2017年05月04日

子育ての成功法則

自分が30歳を越えて以降、
  
「自分は父親に似ている部分があるなぁ」と
気付く事が多くなりました。
  
親の「考え」や「教育」の影響を、
シッカリと受け継いでいるなぁと気付きます。  
  
  
まぁ、ポジティブな影響ばかりではありませんでしたし、
  
ネガティブな影響については、
「自分自身を教育し直す事」で、矯正してきました。
  
  
結局、
 
・やりたい事をやっていく人間
・夢を叶えていく人間
  
と、そうでない人を分けるのは、
  
【 いかに、子供時代に自信を身に付けさせるか? 】
  
という事に掛かっています。
  
  
幸い、私は自信を身に付けさせる教育を受けました。
  
  
兄は、学校の勉強がとても良く出来ました。
  
5段階評価で言うと、兄はほとんどが「5」で、
私はほとんど「4」で、「3」と「5」がちらほら…
  
という感じ。
  
  
でも、私の方が「価値が低い」という様な
接し方をされたことはありません。
  
  
むしろ、父親は「学校の勉強・成績」より、
【 性格の良さ 】を褒める人でした。
  
他にも、私の「アイデア力」や「理科に対する興味」を
褒められた記憶があります。
  
  
学校の成績以外の価値を、ちゃんと評価する人でした。
  
  
しかし、心理の仕事を通して、
「他人の思想が形成されていく過程」を研究していくと、
  
自信が無い人は、
親から「自信を失わせる教育」を受けている事がわかりました。
  
  
でも、大体の親は「子の幸せ」を願っています。
  
子を不幸にしようと思って、教育する親はいないでしょう。
  
  
逆から考えると、
つまり大体の親が「子の幸せを願ってやっている事」は、
  
実は【 逆効果・裏目 】になっているという訳です。
  
  
その「逆効果・裏目」の教育をしてしまう
根本的原因になっている「思い込み」が、
  
  
・子供は「弱い存在」である
・子供は「親の所有物」である
・子供に何かあったら「全て親の責任」である
・親は、自分を犠牲にしてでも子供を守るべきだ
  
というような考え方です。
  
  
こういう考え方をしていると、
  
子供は、自分に自信を持つことができません。
  
  
こういう風に思われて接せられると、
  
【 自分は弱い存在で、
  他人から守ってもらわないと、生きていけない存在だ 】
  
というネガティブな思想が身についてしまいます。
  
  
  
子供を弱い存在とみなし、
「守ってあげなきゃ!」と思っている人は、
  
自分自身に対しても「弱い存在である」と認識していて、
  
  
【「国(政府)」や「企業」「社会」】などに対して、
   
・強者(政府・企業)は、「弱い自分」を守るべきだ! 
 
・強者(政府・企業)に何とかしてもらわないと、
 自分は生きていけない!
  
  
というような、【 超依存的な発想 】をしてしまいます。
  
  
それが人によっては、
  
「宗教の教祖」であったり、
「スピリチュアル的な存在」である場合もありますが(笑)
  
  
とにかく、
  
・子供は「弱い存在」である
・子供は「親の所有物」である
・子供に何かあったら「全て親の責任」である  
・親は、自分を犠牲にしてでも子供を守るべきだ
  
こういう思想の元、子供を育てると、
  
  
・問題は、自発的に解決する!
・人生は、主体的に切り拓く!
  
ではなく、
  
・問題は、他人(強者)に何とかしてもらわないと!
・人生は、他人(強者)に何とかしてもらわないと!
・強者は、自分を犠牲にしてでも弱い私を守ってくれよ!
   
というような発想になり、
   
  
【 自分に自信が無く、依存心が満載の人間 】に育ってしまう、
  
という事です。
  
  
自分の頭で人生についても、問題についても考えない、
  
思考が停止した【 立派な奴隷人間 】のできあがりです。
  
  
  
我が子を「奴隷人間」にしたくなければ、
  
上記とは逆の教育が必要です。
  
 
子供は、
  
【 大人と同等の「人権」】を持ち、
【 各々、「固有の人格」を持った一人の人間 】である
  
という思想に基づいた教育です。
  
  
子供を「弱い存在」だと思っている人は、
  
無意識的に、
【 子供の人権と人格を否定し、見下している 】という事です。
  
  
おそらく多くの人が、
  
「親が心配性なのが鬱陶しくて、
 親からは心配では無く、信頼をして欲しかった」
  
と思っていると思います。
  
  
でも、自分が親の立場になれば、
  
信頼できず、心配してしまうのです。
  
  
自分が「やられてイヤだったこと」を、
そっくりそのまま、我が子に行っている訳です。
   
  
【 自分の経験から、何も学んでないじゃん! 】って話ですね。
  
  
心配は、「恐怖心」から生まれ、
信頼は、「恐怖の無い純粋な愛」から生まれます。
  
  
要するに、今までの人生で、
「自分の恐怖心」を克服してこなかったから、
   
子供にも、自分が親からやられた事と同じ事をするのです。
  
  
先祖代々引き継いできた【 ネガティブ洗脳の連鎖 】は、
自分のところで止めなければ、
  
そのまま、子供に引き継がせてしまうという事です。
  
  
子供が事件を起こしたり、事故にあったりすると、
  
「すぐ親のせいだ!」と言う人がいますけど、
  
子供も一人の人間であり、生まれた時点で、
性格も、個性も、人格も、何もかもがそれぞれ違います。
  
  
全員が、同じ個性の子供を育てるなら、
子供の行動の違いは、親の教育によるモノだと言えますが、
 
生まれた時点で、活発な性格、大人しい性格など、
決まっている部分も大きいのです。
  
  
もちろん、親の教育の影響は強いですが、
  
【 全てが親の教育のせい 】というのは、違います。
  
  
「CoCo壱番屋の創業者」の様に、
めちゃくちゃネガティブな家庭環境に育っても、
  
仕事で大成功してしまう人もいます。
  
  
じゃあ、また【 逆も真なり 】で、
  
どんなに愛情溢れる恵まれた家庭環境に育っても、
「犯罪者になってしまうような人」もいるのです。
  
  
親の教育と、本人の責任は…、
  
50:50のバランスなのです。
    
  
親が最善を尽くしても、
子供がネガティブな道に進むことはあります。
  
それが本人の意志であれば、止められません。
 
  
自由意志は、他の誰にも侵害できません。
  
  
アメリカの高校で銃を乱射して自殺した子の母のスピーチを読みましたが、
どう考えても、このお母さんはポジティブな人です。
  
それでも、子供のネガティブな行為は止められないのです。
  
https://www.ted.com/talks/sue_klebold_my_son_was_a_columbine_shooter_this_is_my_story/transcript?language=ja
  
  
親と子の関係だとしても、 
  
お互い、最終的には自分の事にしか責任を取れないのです。
  
  
そういう風に、
子供に対して「己の責任を自覚させる教育」をするから、
  
子供の【 自立心、主体性、自発性、積極性 】などが養われるのです。
  
  
「子供は弱い」という定義の元、子供を育てるならば、
  
子供は【 自信が無く、依存的で、無責任 】に育ちます。
  
  
本当に子供の幸せを願い、
子供に良い人生を送って欲しいのであれば、
    
やるべき事は、子供に「余計なお世話」を焼くことではなく、
  
  
【 親自身が、絶えず「精神的に成長」し続ける事 】なのです。
  
  
まず親である自分がシッカリしていないのに、
子供をシッカリさせられる訳がありません。
  
自分の成長テーマから逃げる親の子もまた、
「試練から逃げる子」に育ちます。
  
  
多くの場合、子は「親の背中」を見て育ちますからね。  
  
  
以前書いたブログ記事でも、
まったく同じ事を語っていますけど。
  
http://growheart.livedoor.biz/archives/52016903.html
  
  
「子供のために…」とか思っている親の多くは、
   
実は、まったく子供の為にならず、
   
【「逆効果・裏目」の、
  自分に自信が無く、依存的な「奴隷人間」に育てる教育 】
  
をしているのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:48│clip!