2017年01月26日

平等と公平

「貧富の差」や「格差社会」が問題だという人がいます。
  
一部の金持ちが富をたくさん所有しているから、
それが問題だというのです。
  
  
そもそも、そういう考え方自体が、
金持ちと貧乏人の差を生み出す、諸悪の根源的発想ですし、
  
問題の本質を捉えていません。
  
  
調和が取れたベストな状態とは、
  
スタートは「平等」で、
ゴールはそれぞれの努力次第で不平等になる。
  
それこそが、「公平」です。
  
  
マラソンとまったく同じです。
  
スタート地点は同じでも、ゴールタイムは人それぞれです。
  
  
だいたい、金持ちって言っても、
  
代々の財産を受け継いでいる人よりも、
平凡な家の出から、一代でお金持ちになった人の方が多いのです。
  
スタート地点が、平凡や貧しい家庭の生まれで、
そこから「お金持ち」になったとしたら、完全に自分の実力です。
  
  
どこにも、不平等や不公平は存在していません。
  
  
結果が不平等になるのは当然です。
  
それは、本人の「努力の差」だからです。
  
  
平等であるべきは、スタート地点、つまりチャンスです。
 
チャンスは、誰にでも平等に与えられるべきです。
  
  
しかし、誰もが同じように努力をする訳ではありません。
  
 
だから、【 結果に差が出るのは当然のこと 】です。
  
結果に差が出なかったら、それこそ【 不公平 】です。
  
  
ですから、「貧富の差を何とかするべきだ」というのであれば、
  
一方的に、金持ちが悪いというのではなく、
  
【 誰に対してもチャンスが与えられているのだろうか? 】
 
と言う事を考え、
  
【 平等なチャンス 】を広げる努力をするべきです。
  
  
金持ちが悪いと思っている人間は、
  
チャンス(スタート)ではなく、
「結果(ゴール)」を平等にしたい
  
と思っている訳です。
  
 
それは、
「自分は努力せずに、結果を手にしたい」と言うことですから、
  
まったくもって、【 不公平な思想 】をしている訳です。
  
  
金持ちが悪いと責めても、貧富の差は解消しません。
  
  
貧富の差を縮めるには、
    
「金持ち」が変わるのではなく、
「貧乏人」の方が変わらなければならないからです。
  
  
貧乏人に対して、
等しく「チャンス・教育」を投資する事が、最善の方法です。
  
  
「金持ちの方が変われ!」って言ってる人は、依存的なのです。
  
  
金持ちになる人間は、
自分を変革することを繰り返して、金持ちになっていますから、
  
充分に変わっているのです。
  
  
一方、貧乏人は自分を変えない、成長させないから、
貧乏人のままなのです。
  
  
っていう、私が言っているような事の【 教育 】が、
  
真っ先に必要です。
  
  
なぜなら、ほとんどの人は、
  
【 何が問題か? 】を解っていないからです。
  
  
他にも、経済格差が教育格差に繋がっているから、
それが問題だと言う人がいます。
  
それは、まぁまぁ正しい主張です。
  
  
ただ、インターネットがこれだけ発達しているご時世、
  
「価値ある情報」も、無料でいくらでも手に入ります。
  
  
そういう状況の中では、【 本人の学ぶ意欲の方 】が大事です。
  
  
昔と違って、
「貧乏で本が買えないから、情報が得られない…」
  
という時代では無いのです。
  
(※ 発展途上国では、まだそういう状況はあるでしょうが)
  
  
インターネットがあれば、いくらでも学べます。
  
お金の問題ではありません。
  
  
私がお金を持っていなくても、インターネットがあれば、
  
何とか工夫して子供に教育するでしょうし、
自分自身も工夫して学びます。   
  
  
そもそも、高い学費を払って学校に入れないと、
満足な教育を受けられないっていう発想自体が間違っています。
  
学校なんかに行かなくても、
本人の好奇心さえあれば、人はいくらでも学べるのです。
  
  
ですから、一番最初に、
  
【 金なんて無くても、工夫すればいくらでも学べる 】
【 貧乏であることを、金持ちのせいにするな! 】
  
っていう教育が必要なのです。
  
  
巷の経済学者も、ここら辺をわかっていません。
  
  
貧富の差の原因を、金持ちのせいにして、
  
金持ちを引きずり降ろして、
「自分たちは努力せずに良い目を見たい」という、
  
依存根性にまみれています。 
  
  
ある意味、共産主義的な思想です。
  
  
その腐った根性を先に叩き直さないと、
貧富の差の問題など、解決しません。
  
  
価値ある知識、学びは、
いくらでもインターネット上に転がっています。 
  
私の投稿する記事も、そのひとつですが、
私以外にも、同じような事をしている人はたくさん居るでしょう。 
  
  
私は、「平等なチャンス」を広げる目的で、
無料の記事を投稿しています。
  
  
一番大事なのは、お金ではなく、【 本人の主体性 】です。
  
本人の主体性無しには、学べないし、金持ちにもなれません。
  
  
貧しい人は、
  
自分が貧しいことを自分以外のせいにしていて、
主体性が持てないから、貧しいのです。
  
  
そこが、根本理由なのです。
  
  
そして、主体性を持つには、
  
【 他人に過度に依存するな! 他人のせいにするな! 】
  
って事です。
  
  
まず、経済格差を語る前に、
  
そっからの心理や道徳的な教育の方が、先なのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:01│clip!