2017年02月26日

世の中には、「危険」や「落とし穴」がいっぱい

ポジティブな人生を歩むには、
  
「世の中には、危険や落とし穴がいっぱい存在している」
  
という事実を理解する必要があります。
  
  
例えば、大概の人は、
海外に行くと、貴重品の扱いが日本よりも厳しくなると思います。
  
それは、「海外にはスリが多い」と認識しているからです。
  
  
もし、日本と同じように振る舞っていたら、 
  
貴重品を失ってしまうかも知れません。 
  
  
みなさんが自宅にカギを掛けるのも、犯罪から身を守る為でしょう。
  
  
【 この世には、「危険」や「落とし穴」がいっぱいあって、
  それらから身を守っていく必要がある 】
  
これも、紛れもない真実です。 
  
  
【「危険」や「落とし穴」がいっぱいある 】と思えていない人は、 
 
いわゆる「平和ボケ」をしていて、「危機感」が薄れています。
  
  
しかし、危機感の無い人ほど、
「ネガティブな存在」からすれば【 狙い目 】です。
  
  
危機感の無い人ほど、
  
・ひったくりやすい
・盗みやすい
・騙しやすい
  
という事です。
  
  
目に見える存在だけで無く、
私は「目に見えない存在の恐ろしさ」を知っています。
  
  
先ほども、カフェで隣に座った人が、
めちゃくちゃネガティブなエネルギーを発していて、
  
コンディションが乱され、仕事に集中できなくなったので、
席を移動しました。 
 
 
外見だけしか見なければ、
その人がネガティブかどうか?は、決してわからないでしょう。  
  
  
【 自分の足を引っ張る要素・要因 】は、至る所に存在しています。
  
それを理解しているから、防衛対策を取る事ができます。
  
  
「目に見えないエネルギーの危険さ」を知らない人、認めない人は、
  
【 財布のお金を盗まれても、気付いていないのと同じ 】です。 
  
  
攻撃されていることに気付くから、自分の身を守る事ができます。
  
  
ビジネスの世界でも、
  
優秀な経営者ほど、
「気を抜いたら会社が潰れる!」という危機感を持っています。
    
  
「危機感」が強いから、慎重に、念には念を押して対策します。
  
そうすると、会社は潰れにくくなります。
  
  
逆に、平和ボケしている社長には、危機感がありません。
   
危機感が無いから、対策をしないし、
対策をしないから、カンタンに会社が潰れるのです。
  
  
この世界には、
   
・「他人に与えようとする奉仕精神が強い、良い人」もいれば、
・「他人から奪おうとする、悪い人」もいます。
  
 
目に見えなくても、
   
・自分の引き上げてくれる「ポジティブなエネルギー」もあれば、
・自分を引き下げる「ネガティブなエネルギー」もあります。
  
  
宇宙はバランスですから、【 どっちもある 】のです。
  
  
「どっちもある」とわかるから、 
  
・悪い人からは身を守り、良い人と付き合おう、
・悪いエネルギーからは身を守り、良いエネルギーを浴びよう
  
という風に行動します。 
  
  
そういう建設的な行動をするから、
  
ネガティブな結果を避け、ポジティブな結果を生むことが出来ます。
  
  
「この世には良い人しかいない!」と思ったら、カンタンに騙されます。
  
「この世には悪い人しかいない!」と思ったら、疑心暗鬼になります。
  
  
どちらにバランスが崩れても、ポジティブな結果にはなりません。
  
  
「性善説」と「性悪説」も、バランスを取る必要があります。
  
  
どっちもいるわけで、
  
【「悪い影響」からは身を守り、「良い影響」を積極的に浴びに行く 】
   
そういう方向性が大切です。
  
  
日本は世界の中でも特に平和なので、
  
大きな「危険」や「落とし穴」に遭遇せず、
今まで生きて来れた人も多いでしょう。
  
  
そういう人にとっては、 
 
【 世の中には「危険」や「落とし穴」がいっぱいある! 】
  
と言われても、実感が湧かないかもしれません。
  
  
例えるなら、温室育ちの金持ちのボンボンで、
  
「貧乏な人がこの世に存在している事を知らない」って感じです。
  
  
だから、「自分も貧乏になる可能性がある」なんて、思えないのです。
   
でも、可能性はいつでも、どこにでも存在しています。
  
  
今まで、両親から守られ、過保護に育てられてきた子供は、
  
この世に危険がたくさんある事を知りません。
  
  
危険がある事を知らないから、
  
自分の身を守る必要があることも知りません。 
  
  
結果的に、落とし穴に落ちるのです。
  
  
実際、「大学生」や「新社会人」の人は、
  
傾向として非常に騙されやすい存在です。 
  
  
「世間知らず」だし、「騙す人が居ること」も知らないし、
他人の言うことをホイホイ信じます。
  
  
そういう理由で、
詐欺に遭う「大学生」や「新社会人」は多いのです。
  
  
これも、親が子供に「世間の厳しさ」を教えてこなかったからです。
  
  
子供に、「世の中には危険がたくさんあるよ」って事を教えなかったら、 
 
子供は危機感を持ちませんから、
   
カンタンに騙され、盗まれ、攻撃を受けてしまいます。
  
  
「危険がいっぱい存在している」という事を理解するから、
  
「自分の身は自分で守る必要がある」という認識になり、
  
【 主体性 】も高まります。
  
  
大切な事は、
 
「良い人と悪い人」「良いエネルギーと悪いエネルギー」を
 
キッチリ見分けられるようになる事です。
  
  
最近の子供は、
  
「知らない人に挨拶しちゃいけない」と教わっている様ですが、
  
性悪説に偏りすぎても、バランスが悪いです。 
  
  
犯罪者も存在していますが、良い人もたくさん居る訳ですから。
  
  
大切な事は【 良し悪しを見抜くチカラ 】です。
  
  
この世には、良い人も、悪い人もいる。
  
この世には、良いエネルギーも悪いエネルギーもある。
  
この世には、危険がいっぱいで、自分の身を守らなきゃいけない
 
この世には、サポートもたくさんあって、他人との信頼や助け合いが大切。
  
  
両方バランス良く教えていく必要があります。
  
  
ただ、傾向として、
  
日本には(特に経済的に)平和ボケしている人が多いですし、
目に見えないネガティブエネルギーに対して、無防備な人が多いです。
  
つまり、【 危機感の足りない人 】が多いわけです。
  
  
そういう人は、もうちょっと
  
「世の中の危険さ、厳しさ、シビアさ」を知った方が良いですね。


mixiチェック

haxe501 at 17:29│clip!