2017年05月08日

テレビゲーム、ビデオゲーム

よく、テレビゲーム、ビデオゲームに対して、
  
「バカバカしい」とか、
「くだらない」という人がいます。
  
  
私はそれに反論したい。
  
  
今の私があるのは、完全にゲームのおかげです。
  
ゲームによって、私は賢くなったと思っています。
  
  
「自分がどのような情熱を持っているか?」
  
という事を知るのに、
「自分はどういうゲームが好きか?」
  
という事も、かなり参考になります。
  
  
そもそも、エルヴィス・プレスリー(ロックンロール)は、
「不良の聞く音楽だ」と思われていた時代もある訳です。
  
今、そんな事を言っていたら笑われるでしょう(笑)
  
  
古くさい価値観を抱く人間にとっては、
  
マンガも、アニメも、テレビも、ロックも、  
  
【「歴史の浅い娯楽」は、全て悪いモノ 】なのです(笑)
  
  
例えば、同性愛や同性婚も、
  
私が子供の頃の時代(20年〜30年前)ならば、
気持ち悪いと思っていた人も多いと思いますが、
  
今、そんな事を言ったら
差別主義者として批判されてしまうでしょう。
  
  
それくらい、
  
人の「常識」や「善悪」なんて、コロコロ変わるのです。
  
  
だから、
  
状況によってコロコロ変わる「人の持つ常識」なんて
一切アテにならない。
  
  
ですから、常識を人生の指針として生きている人は、
  
私には【 自分軸を持ってない奴隷(アホ)】にしか見えません。
  
  
「ゲームをするな」という人は、
  
「エルヴィス・プレスリーを聴くな、ビートルズを聴くな」
と言っているのと、まったく同じ事です。
  
  
ビデオゲームにも、
 
「アクション、シューティング」など、
反射神経を問われるゲームもあれば、
 
「ミステリー」などの、
謎解きや推理能力を問われるゲームもあれば、
  
「育成・戦略シミュレーション」など、
戦略や効率を考える能力を鍛えるゲームもあります。
  
  
ゲームを攻略していく過程で、頭が鍛えられるのです。
  
  
他にも、ファッションの着せ替えゲームなどもありますし、
  
美的感覚を鍛えるのにも役立つゲームもあるでしょう。
  
  
ゲームは、【 人間の能力を鍛える 】のです。
  
  
私は、ゲームのプレイによって、
「効率を考える能力」が飛躍的に高まりました。
  
ゲームを攻略しようとすると、
効率を考えざるを得なくなるからです。
  
  
「効率が良い」という事は、
言い換えると「生産性が高い」という事でもあります。
  
  
昨今、「生産性、生産性」と言われていますけど、
  
【 生産性を高める思考力 】は、
何かしらの方法で鍛える必要があるでしょう。
  
  
その為に、ゲームはうってつけだと思います。
  
  
ゲームの悪いところがあるとすれば、
  
「長時間」や「画面から近距離」のプレイで
目に負担が掛かることくらいでしょう(笑)
  
  
  
たくさん遊んでいる人間ほど、
自分の情熱を自覚してしますし、
  
  
逆に、「遊び」を抑圧し、
「やりたくもない勉強」ばかりしてきた人間は、
  
自分の情熱がわかりません。  
  
  
ですから、
  
「ゲームをするな!」なんて言っている人間には、
自分の情熱が解らないでしょうし、
  
「ライフワーク(天職)」なんて概念も、
まったく自分に関係無い話だと思っているでしょう。
  
  
別に、ゲームが好きじゃ無い人は、やらなくていいですよ。
  
でも、やりたい人は存分にやれば良いと思います。
  
  
私は、映画も観ますけど、
映画よりゲームの方が頭を使うし、主体的だし、
    
ゲームでも「ストーリー」や「音楽」「世界観」が、
非常に良く練られた作品もあります。
  
  
それこそ、「映画以上に心を動かされるゲーム」も、
たくさん存在しているでしょう。
  
  
ぜひ、ゲームを作っている人には、
面白いゲームをたくさん作って欲しいと思いますし、
  
その為にも、消費者はゲームに対して、
正当な対価(お金)を払う必要があると思います。
  
  
幼い頃は、お小遣いが限られていたので、
あまりソフトを買えませんでしたが、
  
今思えば、
もっとたくさんのソフトをプレイしたかったですね。
  
  
ゲームをバカにして、
ゲーム代をケチるなんて、勿体ないです。
    
それだけの価値があるのだから、
気前よくお金を払って楽しめば良い。
  
  
ゲームを楽しんだ分だけ、  
思考が鍛えられ、自分の情熱もわかってくるのです。
  
  
それに、最新のゲームには
最新の「技術」や「アイデア」が詰まっていますから、
  
先進的な感覚、センスを磨くのにも良いです。  
  
  
つまり、良い事だらけです。
  
  
「ゲームをするな」というのは、
「エルヴィスを聴くな」というのと同じです。
   
   
今や、ロックンロールはひとつの文化です。
  
ゲームもそうなっていくでしょう。
  
  
「なんとなく、新しいものを批判したくなる」
  
そこに、何の【 論理的根拠 】もありません。
  
  
批判自体が悪い訳ではありませんが、
  
「根拠の無い個人的感情(妬み、やっかみ、不安)」では無く、
  
ちゃんとした【 論理的根拠 】を用意する事です。
  
  
私みたいに、受験勉強の頃に挫折して以降、
廃人のごとくゲームをやりまくっていても、
   
その時に鍛えられた能力は、
ちゃんと仕事に活かされているのです。
    
  
目先で判断するのでは無く、

何事も、長期的に眺める必要があるのです。


mixiチェック

haxe501 at 17:40│clip!