2017年01月29日

相性診断ビジネス

【 相性診断ビジネス 】
  
  
以前、「魂の相性度」という記事を書きました。
  
http://growheart.livedoor.biz/archives/52017055.html
  
  
私は、【「人」と「パワーストーン」の相性 】を仕事で見ていますが、
  
「人と人との相性」も、私には解ってしまう訳です。 
  
  
これって、非常に価値の高いスキルだなと思う訳ですが、
  
「ビジネスパートナー」を選ぶも、「結婚相手」を選ぶでも、
この【 相性 】という要素は、非常に重要になってきます。
  
  
特に、真のビジネスパートナーを見つけるのは、
結婚相手を見つけるよりも難しいと言われています。
  
  
私の計測では、
  
相性度が50%を超えないと、共同生活が難しくなってきます。
  
【 相性度が50%以上か、50%以下か…、】
   
それが、結婚生活が上手く行くかどうか?の、分かれ目でもあります。
  
  
相性度が高ければ高いほど、
一緒に居ても気を遣わず、精神的に疲れないという事です。
  
  
しかし、私が見る限り、相性度が30%、40%程度でも、
結婚しちゃっている人も多い訳ですが、
  
時々デートする恋人くらいなら良いかもしれませんが、
相性度が低ければ、一緒に暮らしていくのは難しいでしょう。
  
  
もちろん、どんなに相性が良くても、
  
互いに責任をなすり付け合う様な姿勢では、
どんな人間関係でも上手く行きません。
 
  
全ての人間関係を良好に保つコツは、
互いに「自分の側に原因がある」と考え、
  
相手に変わってもらうのを期待するより、
「まず、自分から変わろう」とする事です。
  
  
ただ、どんなに精神性を高めようとも、
相性によって、適度な心の距離感というのは決まっています。
  
  
相性度が30%、40%程度でも、
異性として好きになってしまう事はありますし、
  
その流れで結婚してしまう事もよくあるのでしょうが、
「恋愛」と「結婚」は別です。
  
  
結婚(共同生活)には、男女関係に加えて、
【「生活」や「経済」という要素 】が、大きく関わってくるからです。 
  
  
予め、相手との相性度が低いことがわかっていれば、
結婚相手を間違えることもなくなりそうです。
  
  
相性度が低くても結婚してしまう人は、
「早く結婚しなきゃイケナイ!」という様な、
  
社会通念を信じているからでしょうね。
  
  
異性として好きな相手でも、
相性度がそれほど高くない事はあります。
  
ですから、「カンタンに別れられる恋愛」は気軽にしても、
「カンタンに別れられない結婚」には、慎重にならなければなりません。
  
  
自分が相手に好感を持っていても、相性度が高くない事はありますし、
  
相性度が高くないと、
長期的に関係を維持していくことは難しいのです。
  
  
相性度が低いと、
結婚であれば、同じ家に暮らしていても、
  
コミュニケーション量が少なかったり、 
片一方がずっと外に出ていて、顔を合わる機会が少なくなるでしょう。
  
つまり、仮面夫婦になってしまいます。
  
  
結婚相手や、ビジネスパートナーを選ぶ際には、
この「相性度」の自覚は、非常に重要な要素になってくるでしょう。
  
  
あとは、複数のメンバーで仕事をする時にも、
  
【 誰と誰は相性が良い 】と言う事がわかっていれば、
コミュニケーションもスムーズに取りやすくなります。
  
  
人が集まる交流イベントでの組み合わせや、
ビジネスメンバーの編成にも、
  
この相性度は、非常に有効に活用できるでしょう。
  
  
私は、はこぶね倶楽部メンバー同士の相性を計測して、
国本さんに伝えていますので、
  
「誰と誰を会わせれば良いか?」という
イベント時や、コミュニティ運営にも有効活用しています。
  
  
星座占いや、動物占いなどでも、相性診断はありますが、
  
私の場合、カテゴリに当てはめて決めるのではなく、
個別の波動を読み取って相性を計測していますから、
  
精度がまったく違います。
  
  
・結婚相手の診断
・チームメンバーの編成
・交流イベント、コミュニティ運営
  
などに、「相性度計測」は威力を発揮します。 
  
  
「企業からの依頼」については、料金と内容は応相談ですが、
  
一般向けには、パワーストーン選定サービスのように、
決まったフォーマットのサービスを作っても良いかもしれません。
  
  
また、非常に価値の高いサービスを思いついてしまいました。


mixiチェック

haxe501 at 01:33│clip!