2016年12月27日

貧富のメカニズム

最近、楽天マガジンというアプリを、
iPadにインストールしました。
  
定額で、雑誌が読み放題のサービスです。
  
 
私は、普段雑誌を買ったりしないのですが、
  
いろんな雑誌の、読みたい記事だけ抜粋して読めるなら、
コストパフォーマンス的に良いんじゃ無いか?
  
と思ったからです。
  
  
で、私は社会問題に関心があるので、
「貧困特集」の記事を読んでみました。
  
  
で、経済的に貧しい人の生活っぷりが描かれているのですが、
  
私は、「何とかしてあげたいな」って気持ちが湧いてきます。
  
  
私も、不幸、貧乏は経験済みですから、
 
【 他人の苦しみに共感できるから 】です。
  
  
むしろ、「そんなに苦しんでいない人」には共感できません(笑)
  
  
で、発展途上国とは違ってチャンスだらけの日本において
なんで貧しさから抜け出せない人がいるのか?
  
って事なんですけど、
  
それは、【 貧富の差を生む原因・メカニズム 】が、
  
世の中に理解されていないからだなって思う訳です。
  
  
貧しい人は、「なぜ自分が貧しいのか?」
  
と言う事を、理解していないと思います。
  
  
まぁ、富める人も、「なぜ自分が富んでいるのか?」
  
を、理解していないと思いますが。
  
  
巷で「成功法則」や「成功哲学」が学ばれていても、
成功する人が少ないのは、
  
その【「成功法則」や「成功哲学」が不完全だから 】です。
  
  
人々は、【 貧富の原因 】が正確に理解できていないのです。
  
  
今まで、非常に非常にたくさんの人々が、
「貧富」をテーマに研究してきたと思いますが、
  
根本原因・根本メカニズムに辿り着いた人は(ほぼ)いない訳です。
  
     
私を除いて(笑)  
  
  
私は根本原因に辿り着きましたからね。
  
  
貧しい人の多くは、「条件の良い仕事」を求めていると思います。
  
そして、
  
【「条件の良い仕事」が無いから、自分は貧しいんだ 】と思っています。
  
  
そして、「条件の良い仕事」には、「資格」が必要で、
  
資格を取らなきゃいけない、頭が良くないといけないと思っている。
  
  
それが、【 世間の常識 】でしょう。 
    
  
それが、間違いですね。
  
  
難関試験を突破した弁護士ですら、
経済的に豊かで無い人もいるのです。
  
  
資格を取った人が、全員豊かになれる訳ではありません。
  
  
逆に、資格が無くても豊かな人はいます。 
  
  
私も資格を持っていませんから(笑)
  
  
  
豊かな人は、
  
・社交性がある、人間関係を大切にしている、対人恐怖が少ない
・自分は他人に高い価値を提供できると思っている
  
という所が本質的な部分なのです。
  
  
要は、「自信」と「社交性」です。
  
  
その二つが備わっている人は、積極的に行動します。
  
そして、行動するから、良い結果が生まれるのです。
  
  
貧しい人の多くは、自分に自信が無く、対人恐怖も強いのです。
  
  
対人恐怖が強いと、社交性が低くなりますし、
社交的で無い人は、会社組織にいても上手く馴染めません。
  
  
私の弟子の佐々木さんという人は、
  
まぁ、元々社交性に乏しい人でしたけどね。
  
  
私の指導・サポート、本人の努力・経験で、
今ではかなり社交性が高まりました。
  
  
だからこそ、【 より条件の良い仕事 】が得られるのです。
  
  
さらに、「自信」と「社交性」が高ければ、
職場でも上手く馴染めますし、同僚からも重宝されます。
  
  
こういうメカニズムが広く広まれば、
  
学校教育や、行政の行う職業訓練などの質も上がるでしょうけどね。
  
  
まぁ、資格を取ることで、自信に繋がる人もいますし、
  
それが本人にとっての自信を得る為の許可証であれば、
それでもいいんですけど、
  
資格取得じゃ無くても自信は身に付けられますし、
  
根本は、【 自信 】だという事です。
  
  
「じゃあ、自信と社交性ってどうやったら高めたらいいの?」
  
って話になったときに、私の創ったメソッドが極めて有効な訳です。
  
  
「自信と社交性が備わっている人が、
 さらに豊かになるには、どうすれば良いのか?」
  
って話もありますし、それについても私は語れますが、
  
まずは「基本・基礎」が大事です。
  
  
で、自信を高める方法を教えても、自分の為にやらない人は、
  
「自分の幸せの為に何かをする事」を許せていません。
  
  
そういう人は、人生観自体がネガティブです。
  
  
キリスト教の、「生まれながらにして罪を背負っている」
  
という概念でも信じているのでしょうか。
  
  
そんなのは、民衆をうまくコントロールする為に、
為政者が創り上げたウソっぱちです。
  
  
奴隷DNAの影響で、それを信じてしまうのでしょう。
  
  
「人生観を塗り替える方法」を伝えて、
それでもダメな人については、今は研究中ですが、
  
テロリストに世界平和のヴィジョンを理解させられないように、
  
何事にも、他人に理解させるには限界があります。
  
  
私は、どんなにわかりやすく伝えても、
  
相手が理解する気がなければ、
感情的になって、論理的思考など吹っ飛んで、
  
まったく理解できないという事を知っています。
  
  
だから、価値ある情報に触れても、
それを積極的に吸収しようとしない人は、そこまでだと思います。
  
  
それでもダメな人は、現実で苦しむしか無いと思います。
  
  
この世の不幸は、
「不幸な人、貧しい人が存在している事」では無く、
   
人生を変えられる素質ある人にチャンスや情報が届いていない事です。
  
  
「チャンス」や「情報」を得ていても、
自分の人生を変えようとしない人も、たくさんいます。
  
  
むしろ、「チャンス」や「情報」が目の前にあっても、
変わろうとしない人の方が多いでしょう。
  
  
高次元存在は、
常に「チャンス」や「情報」をもたらしてくれています。
  
  
それを受け取ろうとしない人は、もうどうしようも無いのです。
  
  
ただ、「チャンス」や「情報」が充分に広まっているか?  
  
というと、そうでも無いと思います。
  
  
ですから、「チャンス」や「情報」を広めることには、
  
意義があると思う訳です。


mixiチェック

haxe501 at 08:00│clip!