2016年12月05日

正攻法が一番

「他人に価値を提供せずにお金を稼いでいる人もいますよね?」
  
って言われたら、その通りです。
  
  
「投機家、ギャンブラー、詐欺師、泥棒」などがその代表例です。
  
  
「合法、違法の違い」はありますが、
   
「合法なら別にいいじゃん!」っていうのが、
投機家やギャンブラーの主張でしょう。
  
  
他人に価値を提供せず、他人からお金を奪っている様な人は、
何らかの理由で、自分の持っているお金を失います。
  
  
お金を失う理由としては、
  
・無駄遣いしてしまう
・騙される
・投資で失敗する
・不測の事態でお金が出て行く
  
などです。
  
  
「ビジネスで成功した人は、よく投資で失敗する」
  
なんて言われますが、
  
私に言わせれば、
  
【 お客さんに「役に立たないモノ」を売ったカルマで、
  次は、自分が「役に立たないモノ」を掴まされた 】
  
という事です。
  
  
私は、数々のビジネス成功者を観察してきましたが、
  
特に「強引なセールス」によって成功している人は、
だいたい「お金を失うような事態」に遭遇しています。
  
  
まぁ、自分の失敗談をわざわざ人に語らない人も多いですが…。
  
  
  
他人に価値を提供せずにお金を手に入れている人は、
一時的にお金を持っている様に見えても、
    
長い目でみれば、必ずバランスを取りますから、
  
しばらくしたら、「お金を失う事態」に遭遇します。
  
  
もし、その人がお金を持ち続けられているとしたら、
  
「ちゃんと他人に価値を提供している」と言う事です。
  
  
だいたい、経済的に成功している人は、
「他人にも豊かになって欲しい」と思っている人が多いですからね。
  
「他人を豊かにするカルマ」を積んでいる人も多いのです。
  
  
もう少し時代が進めば、
  
【 他人に価値を提供せず、お金を得ることは不可能な社会 】になります。
  
  
今はネガティブな社会なので、
  
他人に価値を提供せず、お金を稼げている人も確かに存在しています。
  
  
でもそういう人は、時代が進めば必ず淘汰されます。
  
  
「いずれ上手く行かなくなる」とわかっている方法を研究しても、
  
長期的には得策ではありません。
  
  
ですから、「ラクな儲け話」なんかに耳を貸さず、
  
愚直に、自分の【 他人に価値を提供するチカラ 】を磨いた方が、
  
長い目で見れば、「確実に経済力を身に付ける道」なのです。


mixiチェック

haxe501 at 17:58│clip!