2017年03月24日

「フットワークの軽さ」と「トラウマ」

今日は、遠方からはこぶね倶楽部メンバーが来てくれました。
  
初対面だったので、
「成長に対する心構え」的な事を語りました。
  
  
「自分の情熱(好きな事)って、
 どうやったら見つけられますか?」
  
という質問を受けたので、
  
  
【 「自分は何に楽しみを感じるのか?」
  を自覚する事が大切で、
    
  私は、ゲームで遊ぶときでも、
  自分がこの遊びのどこに楽しみを感じているのか?
  
  分析しながらやってますよ… 】
  
  
という様な話をしました。
  
  
すると、相手の方が、
  
「遊びながらも、そんな事考えなきゃいけないんだ…。」
  
的なリアクションだったので、
  
  
【 考えるのは楽しいですよ。
  
  もし、考える事が楽しく無いとしたら、
  それはトラウマがあるからです。】
  
  
という説明をしました。
  
  
そして、そのトラウマというのは、
  
主に、【 親や学校の先生からの教え 】によって創られているので、
  
まず、「親や学校の先生」に対して
  
心の中で相手に
「この大ウソツキ!」と、言える必要がありますよ(笑)
  
  
…という話をしました。
  
  
トラウマがあると、
思考力・理解力・主体性が失われます。
  
要は、トラウマが多い人ほど、
「奴隷的」になってしまうわけです。
   
   
人生を幸せで豊かなモノにしていこうと思ったら、
自分の潜在意識内からトラウマを削っていく習慣が必要ですが、
  
それは、登山みたいなもので、
一歩ずつでも、歩み続ければいずれ山頂に辿り着くのと同じで、
  
トラウマも、毎日少しずつ削り続けていれば、
その分だけ、人生がより良いモノに変わっていきますし、
  
いつかは、ゼロにする事ができますよ。
  
  
その為にも、まずトラウマの元凶である、
    
【「親と先生の教え」に「背ける・刃向かえる」心構え 】が必要です。
  
  
親や先生の言うことを鵜呑みにしているから、
  
自分で考えないし、主体性が無いのです。
  
  
私は自分の子供に、
  
「親(自分)の言うことを鵜呑みにするな、
 何でも自分で確かめて、検証しろ」
  
という教育をするつもりです(笑)
  
  
間違っても、
 
「子供は(無条件に)親の言うことに従え!」
  
とは教えません(笑)
  
  
主体性が身に付けば、考える事が自然になります。
  
  
本来、考える事は楽しい事なのです。
  
  
子供に、「好きなオモチャをひとつ買ってあげるよ!」
  
と言ったら、飛び跳ねてワクワクして考えるでしょう?
  
  
他人に、
  
「今日の晩ご飯おごってあげるよ、何が食べたい?」
  
と言ったら、喜んで考えるでしょう?(笑)
  
  
「考えたく無い理由」があるとすれば、【 トラウマ 】しかありません。
  
トラウマのせいで、
恐怖が生まれ、思考が停止して、奴隷と化しているのです。
  
  
で、考えたく無い原因の「トラウマ」が解決されて、
  
・自分は何が好きなんだろう?
・自分は何を楽しいと感じるんだろう?
・自分にとって何が大切なんだろう?
  
という事を考えるのが楽しくなれば、
  
次は、【 フットワークの軽さ 】が大切です。
  
  
楽しい事を見つけるって事は、
 
・普段やらない事をやってみる
・普段行かない場所に行ってみる
・普段会わない人に会ってみる
  
という事を通じて、自分の視野を広げていく必要があります。
  
  
その為には、腰が重くてはいけません。
  
  
自分の「腰の重さ、面倒臭さ」を乗り越えて、
積極的にアクションを起こしていく必要があります。
  
  
私は、「面倒臭がり」でもありますが、
フットワークが非常に軽い部分も持っている人間です。
  
  
話ながら、「それは何でかな?」と考えてみると、
  
  
私は、「失敗したく無い!」という気持ちよりも、
  
【 チャンスを逃したくない! 】という気持ちの方が強いんですね。
  
  
だから、何かに迷ったら、
重い腰を上げて、とりあえずチャレンジする方を取ります。
  
  
もちろん、リスクが高すぎる無謀な事には手をだしませんが、
  
多少の「時間・お金・労力のロス」くらいで済むなら、
結果が失敗だろうと、【 新しい経験を積む方 】を取ります。
  
  
「そっか、私はチャンスを逃したくないから、
 フットワークが軽くなるんだな…」
  
と思いました。 
  
  
もしかしたら、目の前でどうしようか迷っていることは、
  
「大して意味の無い結果」に終わるかも知れませんが、
  
それ以上に、
  
【 もしこれが「大チャンス」で、
  自分の腰の重さでそれを逃してしまったら… 】
  
と思うと、とりあえず何もしないよりは、行動する方を取ります。
  
  
もちろん、リスクのあるチャレンジというのは、
  
【 失敗しても大して傷つかない範囲で… 】です。
  
  
「失敗したら、大きな借金を背負ってしまう…」
  
みたいな、そういう大きなリスクには手を出しませんよ。
  
  
でも、もし失敗しても傷が浅いような事であれば、
 
【 どっちに転んでも、「新しい経験」を積む方が得だな… 】と、
  
アタマのそろばんを弾きます。
  
  
こういう思考をしているので、
  
自分は面倒くさがり屋のくせに、
迷った場合はフットワークが軽くなるんだな…と思いました。
  
  
ちなみに、「はこぶね倶楽部」の募集に関しては
  
別に積極的に広告や営業をしている訳ではありません。
  
  
なぜか?
  
  
はこぶね倶楽部は、「格闘技の道場」みたいなモノですからね。
  
  
フットワークが軽くて、やる気のある人しか続かないし、
    
「お金を払ったら、何とかしてくれるんでしょ?」
  
と言うような依存的な態度で来られても、結果は出ませんからね。
  
  
「成長」とか、「人生を変える」とか、「独立起業」って、
  
依存的な態度で結果が出せるほど甘くないですから。
  
  
私が、オリンピック選手のコーチだとしても、
  
選手にやる気がなければ、メダルなんて取れません。
  
  
教育という仕事は、モノを売っているのと違って、 
「モノを売ったらハイ終わり…」じゃなくて、
  
生徒と【 二人三脚で結果を出していく仕事 】ですからね。
  
  
だから、私はやる気のある生徒しか相手にしたくない…という事で、
 
積極的に営業をかけないわけです。
  
  
まぁ、学ぶ場所が「はこぶね倶楽部」だろうと、それ以外だろうと、
  
人生を好転させていくのに、
潜在意識内のトラウマを削っていく事は必須です。
  
  
「トラウマを削らずして、人生を大幅に好転させられる!」
  
と言う人がいたら、紛れもない【 ウソツキ野郎 】です。
  
  
人生は、「本人の主体性と考え方」によって創られます。
  
  
で、【 主体性も無いし、自分のアタマを使って考えない… 】
  
そんな人が、良い人生を歩める訳がありません。
  
  
人間が、「思考力・理解力・主体性」を持てず、
  
「奴隷的な思考と行動」を繰り返しているとしたら、
  
それは、主に「トラウマ」が原因です。
  
  
トラウマを解決せずして、奴隷脱却は不可能ですし、
  
トラウマを解決せずして、賢くなることは不可能ですし、
  
トラウマを解決せずして、ポジティブな精神状態を持つことは不可能です。
  
  
そして、過去のトラウマに取り組むとき、
  
必ず【 イヤな気分 】になります。
  
  
それは、「良薬口に苦し」とか、「注射は痛い」とかと同じで、
  
【 良い結果を生み出すために、耐えなければならない不快感 】です。
  
  
「その不快感を乗り越えてまで、
 自分の人生をより良いモノにしていきたいのか?」
  
  
その問いに対する結論が出て、 
 
【 トラウマは見つけ次第削って、いずれ根こそぎゼロにしてやる! 】
  
そういう覚悟が持てた人は、
  
その時点で、ライフワーク確定、アセンション確定でしょう。
  
  
「トラウマを見つけても、そのまま残しておく…」という選択をした人は、
 
ずっと奴隷的思考から抜け出せず、思考力・理解力・主体性も無く、
  
何も変わらず…、
  
というか、むしろ時間とともに悪化していく人生になるでしょう。
  
  
その判断を下すのは、本人自身です。


mixiチェック

haxe501 at 21:23│clip!