2016年12月30日

「人生観」と「お金」

先日、弟子の吉田さんに会った時に、
「どれくらい人生観は変わりましたか?」
  
って話をしました。
  
  
まぁ、かなり進んでいますけど、
まだまだ完全にポジティブという訳では無かったので、
  
その理由を話し合って探ってみることにしました。
  
  
で、いろいろ喋った結果、
  
・自分で「お金」を稼げる自信が無い
・自分では「お金」はどうにもならない 
  
と思っている事が、ネックになっているとわかりました。
  
  
確かに、お金で解決できる領域は多いです。
  
  
人生において、「お金の自由」を封じられたら、
かなりの部分で不自由になってしまうでしょう。
  
  
逆に言うと、
  
【 お金は、自分次第で好きなだけ稼げる! 】
  
という気持ちになれたなら、
  
「ポジティブな人生観」を持てるようになるハズです。
  
  
そこで、吉田さんに対して、
いろいろ「お金の本質」について解説した結果、
   
・自分も豊かになれる気がしてきた!
・自分もお金を得られる気がしてきた!
  
という感覚が得られたようです。
  
  
まぁ、今まで「お金」については散々語ってきましたが、
  
相手の情報を受け取る器が無ければ、
同じ話をいくらしても通じませんからね(笑)
  
  
この社会に生きるほとんどの人は、
  
【 お金を稼ぐ事は難しい 】と思っています。  
  
  
なぜなら、「雇われる」という手段しか知らないからです。
  
  
他にも、いろんな手段があるにも関わらず、
  
「雇われる」という手段しか知らないから、
経済的に苦しくなってしまうのです。
  
  
お金を稼ぐのは難しい…、それは全くの誤解です。
  
確かに、カンタンではありません。
  
  
「カンタンにお金が稼げる」などとは、決して言いません。
  
  
しかし、お金を得るためにやるべき事は、
まったく複雑などでは無く、非常にシンプルなのです。
  
  
そして、そのシンプルな事を続ければ、誰でも豊かになれます。
  
  
シンプルな事を続けるのは、大変な事かも知れません。
  
でも、続ければ豊かになれるのです。
  
  
登山やマラソンとまったく同じです。
  
  
やるべき事は、一歩ずつ歩むことです。
  
非常にシンプルです。
  
  
しかし、それを続ければ、いつか山頂、ゴールに辿り着く訳です。
  
登山やマラソンはカンタンでしょうか? そうでは無いでしょう。
  
  
歩き続けるのは、大変です。
  
  
でも、やるべき事はシンプルなのです。
  
  
諦めずに頑張れば、誰でも山頂に辿り着けるのです。
  
  
そして、もうひとつ、お金に対する大きな誤解は、
  
【 お金を受け取る事は、相手から奪うことだ 】
  
というイメージです。
  
  
経済は、【 交換 】が原則です。
  
  
・他人に価値を与えるには、自分が受け取らなければなりません。 
・自分が価値を受け取りたければ、他人に与えなければなりません。
  
   
これが、原則です。
  
  
ですから、相手に価値を与えたときに、
 
「対価・報酬を受け取ること」は、
本人が好む、好まざるに関係無く、【 避けられない事 】なのです。
  
  
もし、無償で他者に価値を与え続けようとしても、
それは過保護になりますから、長くは続きません。
  
  
過度に与える事で、相手は依存し続け、自立心を失います。
  
与える側も疲弊してくるので、いつかは破綻します。
  
  
私は、与えたい気持ちがとても強いです。
  
  
別に報酬が無くても、タダでも与えたいくらいなので、
無償でブログを書いていますが、
    
私の情報を理解できるは、他者に良い情報を与えている人です。
  
  
徳の高い人が私の記事を読めば、理解できるでしょうが、
  
徳の低い人が私の記事を読んでも、何も理解できないでしょう。
  
  
自ら与えなければ、相応の価値を受け取れないのです。
  
  
ですから、私の与える価値を存分に受け取りたい人は、
  
私にお金を払って、お客さんになってもらうしかありません。
  
  
そういう「対価を支払う気持ち」が無い人には、
私は与えたくても、与えられないのです。
  
  
私は、与えるためにも、受け取らなければならないのです。
  
  
それに、人間は助け合う事で、より大きな価値が生み出せるわけです。 
  
  
例えば、「木こり」と「大工」がいて、
  
木こりは木を切って、大工は家を建てます。
  
  
「木こり」だけでも、「大工」だけでも、家は建たないのです。
  
  
二人が協力し合って、家が建つのです。
  
協力しなければ、家は建ちません。 
  
  
この世に何も価値は生まれないのです。
  
  
人間は、それぞれ役割や才能が違う訳ですから、
  
助け合えば助け合うほど、より大きな価値を生み出せるのです。
  
  
  
【 経済は交換が原則 】という事がわかれば、
  
他者に与えれば与えるほど、自分は豊かになれると言う事です。
  
  
しかも、自分が豊かになって、誰も損する人はいないし、 
 
むしろ、自分が豊かになって喜ぶ人ばかりです。
  
  
詐欺では無く、まっとうな仕事をしてお金を得る事に、
悪い事は一切無く、良い事しかありません。 
  
  
しかし、多くの人は、
  
まず、「自分も他人の役に立てるんだ!」と思っていません。 
 
  
【 他人に高い価値を提供できる自信 】が無いのです。
  
  
まずは、その自信を身に付けなければなりません。
  
  
  
そしてもうひとつは、 
  
対人恐怖が強すぎて、他人と関係を築く事に抵抗があったり、
「他人に対する奉仕精神」が持てずにいたりします。
  
  
ですから、豊かになる為にやるべき事は、【 対人恐怖の克服 】です。
  
  
【 対人恐怖 】は、自分の豊かさにブレーキを掛ける存在です。
  
  
豊かになりたければ、
  
まず「他人に対する恐怖・対人恐怖」をクリアにする必要があります。
   
   
【 「自分も他人に高い価値を提供できる」という自信を身に付け、
  「対人恐怖」を克服する 】
  
  
これが、他人に価値を与え、豊かになる為に必要不可欠なのです。
  
  
会社からもらう給料以外にも、お金を受け取る手段はいろいろあります。
  
  
自分が勤めている会社との関係が良好でも、
  
それ以外の他人との関係が悪ければ、
他のルートからお金を得ることはできません。
  
  
自分にお金を持ってきてくれるのは、いつでも他人です。
  
  
ですから、他人との関係が良くないと、お金は手に入らないのです。
  
  
お金うんぬんより、まずは【 人間関係 】が大事なのです。
  
  
・「他人に高い価値を提供できる自信」を身に付ける
  
・「対人恐怖」を克服する
  
・他人に全力で価値を提供し続ける
   
・「お金の本質」を理解し、
 スムーズに相手からお金(対価)を受け取れるメンタルになる
   
   
それをやり続ける事ができれば、誰でも豊かになれます。
  
つまり、お金を稼ぐ事はできるのです。
  
  
対人恐怖が強い人にとっては、
  
対人恐怖を乗り越える事は、非常に大きな試練となるでしょう。
  
  
しかし、複雑な事は何もありません。
  
  
登山やマラソンと同じく、シンプルな事を一歩ずつやり続けるだけです。
  
  
大変かも知れないけど、
  
【 シンプルな事をやり続ければ、自分も豊かになれる、お金を稼げる 】
   
そういう気持ちになれたら、
   
ポジティブな人生観を持つ事が出来るでしょう。


mixiチェック

haxe501 at 17:48│clip!