2017年06月13日

石の話

最近は「石関連の仕事」ばかりしていますが、 
   
ビックリしたのが、私から石を買っている人でも、
「石の価値がまったくわかっていない」という事です。
  
  
そもそも、
  
【 価値が明確に解らないモノを買う 】
  
という事自体が、私にとっては意味不明です。
  
  
私がスゴイと言っているから、
  
「きっとそうなんだろうな…」ぐらいのレベルで、
お金を払っているのです。
  
  
もちろん、
手に入れる前は価値がわからないでしょうから、
   
「価値が解らないけど、試しに買ってみる」
  
と言うのお買い物も、一度は良いと思いますが、
  
一度買ったら、
  
「払った金額に対して、
 どれくらいの費用対効果があったのか?」
  
それを検証しなければ、
  
その買い物が「良い買い物」だったのかどうかすら、
解らないという事です。
  
  
そんなお金の使い方が甘くて、
自営業で継続的に成功できる訳がありません。
  
  
多少小銭は稼いでも、お金の使い方で失敗して、
  
価値のないものに大枚はたいて、
スッカラカンになるタイプです。
  
  
バブルの時に土地を買った人もそうですし、
  
仕事をバリバリしてお金を稼いだビジネスの成功者でも、
「投資で失敗しちゃう」っていうのは、 
   
【 お金の使い方が下手 】なのです。
  
  
仕事でお金を稼げても、
お金を払うときに脇が甘い人、慎重で無い人は、 
  
必ずお金で失敗します。
  
  
自分は、ビジネスが好きで、
仕事をバリバリしてるから、成功者になれる!って
  
思うかもしれませんが、
  
お金の使い方(守り)が下手だったら、
必ず、お金で失敗する事になるのです。
  
  
それは、トータルで経済的な成功者とは言えません。 
  
  
石を最大限に活用すれば、
人生が大きく変わってしまうほどの影響力を持っています。
  
  
先日の弟子会議では、
  
田中くんが滅茶苦茶男らしくなって、
カッコ良くなっていました。
  
その場にいた全員が、
その変化っぷりに驚いていました。
    
  
今まで、私の話をどれだけの聞いても、変わらなかったのに、
  
石を身に付けた途端に、急激な変化です。
  
  
それぐらい、人間には出来なくて、
「石にしか出来ないぐらいの事」をやってくれるのです。
  
  
でも、私から石を買った人たちの多くは、 
その価値がわかっていないので、石を大切に扱いません。
  
大切に扱わないから、石の効果を最大限に引き出せず、
「宝の持ち腐れ」にしているのです。
  
  
天然石の話をしますが、お店にもよりますが、
  
天然石のお店に売っている中で、
パワーがある石は、その中で1割程度です。
  
  
しかも、パワーが強い石となれば、
さらにその中で「5%」くらいになるでしょう。
  
つまり、総数の「0.5%程度」です。
  
  
ほとんどの人は、
パワーストーンだと思っていながらも、
  
パワーの無い石を身に付けているのです。
  
  
パワーの無い石ですから、
特にメンテナンスも必要ありません。
    
  
しかし、パワーのある石は、「邪気にとってはご馳走」です。
  
その分だけ邪気が憑きやすく、浄化が必要です。
  
  
ですから、パワーの強い石ほど、
メンテナンスが必要なのです。
  
  
で、何事にも言えますが、
利益を得たければ、それなりの対価が必要です。
  
  
例えば、ペットを飼う人っていますけど、
  
ペットを飼うという事は、
「エサやり、排泄物の処理、環境の整備、お散歩」など、
  
さまざまなケアが必要となります。
  
  
その面倒くさい行為を乗り越えてでも、
ペットを飼いたいという人が、ペットを飼います。
  
  
【 ペットを飼いたいけど、面倒な世話はしたくない 】
  
と言う人は、ペットを飼う資格はありません。
  
  
もうひとつ言うと、
  
なぜ「自分の家のペット」と
「他人の家のペット」を比べたときに、
    
自分の家のペットの方がカワイイと思うのでしょう?
  
  
それは、【 責任を背負っているから 】です。
  
  
動物園の動物は、カワイイですけど、
  
飼育員さんなど、責任を背負っている人の方が、
ただの来場者よりも、より可愛く感じるでしょう。
  
  
【 責任を背負う = 可愛くなる 】
  
という事です。
  
  
じゃあ、逆に言うと、
  
「可愛く無い」ってことは、
  
【 責任を背負っていない 】のです。
  
  
それは、人間の子供にも言える事で、
  
たとえ血が繋がっていなくても、
自分が子供の世話や教育に責任を持った途端に、
  
その子が可愛くなるのです。
  
  
「可愛さ」とは、「血の繋がり」ではなく、
【 責任感 】からもたらされるのです。
  
  
これ、ほとんどの人が気付いていないポイントです。
  
  
私は、石がカワイイですが、
  
石を可愛く思えない人は、
石の状態に責任を背負っていないのです。
  
  
それは、
  
「ペットを飼いたいけど、世話はしたくない」という、
  
【 無責任、極まり無い態度 】と、まったく同じです。
  
  
そして、ペットの世話をろくにせず、
  
ペットに快適な環境も与えず、
劣悪な環境の中、悲惨な状態で放置し続けるのです。
  
  
・石の価値のスゴさもわかってない
・石の状態にも無責任
  
  
そういう精神状態にいる人は、
パワーストーンを持つ資格がありません。
  
  
無責任な人が、ペットを飼う資格が無いのと同じです。 
  
  
石は、目に見えない領域で、たくさん働いてくれているのに、
  
その石に対して、感謝もしない、ケアをちゃんとしない、
  
というのは、【「恩知らず」の極み 】です。
  
  
私は、波動最優先と常々言っているのに、
  
「邪気の怖さ」も、
「石のエネルギーの価値」もわかっていないとすれば、
  
私が「波動最優先」と言っている理由を、
【 理屈で理解できていない 】という事です。
  
  
学校のテストの穴埋め問題だったら、
  
単語を知っているだけで、点を取れるでしょう。
  
  
(  )→ 心理 → 行動
  
(  )に入る言葉は何ですか?
  
  
っていう穴埋め問題を答えられても、
  
【 波動最優先で生活できているかどうか? 】
  
は、まったく別次元の話です。
  
  
・知っている事
・理解できていること
・習得、体得できていること
  
  
これらは、まったく別次元です。
  
  
野球の知識をたくさん知っていても、
ヒットを打てないんだったら、
  
そりゃ野球選手じゃ無くて、
ただの野球ファンのオタクです。
  
  
ただのオタクは、野球場で野球はできないんですよ。  
  
ただのプロレスオタクは、リングに上がって闘えないのです。
  
  
知識や情報だけを大量に暗記できていても、
生活は何も変わりません。 
  
  
インターネットで調べれば何でもわかりますから。
  
  
知っているだけでは意味が無く、
  
「理解」と「習得・体得」にこそ、意味があります。
  
    
そういう意味で、
みんな「理解・習得・体得」にフォーカスせず、
  
情報を知っているレベルで、満足しているのです。 
  
   
これも、知っているだけで点が取れる、
学校教育の弊害ですが。
    
  
知っているだけでは無意味だって事が、わかっていない。
  
  
別に、私は石を誰かれ売って儲けたいわけではありません。
  
  
それよりも、石の仕事を通して、
   
どれだけ他人が「基礎的な部分」が欠落しているのか?
   
という事を、改めて思い知らされています。
  
  
問題は、目に見えないエネルギーがわからないとか、
どうのこうのじゃなくて、
    
もっと根本的な、【 精神的な態度 】にあるのです。
  
  
  
私が最近になって思う事は、
「他人はいつも想定外」という事です。
  
  
私にとって、多くの場合、
教える相手は「想定以上に出来てない」のです。
  
それを、自分の視野を広げる度に痛感します。
  
  
逆に、私から教わる相手からすれば、
  
視野が広がれば広がるほど、
私は「想定以上にスゴイ人」なんでしょうけどね(笑)
  
 
ひとつ言える事は、 
  
「無責任」とか「依存的」とか、「精神力の弱さ」とか、
  
そういう基礎的な部分から鍛え直さない限り、
良い人生は待ってないですよ。


mixiチェック

haxe501 at 20:21│clip!