2017年04月09日

嫉妬のメカニズム

先日、私と妻と赤ちゃんを乗せたベビーカーで、
道を歩いていたら、
  
人とのすれ違いざまに「舌打ち」が聞こえました。
  
  
「あれ? 今俺に舌打ちされた?」と思いましたが、
  
千博さんと一緒に歩いていると、人とすれ違うときに、
時々「舌打ちされた?」って思う事があります。
  
  
カップルや、幸せそうな人を見たとしても、
  
「見ず知らずの通りすがりの他人を見て、
 そんなにイヤな気持ちになるか?」
    
と思いますけどね。
  
  
まぁ、私は、
嫉妬ほど「生産性が皆無な行為」も無いと思っているので、
  
「嫉妬するぐらいなら、自分を高める努力をしろよ」
って思っちゃいます。
  
  
それに、文句があるなら舌打ちして姑息に逃げるんじゃ無くて、
「正々堂々と、面と向かって言ってこい!」とも思います(笑)
  
  
基本的に、「嫉妬」って言うのは、
  
言い換えると「他人がズルい」って思っている状態です。
  
  
つまり、私を見て「ズルい」と思ったのでしょう。
  
  
でも、私から言わせてもらえば、
  
・アンタの「一千倍 苦労」して、
・アンタの「一万倍 努力」して、
・アンタの「一億倍、頭使って考えてる」よ!
  
って言いたい訳です。
  
  
何もズルくないでしょう?
  
  
見ず知らずの、通りすがりの他人の、
表面的な「幸せそうな姿」だけ見て、
   
その人が「自分より苦労していない、努力していない」と、
どうしたら決めつけられるのでしょう?
  
  
と、思ってしまいます。
  
  
で、嫉妬する人って言うのは、
   
【 自分は無力で、努力しても報われなくて、
  結果は外的要因に左右される 】
  
という風に思い込んでいます。
  
  
だから、他人を見て「ズルい」という発想になるのです。
  
  
つまり、
  
【 嫉妬する人は、「自分は無力だ」と思い込んでいる人 】です。
  
  
自分は無力で決して報われないと思っていたら、
自ら「前向きな努力、建設的な活動」もしませんから、
  
ポジティブな結果が出る事もありません。
  
  
だから、嫉妬は「無駄な行為」だというのです。
  
  
嫉妬する人が、
  
「自分は無力などでは無く、
 自分にも望みが手に入れられるかも?」
  
と思ったら、「嫉妬」は「憧れ」に変わります。
  
  
こういう風に、心理の領域では、
  
「なんで人はこういう行動に出るのだろう?」と、
深く深く掘り下げてみると、
  
「思ってもみないところ」に根本原因があったりします。
  
  
私がそれを突き止められるのは、
それ(原因特定)ばっかりやっているからです(笑)
  
  
違うジャンルに例えて、解りやすく言うと、
ルービックキューブを高速で解ける人と同じですね。
  
  
私にとっては、
人の心理の動きを明らかにすることは一種の「パズル」です。
  
  
解けたら「人の人生が変わるパズル」ですね。
  
だから、やりがいがあります。
  
  
で、世の中には「他人に嫉妬する人」が腐るほど存在しています。
  
それだけ、【 自分は無力だ 】と思い込んでいる人が多い訳です。
  
  
例えば、人気ユーチューバーに対するコメントを見ると、
  
彼らを見下したり、ひねた見方をする人も多いですが、
それも、「嫉妬」です。
  
  
自分の好きな事、楽しい事で収入を得ている人が、
ズルいと思っていて、うらやましいのです。
  
  
でも、楽しんで収入を得ていそうなユーチューバーと言っても、
ポジティブ面ばかりではありません。
  
  
例えば、今は収入を得ていても、 
それが5年、10年続く保証はありませんし、
  
当然、消えていく人もいます。
   
  
高頻度で、動画をアップし続ける肉体労働も必要です。
  
  
50歳、60歳になっても、
  
ずっとゲーム実況など(今と同じ事)をし続けるとは、
考えにくいですね。
  
  
ユーチューバーは、
  
ある意味「テレビ番組を持っている芸能人」と
似た様なポジションです。
  
  
芸能人が収入を得るのは普通の事です。
  
  
芸能人には嫉妬しないのに、
ユーチューバーには嫉妬するとしたら、
  
視野が狭く、「不公平だ」と捉えているからです。
  
  
  
それに、以前も書きましたが、
   
「芸能人の不倫のニュース」も同じです。
  
  
彼らに対して怒ったり、「サイテーなクズ野郎だ」と、
こき下ろしている人はたくさんいます。
  
  
その理由は、「倫理的に…」というモノですが、
  
  
この世には、「人身売買」やってる輩もいますし、
テロなど、「無差別殺人」を行う人間もいます。  
  
独裁国家のトップに立つ人間も、
「非人道的な行為」をたくさん行っています。
  
  
私から見れば、そういう非人道的な行為の方が、
倫理的に問題があると思いますが、
  
芸能人の不倫のニュースの方が、
リアルに強い怒りが沸いている人が多そうです。
  
  
世の中の非人道的な行為のニュースと、
芸能人の不倫のニュースで、
  
芸能人の不倫のニュースの方に怒りが沸くとしたら、
  
それは、「倫理観」などでは無く、
【 至って個人的な感情だ 】ということになります。 
  
  
それも、結局は「嫉妬」です。
  
  
恋愛で満たされていない人が、
恋愛をしている人間に嫉妬している訳です。
    
  
芸能人が不倫をしていようが、自分の生活には何の関係もありません。
  
  
自分の生活に関係が無いことに怒りを覚えるのは、
   
【 見ず知らずの通りすがりの他人 】に舌打ちしているのと同じです。
  
  
ただの、自分が満たされていない事に対する「八つ当たり」です。
  
  
でも、不倫のニュースに怒りを感じる人からすれば、
  
自分の気持ちを正当化する為に、
「自分は倫理観で怒っているんだ」と思い込んでいるでしょう。
  
  
これが、無意識が仕掛けるフェイク(偽り)です。
  
  
無力感や惨めさを感じている「本当の気持ち」ではなく、
   
【 他人を悪者にして、「自分の惨めな感情」から逃げている 】のです。
  
  
私はいつも言っていますけど、
  
テロって、【 究極の「八つ当たり」】なんですよ。
  
  
自分が満たされている人は、テロなんてしません。
  
  
自分の生活や気持ちが満たされていない事を社会のせいにして、
社会を悪者にして、自分の惨めな感情から逃げるために、
  
「無関係の他人」を攻撃しているのです。
  
  
つまり、「幸せそうな人に嫉妬する人」と「テロリスト」は、
  
根本的に同じ心理なのです。
  
  
ですから、見ず知らずの人に嫉妬して、
攻撃的な気持ちが湧くとしたら、
  
それは「小さなテロ行為」なのです。
  
  
まぁ、ネガティブな想いの「強さ・弱さ」は違いますが、
  
【 想いの質 】は同じなのです。
  
  
この世から、テロを無くしたいんだったら、
  
一人一人が「自分は無力だ」と思い込むのを止めて、
【 嫉妬を止めろ 】って事です。
  
  
まず、他人に嫉妬する自分を
正当化しようとするのを止めろって話です。
  
    
テロリストだって、自分の行為を正当化しているでしょう?
  
  
でも、テロリストの本当の気持ちは、 
  
宗教とか、正義とかじゃないんです。
  
  
そんな事じゃ無く、
  
自分が社会から無視されているような気がして、
蔑ろにされているような気がして、悲しいのです。
  
  
それが、本当の気持ちです。
  
  
でも、人間心理のややこしいところは、
  
そういう「自分の本当の気持ち」から逃げようとして、
他人を悪者にして、自分を正当化してしまう事です。
  
  
まず、この心理メカニズムを理解して、
  
【「自分の事を無力な存在だ」と思い込んでいる事 】が、
  
「根本原因なんだ」って気付く事です。
  
  
テロリストのテロ活動を見ると、
  
「何故、無意味で、生産性の無い活動をしているのだろう?」
  
と思いませんか?
  
  
でも、「見ず知らずの他人に嫉妬する人間」も全く同じですよ。
   
  
テロ活動と同じく、無意味で、生産性が無いどころか、 
   
自分も他人も傷つけ、貶める行為なのです。
  
  
テロリストも、
自分に自信が無く、無力な存在だと思っているから、
   
「他人を見てズルい」と思い込み、無差別攻撃を行うのです。
  
  
自分に自信が持てるようになれば、
「テロ」も「嫉妬」も、バカバカしくて止めますよ。
  
  
その第一歩は、まず心理のメカニズムを理解する事です。
  
  
まぁ、ハーバード大学の心理学教授ですら、
心理のメカニズムを全くわかっていませんから、
  
心理のメカニズムを教えられる人は、非常に希少ですけどね。


mixiチェック

haxe501 at 21:08│clip!