2017年06月24日

パワーストーンの落とし穴

非対称ブレスを作成するために、
他人の石を預かったせいで、
  
自分の石たちに邪気が感染し、広がってしまい、
ここ数週間は、大変な事になっていました。
  
  
自宅の石たちを一斉に浄化をするしかなく、
毎日、毎日、石の浄化ばかりしていました。
  
  
まぁ、そのおかげで、
  
【 いかに効率良く石を浄化できるか? 】
  
という研究が進んで、
  
以前よりさらに「邪気」や「浄化」について詳しくなれたので、
  
あらゆる試練というのは、乗り越えてみれば、
最後には「大きなメリット」しか残らなくなると思います。
  
  
今回学んだ、効率の良い邪気の浄化法は、
また「はこぶね倶楽部」に投稿したいと思います。
  
  
ちなみに、私の研究している浄化法は、
  
一般に言われている浄化法と大きく違うので、
「クラスター」や「さざれ」など、一切使いません(笑)
  
  
「さざれが浄化に使える」なんて言う話は、 
  
おそらく、「使い道の無い余った石たち」を売る為に、
石を売る側が、【 売る為の建前 】で言っているだけでしょうね。
  
そうじゃないと、「さざれ」が在庫として余ったとしても、
なかなか売れないでしょうから。
  
  
それで、今日やっと石たちの浄化に一段落が付いたので、
心身共に調子を取り戻す事ができました。
  
  
自分の持つ石と、自分自身は、
「エネルギー的に繋がってしまっている」ので、
  
石の調子が悪いと、
  
たとえ身に付けていなくても、離れていても、
自分の調子も悪くなってしまいます。 
  
  
私の持つ石たちが元気になってきたので、
ようやく、私も元気を取り戻せました。
  
  
「波動の高い石」というのは、
裏を返せば、【 それだけ邪気を寄せ付けやすい 】
  
という事でもあります。
  
これは、人間でも同じ事が言えます。
  
  
で、人間も石も同じですが、
  
邪気を纏ってしまうと、
周囲に対しても悪影響を及ぼします。
  
  
邪気った石をそのままにしておくと、
【 延々と自分に悪影響を及ぼし続ける 】という事なのです。
  
  
で、そういう事を一般の人々は知りません。
  
  
「天然石」や「宝石」の中で、
高い波動を持つ「パワーストーン」と呼べるモノは、  
  
全体から見ると、【 10%程度 】です。
  
  
「天然石・宝石を売っているお店」で、
【 パワーストーンが含まれる割合 】は、
  
低いお店で「1%以下」、高いお店で「20%」って所でしょう。
  
  
日頃の行いが良い運の良い人は、
   
パワーの無い石では無く、パワーの宿った石を、
知らず知らずのうちに手に入れていると思います。
  
  
しかし、パワーがあると言う事は、
裏を返せば「邪気りやすい」という事です。
  
  
しかし、私のチャネリング情報では、
  
そのパワーストーンを所有している人のウチ、
  
・ネガティブな影響を受けている人が「7割」
・ポジティブな影響を受けている人が「3割」
  
という事らしいです。
  
  
一般の人々は、「邪気」や「浄化」に詳しくないので、 
  
大半の人は、「邪気った石」をそのまま身に付け、
  
【「石に取り憑いた邪気」から
  ネガティブな影響を受け続けてしまっている… 】
  
という事なのです。
  
  
「本末転倒」というか、「宝の持ち腐れ」というか…、
  
  
はこぶね倶楽部のメンバーの多くも、
    
これまで浄化の重要性をあまり解っていなかったようなので、
  
おそらく、ポジティブな影響よりも、
ネガティブな影響を多く受けていた人もいるでしょう(笑)
  
  
それじゃあ意味が無いので、改めて強調して、
「浄化の重要性」や「最新の浄化法」について伝えています。
  
  
邪気や悪霊は本当に鬱陶しい存在で、
  
波動の高い「人」や「石」に取り憑いて、
そのエネルギ−を吸い取り、自分自身を強化していきます。
  
  
そういう意味では、【 ウイルスと同じ性質 】を持っています。 
  
  
自分自身を分裂させて他の宿主にも感染し、
宿主からエネルギーを吸い取って、どんどん強くなっていくのです。
  
  
ですから、邪気を浄化せずにそのままにしておくと、
邪気がどんどん増殖し、強くなっていくのです。
  
  
邪気がちょっと残っているけど、まぁいいか…
  
なんていうヌルい基準だと、
【 邪気がどんどん強くなる隙 】を与えている事になるのです。
  
  
「病原菌」や「ウイルス」と同じで、
一度感染したら、完全に滅菌する必要があります。
  
  
人間も元気だと、
「菌やウイルスに対する抵抗力・免疫力」がありますが、
  
身体が弱ってしまって抵抗力・免疫力が下がると、
菌やウイルスに感染しやすくなります。
  
  
それは邪気も同じで、
  
【 弱っている「人」や「石」】に対しては、
「邪気が取り憑きやすい、邪気が感染しやすい」
  
という、まったく同じメカニズムなのです。
  
  
「邪気った石を放置する」という事は、
自分自身が【 ネガティブな影響を受け続ける 】という事なのです。
  
  
ですから、石には丁寧なケアが必要なのです。 
     
  
それは、ペットを飼っているのと同じような感覚です。
  
  
私が石のコンディションを見て、ケアをするのは、
ペットの世話をしているのに近い感覚があります。
  
「水質に敏感で繊細な熱帯魚」を飼っているかのように、
愛情を注いで、世話をしているのです。
  
  
以前、パワーストーンをペットに例えましたが、
ペットを飼うという事には、大きな責任が伴います。 
   
   
「世話をしたくない」という無責任な人には、
ペットを飼う資格は無いのです。 
  
  
吉田さんの絵は、高波動を放っていますが、
  
絵自体に高波動が宿っている訳では無く、
高次のエネルギーにアクセスするゲートの役割なので、
  
メンテナンスが不要です。
  
その点は、石とは大きな違いですね。
  
  
ただ、直接触ってエネルギーを受け取る事が出来ないので、
石よりも距離が遠い存在と言えるでしょう。 
  
  
・自分は世話する必要が無い、【 動物園の動物 】と、
・自分が世話する必要がある、【 自分で飼うペット 】
  
との違いみたいなモノですね。
  
  
どんな高波動アイテムも一長一短ですから、
それぞれの長所を組み合わせると、最大限の効果が得られます。
  
  
  
もし自分がペットを飼おうと思うと、覚悟がいると思います。
  
どうしても、世話をする責任が発生するからです。
  
  
でも、「石」や「植物」の場合であれば、
  
覚悟して手に入れようとする人はいないでしょう。
  
  
動かないし、声を出すわけでも無いので、
  
【 雑に扱っても文句を言われないから 】です。
  
  
つまり、動物の事は尊重しているのに、
  
「喋らない・動かない存在」に対しては、
軽視して、蔑ろにしているのです。
   
   
いかに一般の人々が、五感に訴えるモノを過大評価し、
五感に訴えないモノを過小評価しているか?
  
という事が、よくわかります。
  
  
そもそも、日本人はモノに魂を込めて、
モノに感情移入して、モノを大切にする民族のハズです。
  
  
経済的に豊かになり、
「食事」も「モノ」も溢れかえってしまったせいで、
  
【「食べ物」や「モノ」に対する感謝 】
を忘れてしまった人が多いのでしょう。
  
  
それも、私のいう「平和ボケ」の一部です。
  
  
いろんなモノが溢れかえってしまったせいで、
「ある事が当たり前、当然」となってしまい、
  
【 本来の価値 】を忘れてしまうのです。
  
  
それこそ、日本人が全体的に
「傲慢な考え」に偏ってしまっているのです。
  
  
自分の周りの人もみんな傲慢だったら、
「自分が傲慢である事」に気づけないのです。
   
   
宗教の信者は、その宗教の集まりに行くと、
  
周りの他もみんなも信者ですから、
「自分は普通で、平均的な人間」だと思ってしまいます。
   
   
でも、もっと広い外側から見たら、まったく普通じゃ無いのです。
  
それと同じ事です。
  
  
より広い客観的視野を持てず、
「自分から直接目に見える範囲だけ」と比べている限り、
  
自分が正常か、異常かはわかりません。
  
  
客観的事実に則った「判断基準」や「軸」を持たず、
目に見える周りばかりに囚われていたら、
  
自分の周りみんなも異常だった場合、
自分が異常である事に気づけないのです。
  
  
「石の価値の高さ」を理解している人であれば、
ケアが必要と言われても、喜んでやると思いますが、
  
石のケアを喜んで出来ない人は、
【 石の価値や効果、影響力 】を舐めているのです。
  
  
【 あなたが思っている、
  何百倍、何千倍もすごいアイテムなんですよ! 】
  
と言いたくなります。
  
    
そもそも、石の価値が解らない人は、
  
目に見えるモノに囚われ、
目に見えないエネルギー自体を軽視しているのです。
  
  
で、
  
「お金、知名度、有名、立場、権威、学歴、恋人、結婚」など、
「目に見えるモノに囚われる人々」は、  
  
そもそも【 自分の存在価値に自信が無い 】のです。
  
  
自分の存在価値に「確固たる自信・確信」が無いから、
  
【 目に見えるモノにすがりたくなる 】のです。
  
  
私がどれだけ目に見えないエネルギーの重要性を語ろうとも、
  
「自分の存在価値に自信が持てない人」は、
  
目に見えない【 信頼・善意・波動 】などがわからないのです。
  
  
「目に見えないモノが信じられない…」という人は、
  
まず自分自身が信じられないのです。
  
  
自分に何か、目に見える
「お金、知名度、有名、立場、権威、学歴、恋人、結婚」  
  
などが備わっていないと、価値が無いと思っているからです。
  
  
私は、自分に目に見えるモノが備わっていなくても、
  
自分自身に確固たる価値が備わっていると理解しています。
  
  
そういう「自分に対する自信」が身に付いてこそ、
  
目に見えない【 信頼・善意・波動・能力 】などの
  
本当の価値がわかるようになるのです。
   
   
  
目に見えるモノにすがりたくなるのは、
   
【 自分の存在価値に対する「自信の無さ」 】の反映です。
  
   
だから、「多数決」や「常識」などが判断基準になってしまい、
   
「自分軸」も「主体性」も無く、それらに流されてしまいます。
  
  
  
「自分の価値」が不安定に思えるからこそ、
  
【 目に見えて安定した何か? 】にすがりたくなるのです。
  
  
ですから、
  
・自分に自信が無い人の”語る”スピリチュアル情報
・自分に自信が無い人が”興味を持つ”スピリチュアル情報
  
は、ほとんどの場合、間違いだらけです。
  
  
お金にがめつい霊能力者とか、占い師とかいますけど、
  
そもそも、お金に執着がある時点で、
「目に見えない要素の影響力」を心の底から信じられていないのです。
  
  
自分が語っているクセに、それを信じていない。
  
矛盾していますし、まさにペテン師と呼ぶに相応しいでしょう。 
  
  
そういう人も、自分の存在価値に自信が無いのです。
  
自分の存在価値に自信が無いから、お金に執着するのです。
  
  
「他人よりお金を持つこと」によって、
  
【 自分の存在価値を安定させよう 】としているのです。
  
  
とにかく、自分の存在価値に自信を持たない限り、
  
目に見える要素に囚われ続け、
  
目に見えない【 信頼・善意・波動・能力 】の価値がわかりません。
  
  
日本人の多くが、目に見えるモノに囚われているとすれば、
   
「それだけ、日本人が自分の存在価値を感じられていない」
という事です。
  
  
でも、いくら「目に見える要素」にすがろうとも、 
   
自分の存在価値に自信を持つことはできません。
  
  
自分の存在価値に自信を持つには、
【 自分の心理(内面)に取り組む必要 】があるのです。
  
  
自分の心理・内面にアプローチせずして、
「目に見えるモノ」に執着し、追い掛け続ける人は、
  
「絶対に食べる事が出来ない、
 目の前にぶらさがったニンジン」を、
   
ひたすら追い掛け続けるようなモノなのです。
  
  
まぁ、これだけ説明しても、わからない人はわかりません。 
  
  
なぜなら、普通の人は自分に自信が無いあまり、
「お金」や「有名」に価値があると思っています。
  
  
そして、私が有名ではないので、
「有名人では無い人の話など信用できない」
  
という事です。
  
  
【 いや、自分のアタマで内容を吟味する主体性は無いのかよ! 】
  
と思いますが、自分に自信が無い人は、主体性も無いのです(笑)
  
  
自分で主体的に考えるのではなく、
「自分よりスゴイ人の言う事にただ従順に従おう」という、
  
奴隷根性にまみれているのです。
  
  
勇気を持って、
「自分の心理・内面に取り組もう!」という人が増えない限り、
  
人の人生も、世の中も、何も変わらないのです。


mixiチェック

haxe501 at 15:47│clip!