2017年02月18日

自分の幸せが最優先

私は、
  
・情熱
・時間
・人間関係
・お金
  
を、両立した生活を送っています。
  
  
それで、昨日の弟子会議では、
「みんなも、そういう生活を送りたくない?」
  
って話をしました。
  
  
「最高のライフスタイルを実現したい」と思えない理由を、
逆算して考えてみると、
  
  
1.まず、「時間」を大切に思えないのは、
  人生に「楽しい事」がたくさんあると思っていないから、
  
2.人生に「楽しい事」がたくさんあると思えていないのは、
  自分には「お金」は稼げないと思っているから、
  
3.自分に「お金」は稼げないと思っているのは、
  他人に高い「価値提供」ができる自信が無いから、
  
4.他人に高い「価値提供」ができる自信が無いのは
  自分が何かを「表現」することに自信が無いから、
  
5.自分の「表現」に自信がないのは、
  他人からの批判を強く恐れる「対人恐怖」があるから。
  
6.「対人恐怖」があるのは、
  自分の主張に「確信」を持っていないから。
  「厳しさ」を裁いていて、許していないから。
  
  
という所まで、掘り下げて説明しました。
  
  
結局、【 対人恐怖(人間不信) 】を無くさない限り、
  
【 ライフスタイルの質を高めることは、絶対に出来ない 】と言う事です。
  
  
ここまで説明したにも関わらず、
  
まだ、
  
「今、自分が抱えている対人恐怖を何としても克服するぞ!」   
と思えていない弟子もいました。
  
  
うーん。 どうしたものかな…?
  
  
まず、本人に【 やる気 】や【 向上心 】が無いと、
どんなに良い話をしても、馬の耳に念仏です。
  
吸収できません。
  
  
なんで、「対人恐怖を克服したい」という
【 やる気・向上心 】が沸かないんだろう?
  
しばらく考えました。
  
  
「向上心(自分を成長させたい、高めたい気持ち)」は、
  
【 自分の人生を良くしたい! 幸せになりたい! 】
  
という気持ちから生まれます。
  
  
【 向上心 】に乏しい人間は、
  
【 そもそも、「幸せになりたい」と思っていない 】と言う事です。
  
  
そこで、閃きました。
  
  
【 あぁ、これは「自分の幸せが最優先」って思えてないな 】って。
  
  
・自分に「幸福追求の権利」を認めていない
・自分に「幸せ」が相応しいと思えていない
    
  
だから、【 向上心 】が沸かないのです。
  
  
なぜ、自分の幸せが最優先と思えていないか?というと、
  
【 自分の両親が、自分よりも「子供の幸せ」を優先していたから 】です。
  
  
そういう育てられ方をしたので、
 
【 自分の幸せは後回し、他人の幸せが優先 】
  
という、「超絶なネガティブ観念」を植え付けられてしまいました。
  
  
  
なぜ、両親が「自分の幸せ」よりも子供の幸せを優先するか?
  
というと、親自身が「自分の存在価値」を感じられないので、
  
子供に何かしてあげる事で、自分の存在価値を感じたかったからです。
  
  
「自分に自信が持てない親」に育てられちゃったから、
  
子供も、自分に自信が持てなくなっている訳です。 
  
  
【 子供のために、親が自分の幸せを犠牲にする 】っていうのは、
  
残念ながら、「逆効果」でしかありません。
  
親が、自分の幸せを抑圧するんだったら、
子供も、自分の幸せを抑圧するように育ちます。
  
  
事実として、
  
自分が「幸せ」だったら、周り人も「ポジティブな影響」を受けます。
周りの人が「幸せ」だったら、自分も「ポジティブな影響」を受けます。
  
  
例えば、
  
自分の友達がみんな金持ちだったら、自分も金持ちになりやすいし、
自分の友達がみんな貧乏だったら、自分は金持ちになりにくいのです。
  
  
周りにいる人同士、影響を与え合っているのです。
  
  
ですから、他人に良い影響を与えたかったら、 
  
自己犠牲的にならず、
まず自分自身が幸せになる必要があります。
  
  
【 自分の幸せが最優先 】と思っていないと、
  
自分も幸せになれないし、他人も幸せになれません。
  
  
そして、【 自分を幸せに出来るのは、自分だけ 】です。
  
他人から強く影響を受けると言っても、
やっぱり根本的には自分で自分を変えなければ、幸せにはなれません。
  
  
「自分の幸せが最優先」と思えていない人は、
  
他人の幸せも、純粋に喜べません。
  
  
他人の幸せを純粋に喜べる人は、
「自分も幸せになれる」と思っているからです。
  
  
「自分は幸せになれない」と思っている人が、幸せそうな人を見ると、
  
表面的には祝うような素振りを見せても、
内心では、「ズルい」とか、「悔しい」とか、【 嫉妬心 】が沸いてきます。
  
  
【 自分の幸せが最優先 】と思えていないと、
  
他人にポジティブな影響を与えられないどころか、
自分の子供にも、「とてつもない悪影響」を与えますし、
  
他人の幸せも素直に喜べず、嫉妬ばかりするようになります。
  
  
「向上心」も持てませんから、学ぶ意欲もありませんし、
どんなに良い話を聞いても、自分に活かそうとすら思えません。
  
  
つまり、デメリットしかありません!(笑)
  
  
なぜ、そんな「デメリットしか無い考え方」をしているのでしょうか?
  
  
私は、
   
・自分一人の時は、徹底的に自分の幸せを考え、追究する
・他人と会っている時は、徹底的に相手の幸せを考え、追究する
   
というポリシーを持って、生きてきました。
  
  
ただ、私の両親は、自分が「社長になりたい」と言っても、
  
「正社員になって欲しい」と思っていました。
  
  
その「両親の要望」は聞けなかった訳ですが、 
  
それは、自分には成功できる自信があったし、
  
自分が成長して社長になった方が、
「両親にとっても良い結果がもたらされる」と確信していたからです。
  
  
「両親の長期的な幸せ」を考えればこそ、
  
「両親の短期的な要望」には応えなかったのです。
  
  
・自分が「幸せ」になること
・自分が「夢」を叶えること
  
【 それが、両親の為でもある 】という確信がありました。
  
  
そして現在、その通りになっています。
  
  
自分がもし両親の言うことを聞いて正社員になっていたら、
  
自分自身はもちろん幸せじゃありませんし、
両親も今ほど幸せでは無かったでしょう。
  
  
【 自分の幸福を追求することで、
  身の回りの人に絶大なポジティブ影響を与えられる 】
  
そういう確信が、私にはありました。
  
  
だから、私は「他人の期待や要望」よりも、
  
【 自分の幸せ、自分の夢 】を最優先にしたのです。
  
  
「他人の期待や要望」のために、「自分の幸せや夢」を犠牲にすると、
 
短期的には、他人の機嫌は良くなるかもしれません。
  
  
でも、長期的には自分も幸せじゃ無いし、他人も幸せじゃありません。
  
  
目先の機嫌を取っても、長期的にはお互い幸せにはなれないのです。
  
  
だから、私は両親の機嫌が悪くなっても、
  
両親の幸せを願い、「自分を成長させる道」を突き進んできました。
  
  
論理的に考えれば、
  
「自分の幸せを最優先」にする事で、
身の回りの人にも、ポジティブな影響を与えられるのです。
   
  
もちろん、自分の幸せを優先しようとすると、
短期的には機嫌が悪くなる人もいるかもしれませんが、
  
そんな事は気にする必要がありません。
  
  
その人は、ただ視野が狭いだけで、勘違いをしているのです。
  
   
逆に、「自分の幸せを犠牲」にすると、
自分が幸せになれないし、他人も幸せになれないのです。
  
  
「向上心」が持てない人は、 
  
【 自分の幸せを最優先 】に考えていません。
  
  
向上心が無ければ、成長できません。 
  
「成長と貢献はセット」です。
  
  
自分が成長せずして、どうやって他人に貢献するのでしょう?
   
  
自分の幸せを大切に出来ない人は、他人に貢献も出来ないのです。
  
  
「自分(親)の幸せを犠牲にして、
 他人(子供)に貢献しようとする人」は
 
多いみたいですが、
     
その行為自体、
【 論理的に破綻していて、逆効果、裏目 】なのです。
    
  
自分が幸せじゃ無いのに、
他人や子供を幸せにできるハズがありません。  
  
  
自分の幸せを最優先にする事で、全てが上手く回り始めるのです。 
  
  
まぁ、ここ最近よく学びましたが、
  
ポジティブな人にとって、当たり前の常識的な考えは、
世間(ネガティブな人々)にとっての非常識ですからね。
  
ポジティブな人が他人に何か教えようとしても、
「当たり前すぎる所」で躓いているので、盲点になっているのです。
  
  
弟子会議で話し合って、ネガティブ心理を研究していく度に、
「そんな所でつまづいてたの?」と、毎回毎回驚きますが、
  
弟子だけで無く、多くの人々が抱えているネガティブ観念でしょう。 
  
  
どう考えても「自分や他人の幸せ」に役立たず、
「デメリットしか無い考え方」に、多くの人がしがみついてますからね。
  
  
向上心が持てない人は、
  
・自分の幸せが最優先と思えていない
・自分が幸せに相応しいと思えていない
  
  
ということは、
  
・自分の幸せが最優先
・自分は幸せに相応しい
  
そう思えたら、自然と向上心も出てきますし、
  
他人の為の義務感で無く、
主体的に自分の為に成長しようと思えます。
  
  
この話も、まず理屈で理解して、検証して、
  
【 自分の幸せを最優先に考える事が、全体にとってベストな事だ 】
  
という風に確信が持てれば、その人の人生が大きく変わるでしょうね。
  
  
  
上記の「内容の理解」に取り組んで、
   
【 自分の幸せが最優先 】と思える事ができたなら、
    
次に、【 対人恐怖の克服 】です。


mixiチェック

haxe501 at 20:45│clip!