2016年12月29日

研究のレベルの高さ

私の研究のレベルの高さを解りやすく表すには、
  
「フェルマーの最終定理」がわかりやすいと思います。
  
  
※ フェルマーの最終定理
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%AE%9A%E7%90%86
  
  
フェルマーの最終定理は、
見た目が非常にシンプルな公式です。
  
  
「xn+yn=zn」(nは累乗)
  
【 nが、2の時は成り立つけど、3以上の場合は成り立たない 】
  
って話ですから。 
   
  
しかし、「なぜそうなるのか?」
  
というメカニズムを解明することは、容易ではなく、
  
過去、数々の数学者がメカニズムを解き明かそうとして、
できなかった数学的問題なのです。
   
※ 数学では、「メカニズムを解き明かすこと」を【 証明 】と言います。
  
  
しかし近年、そのメカニズムを解き明かした数学者がいて、
  
その人は、このメカニズムを説き明かすために、
7年以上の年月を費やしたのです。
  
「どんだけ!?」って感じですね(笑)
  
  
で、そのフェルマーの最終定理の
メカニズムを解明した論文がネット上にありますが、
  
「A4 109ページ」にも及ぶ論文となっています。
    
http://math.stanford.edu/~lekheng/flt/wiles.pdf
  
  
  
「xn+yn=zn」(nは累乗)
  
【 nが、2の時は成り立つけど、3以上の場合は成り立たない 】
  
  
非常にシンプルに見えますが、
  
そのメカニズムをきちんと理解するには、
「109ページの論文」を読んで、理解しなければなりません。
  
  
私も、
  
【 人生の質を高める = 自信が大事だ、人生観が大事だ 】
  
という、一見シンプルなメカニズムを「証明」した訳ですが、
  
「なぜそうなるのか?」というメカニズムを本当に理解するのは、
  
容易な事では無いでしょう。
  
  
「宇宙人をチャネリングしたチャネラーがそう言ってたからそうなんだ!」
  
というのは、ただの盲信であって、メカニズムの証明ではありません。
  
  
証明というのは、
  
誰もがそうだとわかる、認めざるを得ないカタチで、
「理屈」と「論理」によって証明しなければなりません。
  
  
「この公式は、宇宙人が言ってたからきっと合ってるだろう…」
  
なんて言うのとは、まったく違うんです。
  
そういう盲信している人は、まったく理屈が理解できていません。
  
  
「理屈が理解できていない人」は、
数学で言うと「公式や方程式を理解できていない人」ですから、
  
問題もきちんと解ける訳がありません。
  
  
私も、心理を研究し始めて、今で13年目です。
  
13年も研究し続けて、ようやく解き明かせたメカニズムなのです。
  
  
しかし、「フェルマーの最終定理」の様に、
  
見た目が非常にシンプルに見えますから、そのスゴさがわかりにくいのです。
  
  
「xn+yn=zn」(nは累乗)
  
【 nが、2の時は成り立つけど、3以上の場合は成り立たない 】
  
  
このメカニズムを解明することの難しさは、
  
証明にチャレンジした数学者にしかわからないでしょう。
  
  
フェルマーの最終定理は、
過去に数々の数学者がチャレンジして解けなかった問題(証明)を、
  
近年の数学者が解き明かしたという話です。
  
  
「心理、自己啓発、経済」の分野についても、
過去に数々の人がチャレンジして、解き明かせなかった問題を、
私が解いたのです。
  
  
学会ってモノがあって、そこに私が出られるなら、
論文発表したいですよ(笑)  
  
  
でも、「数学」は「スポーツ」と同じで、
  
何が正しいか、どっちが強いか、
【 誰の目にも明らか 】という分野なので良いですが、
    
  
「医療」や「科学」「歴史」「考古学」の分野だと、
  
既存の学説を覆すような、
あまりにも新しい説は、なかなか受け入れられません。
  
  
・過去を否定されたくない
・自分たちを否定されたくない
・利権が絡んでいる
  
などの理由によって。
  
  
例えば、過去にフリーエネルギーを研究・発明していた研究者も、
石油利権を持つ人々に潰されたりした訳です。
   
ニコラ・テスラも、そうやって潰されました。
  
  
革新的で、飛び抜けて優れている人は、認められないのです。 
  
  
ですから、「数学」や「スポーツ」はわかりやすいですけど、
  
その他の分野であれば、学会も完全に信頼できる訳ではありません。
  
  
研究者だって人間ですから、生きるにはお金が必要です。
  
だから、「お金がもらえない研究」は、普通やりたがりません。
  
  
研究者は、研究にお金を回してくれ、投資してくれと思っているでしょう。
  
  
しかし、私は自分の研究にお金を出してもらった事はありません。
  
全て自前です(笑)
  
  
まぁ、生活費に困って家族を頼ったことはたくさんありますが(笑)
  
  
「大学からお金もらって研究して、
 研究成果が良ければ、公に発表できて認められる」
  
めちゃくちゃ、恵まれてますよね。  
  
  
私には、そういった部分では何も無いです(笑)
  
  
何時になったら、私の研究成果が、
「アカデミックな場、公の場」に出るのでしょうか?
  
  
20代の頃から、首を長くして待っているんですけど、
  
なかなか時代が追いついてきませんね。


mixiチェック

haxe501 at 18:15│clip!