怖れず、気にせず、
  
・やりたい事をやっておけば良かった
・言いたい事を言っておけば良かった
   
と、後悔しながら死んでいく…
  
  
という流れです。
  
  
「自分に自信が無い人」は、【 そういう人生になる事が確定 】です。
  
  
「自分に自信が持てるかどうか?」っていうのは、
   
それくらい【 人生を大きく左右する、重要な要素 】なのです。
  
  
  
で、私は「自分に自信を持てるようになる方法」を教えているのに、
  
それすら真剣に理解しようとしていないんだから、
ホント重症ですよね(笑)
  
  
自分自身が、
  
【 めちゃくちゃ他人をアテにしていて、
  現実の厳しさも舐めている「依存的な奴隷思考」】
  
である事にも気付いていないし、
  
  
実際は、そんな風な奴隷メンタルなのにも関わらず、
「この先も何とかなるだろう」と思い込んでいるんだから。
  
  
ホント、オメデタイです。
  
  
【 自分に自信が持てるようにならない限り、良い人生は待っていない 】
  
って言う事を、私は何度も伝えてきたのに、
  
それすら理解できていないんだから。
  
  
初めっから他人をアテにしているから
何を教えても、何も理解しようとしていない訳で、
  
【 重度の奴隷病 】です。
  
  
自分に自信がある → 自分の情熱と望みを大切にした人生を送れる
  
…なのに、自分の自信を高めようとしない人は、 
  
  
1.そもそも、
 「自分の情熱と望みを軸にした人生を送ろうと思っていない」か、
  
   
2.そもそも、他人をアテにしきっていて主体性が無く、思考が停止していて、
  どんな話でも、「人の話を真剣に理解しようと思って聞いていない」か、
  
  
3.そもそも、私の言っている事が「間違っている」と感じていて、
  
 「自分に自信なんか持てなくても、
  他人が自分の人生を何とかしてくれるでしょ?」
  
  と勘違いしているか、
  
  
まぁ、どれかに当てはまると思いますけどね。
  
  
モチベーションが湧かない原因は、
  
1.そもそも望んでいない
  
2.他人をアテにしている
 (自分がやらなくても他人がやってくれるでしょ?)
  
3.現実の厳しさを舐めている
 (本気なんか出さなくても、今の感じで大丈夫でしょ?)
   
の、どれかに当てはまりますからね。
  
  
だから私は、
 
・他人は自分がどうなろうと責任を取ってくれないからアテにするな
  
・「現実の厳しさ」を理解する為に、世間を知れ
   
と言うのです。
  
  
自分の人生は【 他人が何とかしてくれると勘違い 】していて、
  
さらには【 世間知らず 】だから、
  
自分の人生に対してやる気が湧いてこないのです。
  
  
人生に対して主体的なやる気が湧かない原因は、
  
壮大な【 勘違い 】と【 無知 】です。
  
  
そして、根本は自分の存在価値に対する【 自信の無さ 】です。
  
  
私は、「自分に自信を持てるようになる方法」を伝えているのに、
  
それすら真剣に理解しない、実践しない、出来る様になろうとしない
  
のであれば、その人はもうどうしようも無いでしょう。
  
  
「情熱的な人生は諦めて下さい!」って事です。
  
「どうぞ、多数派と権威のゴキゲンを取るだけの人生を歩んで下さい」って事です。
   
   
そもそも、人が他人を想って真剣に語っているのに、
真剣に話を聞こうとしないという、
  
「他人を舐めた態度、誠実さに欠ける態度」が、
    
そもそもの原因だと思いますね。
  
  
そこは、自分に自信があるかどうか?というより、
  
本人の【 誠実であろうとする心懸け次第 】でしょう。
  
  
人によって誠実さの「定義」や「カタチ」は違うかも知れませんが、
  
【 自分なりに誠実であろう 】としない人は、
   
どのみち、良い人生なんか送れる訳がありません。


mixiチェック

haxe501 at 10:56│clip!