2017年05月22日

組織運営の人材戦略

先日仲良くなった、
飲食店を二店舗経営するお兄さんは、
  
私の事を「経営コンサルタント」だと認識しています。
  
  
心理学者と言っても伝わりにくいので、
初対面の人には、だいたいそう言っています(笑)
  
  
まぁ、経営コンサルも、人によって
「定義」や「イメージ」がだいぶ違うと思いますけどね(笑)
   
   
で、私が異業種のお兄さんに、
何か言える事があるとすれば、それは一体何かな…?
  
と考えていました。
  
  
別に、経営が苦しいわけでは無く、
そこそこ上手く行っている訳で、
  
そんな人に何が言えるのか?
  
  
経営が上手く行っていない人は、
「謙虚さ・素直さ(静)」と「本気・自立心(動)」
  
どちらかの精神力不足だと思うので…(笑)
  
  
初心に戻って精神力を鍛えて頂きたいですが、
  
そのお兄さんは優秀で、
どちらの精神力も兼ね備えていそうです。
  
  
じゃあ、次に打つ手は何か?というと、
  
やはり、【 人材戦略 】だと思います。
  
  
「商売、ビジネス、仕事」って言うのは、
結局のところ、人が運営する訳で、
  
その「人の質」によって成果が決まると思います。
  
  
いかにトップの自分が優秀でも、
「片腕」や「腹心」が優秀で無ければ、
  
いつまでも、
自分が現場に張り付いていなければなりません。
  
  
そうなると、トップは頭脳労働ができないし、
  
部下たちにとっても「成長できない職場」という事で、
優秀な人間から辞めていきます。
  
  
個人事業主、フリーランス、フリーエージェントとして、
  
一生を生きていくつもりなら、
別に人を育てる必要は無いかもしれませんが、
  
  
基本的に仕事の成果は、
  
【 いかに優秀な人材と仕事をするか? 】
  
という事に、大きく掛かっています。
  
  
・現場を任せられる人間
・自分の後任を任せられる後継者
  
そういう役割を担ってくれる他人を用意できなければ、
いずれは行き詰まってしまうのです。
  
  
その人材に求められるのは、
  
「能力的に優秀である」という事と、
「自分と強い信頼関係を結べる」という事です。
  
  
能力がいくら優秀でも、信頼関係を結べない人とは、
「ユルい繋がり」しか持てません。
  
  
そういう関係では、
金銭などの「利害関係の繋がり」なので、
  
【 もっと良い条件の職場や相手 】が見つかれば、
カンタンに乗り換えられてしまいます。
  
  
そういう人は、「片腕」や「腹心」とは呼べません。
  
自分のビジネスと一蓮托生で、
運命を共にしてくれる相手が必要です。
  
  
能力がいくら高くても、真の信頼関係が無ければ、
  
その人は【 金銭次第で、敵側にも寝返る「傭兵」】なのです。
  
  
「傭兵」は、金銭の為に戦いますが、
「正規軍」は、生まれた故郷の為に戦います。
  
  
いくらお金を出されても、
正規軍の兵隊が、敵軍に寝返ることはないでしょう。
  
戦う動機が「お金の為」では無く、
「精神的な拠り所の為」だからです。
  
  
別に、
  
【 自分は利害関係だけの「ユルい繋がり」で構わないから、
  優秀な人間と仕事がしたい! 】
  
そういう価値観があっても良いです。
  
  
プロジェクト毎にパッと集まり、終わればパッと解散する。
   
「そんな人間関係の方が気楽だ」という人もいるでしょう。
  
  
でも、その「気楽さ」と引き換えに、
  
「自分の代わりとなる人材」は用意できない訳ですから、
  
常に自分が「現場の最前線」に立ち続ける必要があります。
  
  
私の様に、仕事を「信頼できる他人」に任せて
「のんびり構えている」という事ができません。
  
  
「常に、信頼できない相手を監視し続けなければならない」
  
という、極めて面倒くさい労力が発生し続けます。  
  
  
「能力の高さ」を重視するあまり、
「信頼関係」を蔑ろにするトップは、
  
必ず、「人の問題」で延々と苦労し続ける事になります。
  
  
他人と信頼関係を結べないなら、
組織運営には不向きですから、
  
組織を大きくしようとせず、
出来る限り少人数で仕事をこなす方が向いているでしょう。
  
  
で、ここで大切な事は、 
  
【「能力の高さ」と「信頼関係」を兼ね備えた人材など、
  初めからやってこない! 】
  
という事です。
  
  
・能力は高くても、信頼関係が結びにくい
・信頼関係は結びやすいけど、能力は低い
  
だいたい、どちらかの人材が目の前にやってきます。
  
  
人材と信頼関係を結ぶには、
トップが精神的に成長し、成熟していく必要があります。
  
人材の能力を高めるには、
根気強く、丁寧に教え続ける姿勢が必要です。
  
  
その両方をこなしてこそ、
  
「能力の高さ」と「信頼関係」を兼ね備えた人材が、
ようやく生まれるのです。
  
  
「強い傭兵(金は掛かるが、強い)」か
「弱い正規軍(金は掛からないが、弱い)」か、
  
初めはどっちかからのスタートです。
   
(※ 弱い傭兵(信頼できないし、能力も高くない人)とは、
   決して付き合うべきではありません 笑)
  
  
・強い傭兵を正規軍に引き込むぐらいの魅力を自分が持つか?
・弱い正規軍を強く育てるか?
  
どちらかの方向性が必要です。
  
  
他人との信頼関係なんか面倒くさい!って言う人は、
  
・自分が「傭兵」として生きるか、
・トップとして「傭兵」を雇い続けるか…、
  
という手段しか無くなります。
  
  
それは気楽ですが、その分だけ、
   
「いざというときに頼れる人がいない」
「状況次第で、カンタンに人が離れていく」
  
という事態に陥ります。
  
  
「信頼関係」を大切にするのであれば、
  
人材の求める「報酬」や「長期的ヴィジョン(安心感)」を、
トップとして用意してあげる必要があります。
   
   
「トップの人柄や性格が好きだし、
 目指す方向性も自分と合致してるし、
  
 この場所で頑張れば、自分の得たい報酬を得られるし、
 長期的に見ても、安心していられるぞ!」
  
  
という風に、思ってもらう必要があります。
  
  
・充分な金銭的報酬
・やりがい
・長期的な安心
・心地良い人間関係
  
そういった要素を、トップが用意できるかどうかです。
  
  
私は弟子に報酬を払っていませんが、
  
自分の指導によって弟子の収入を大幅に上げているので、
私の近くに居ることにより、弟子は金銭的利益が得られています。
  
  
【 自分が成長するだけで無く、他人も成長させる 】
  
【 能力や金銭だけでなく、自他共に精神面も重視する 】
  
  
これが、長期的に見ていずれ躓かない為に、最重要の戦略です。


mixiチェック

haxe501 at 16:44│clip!