2017年04月02日

日本人の欠点

昨日まで、千博さんの福井の実家に帰省していました。
  
  
田舎は夜が静かなので、グッスリ眠ることが出来ました。
  
  
で、大阪に戻ってくると、やはり騒音が気になって、
  
今でもまぁまぁ音は気にならない方の家ですが、
「次はもっと静かな家に引っ越したいね」って話になって、
  
うーん、どこに引っ越すかなぁ?と、
チャネリングも交えて考えていると、
   
なんとなく「海外」の気がしてきました。
  
  
高確率でアメリカ、低確率でヨーロッパっぽいです。
  
  
そういう話をすると、千博さんは、
  
「実は、昔から海外に憧れてたの!」と、大喜び。
  
  
アメリカではホームスタディも普通だし、
子供もいろんな人種、価値観に触れあえるし…、と、
  
子育てをする上で非常にメリットがあると感じたようです。
  
  
将来に、予想外の「明るい展望」が持てて、
自分の内面に取り組むやる気も劇的に高まったようです(笑)
  
  
まぁ、未来に起こる事は流動的ですから、
タイミングや、実際にどうなるかはわかりませんけどね。
  
  
私としては、重要な仕事の為なら何処にでも行くつもりですが、
アメリカの方が、私も活躍できるかもしれませんね。
  
  
日本人は、
「和」を過度に尊重するあまり、その分「個」を蔑ろにし、
    
「争いが嫌い」を通り越して、
必要な争いまでビビって避けようとします。
  
  
「実力」よりも、「立場」や「肩書き」の方が大事。
  
  
そんな日本より、実力主義のアメリカの方が、
  
私の仕事の価値をわかってくれる気もします。
  
  
「近い将来、アメリカに住むかも知れない…」と思うと、
  
アメリカで仕事をするイマジネーションが止まりません。
  
  
もしそうなったら、日本人"ざまぁ"です(笑)
  
  
人の才能の価値を見抜けず、優秀な人材を流出させるわけですから。
  
それも、日本には実力的に優秀な人間を評価し、
すくい上げる風潮やシステムが無いからです。
  
日本人にとっては、
「実力」よりも「肩書き」や「立場」が大事なのです。
    
  
私としても、「心理・スピリチュアル後進国」の日本よりも、
  
アメリカの方が、メッセージを伝えやすいでしょう。
  
  
アメリカでは、統計によると半分以上の人が、
「UFOや宇宙人の存在」を信じていますからね。 
  
  
確かに日本は、ご飯は美味しいし、住みやすいですし、
生活する上での「安心・安全のレベル」は高いです。
  
でも、大きな仕事をするなら、アメリカの方が良いでしょうね。
  
世界中にアプローチできますしね。
  
  
私が目指しているのは世界をポジティブにし、
ポジティブな人間が住みやすい世を創ることなので、
  
別に、「日本びいき」をするつもりもありませんし、
逆に、どこか特定の国の味方をするつもりもありません。
  
  
自分の仕事ができるなら、世界の何処でもいいんです。
  
  
日本には、優れた部分もあれば、劣った部分もあります。
  
  
その劣った部分を改善しなければ、
  
そこが全体の足を引っ張り続ける事になるでしょう。
  
  
日本人は、「和」を過度に尊重しすぎて「個」を蔑ろにしています。
  
【「和」からはみ出す人間 】を評価しないのです。
  
  
だから、日本からは、
「世界にイノベーションを起こす天才」が生まれにくい構造です。
  
  
「出る杭」を叩き合って、「無難」に収まっています。
  
  
そこは、謙虚に受け止めて、
  
【 人と違う事・ユニークさ 】を
もっと評価できるようになる必要があります。
  
  
まぁ、私の「意志の強さ」は世界トップレベルなので、
  
日本の風習・慣習・一般常識ごときには負けませんが(笑)
  
  
マクロビオティックも、もともと日本で発案されたモノが、
アメリカでブレイクして「逆輸入」された訳ですが、
  
私のメソッドもそうなるかもしれませんね(笑)
  
  
PPAPもそうですが、海外でヒットしないと、
日本人は改めて評価できないのかもしれません。
  
  
「肩書き」や「立場」に気を取られて、「中身」で人を判断出来ない。
  
それが、今の日本人です。
   
  
そして、その【 人の見る目の無さ 】が、
  
あらゆる問題をスムーズに解決できない原因なのです。  


mixiチェック

haxe501 at 16:20│clip!