2016年12月02日

悪いと勘違いしている事を減らすには?

ここ数日の記事で、
  
1.「本質、法則」への理解を深める
2.「自信」を高める
3.「悪い」と勘違いしている事を減らす
  
という事が、
  
幸せになろうとする上で、豊かになろうとする上で、
自分の生活や人生の質を改善しようとする上で、
    
根本的に必要な事である…、
    
という事をお伝えしてきました。
  
  
本質、法則への理解を深めるには、
何よりも、「素直さ」と「謙虚さ」が必要です。
  
  
「優等生病の人」は、
  
【 そんな事、言われなくてもわかってるよ! 】
という台詞を吐きますが、
  
そういう台詞を吐いている時点で、
素直でも謙虚でもありませんし、
  
素直でも謙虚でも無いと言う事は、
即ち、「理解度が低い」と言う事です。
  
  
私は、「学ぶ意欲」が非常に強いですが、
  
それは、【 自分にはまだまだ知らない事がある 】と思っているからです。
  
  
「自分は知ってる、自分はわかってる」
  
そういう台詞を吐く人は、「学ぶ意欲」が低い状態です。
  
  
学ぶ意欲が低いので、
  
「上辺の知識」を知っただけで、何でもわかったつもりになって、
「深い部分」をまったく理解できていないのです。 
  
  
「学ぶ意欲」が強い人は、
自分が知らない事、自分が理解できていない事にフォーカスします。
  
だからこそ、知識も増え続けるし、理解力も高まります。
  
  
優等生病で、
「知ったつもり、わかったつもりになっている人」は、
  
「学ぶ意欲」が低いので、「最善、最良、最適な判断」もできずに、
結果的に、「失敗や遠回り」をする事になります。
  
  
優等生病を治療するのに、「最適な治療薬」は、
  
【 現実で思いっきり痛い目を見る事 】です(笑)
  
  
人間は、現実で痛い目を見て、
  
「今の自分の実力では、この問題は解決できない」と思った時に、
  
他人を頼ろうとか、他人から素直に学ぼうと思いますからね。
  
  
人間の「愚かさ」は、「痛い目」を見ないと治りません。
  
  
で、ここからが本題ですが、
  
宇宙には、本質的に「善悪」が存在していません。
  
  
「善悪」とは、【 人間が創り出した価値観 】です。
  
  
宇宙では、全てに価値がありますが、
    
     
「善悪の価値観」をカンタンに言うと、
   
【 ○○には価値が無い 】という思想です。
   
    
「○○は悪い、○○は悪だ」という考えは、
   
言い換えると、「○○には価値が無い」という事です。
  
  
「○○には価値が無い」
「〇〇は悪い」と決め付けている事が多い人ほど、
   
抱えている罪悪感も多く、自分に自信が持て無いのです。
  
  
  
人間が「悪い」と思っている事は、
【 宇宙の視点から見ると、ただの「勘違い」】なのです。
  
  
悪くも無い事を、悪いと決めつけて、勘違いしているのです。
     
  
その「勘違い」を無くせば無くすほど、
  
人は自分に自信が持てるようになり、幸せになります。
  
  
  
例えば、「自慢は悪い事だ!」と思っている人は多いです。
  
でも、「自慢する事が悪い」と言うのであれば、
   
自社の商品の価値をアピールする、
企業の広告宣伝も「全てが悪」という事になります。
  
  
広告宣伝によって、
商品の存在を知り、購入し、喜ぶ人もいます。
  
  
ですから、「自慢が他人の役に立つ事」もあります。
  
  
あとは、「他人の感情を傷つけるのは悪い事だ」
  
と思っている人も多いでしょう。
  
  
でも、教育する上では、
  
相手にイヤな気持ちをさせてでも、
教えなければならない事があります。
  
  
代表的な例が、「子供への躾け」です。
  
  
子供を叱ると、子供はイヤな気持ちをするかもしれませんが、
  
まったく子供を叱られないとなると、
「甘やかされて育った子供」になってしまいます。
  
  
甘やかされて育った子供は、
社会の中でまともに生きていけません。
  
  
ですから、相手にイヤな気持ちをさせてでも、
何かを伝えた方がポジティブな結果を生む場合もあります。  
  
  
このように、
自分が「悪い」と決めつけている事は、【 全てが勘違い 】です。
  
  
状況によっては、
「自慢」も必要だし、「相手の感情を傷つける事」も必要なのです。
  
  
  
他にも極論を言えば、
【「人殺し」は悪い事だ 】と思っている人がいるとします。 
  
  
でも、街で「殺人鬼」が暴れ回っていると、
警察官に射殺される場合があります。
  
  
やむを得ず、殺人鬼を射殺する事は、悪い事でしょうか?
  
殺人鬼を殺す事で、
結果的に「他の大勢の人の命」を救う事になります。
  
  
状況によっては、「人殺し」をした方が、
全体にとってポジティブな結果を生む場合もある訳です。
  
  
「暴力が悪い」と思っている人もいますが、
  
映画やアニメに出てくる正義のヒーローは、
だいたい暴力を使って、人を守り、平和を守っています。
  
状況によっては、「暴力」も「怒り」も必要なのです。
  
  
状況によっては、
「他人を見捨てること」でポジティブな結果を生む場合もあります。
  
    
状況によっては、「ウソ」や「隠し事」をする事で、
ポジティブな結果を生む場合もあります。
  
  
例えば、宇宙人がUFOでいきなり着陸してこないのも、
「人々がパニックにならないように配慮している」という側面もあります。
  
  
【 状況によっては、あらゆる事が必要になるんだ 】と思った時に、
  
「自分が悪いと勘違いしている事」が減っていきます。
  
  
他人が聞いてもいないのに、「自己主張するのは悪い事」だ   
と思っている人もいるでしょうが、
  
それが悪い事であれば、あらゆる情報が広まりません。
  
  
自分が何かしらの価値ある情報を受け取っているのは、
「自己主張している人のおかげ」です。
  
  
真面目な人は、不真面目な人を裁いています。
   
不真面目な人は、真面目な人を裁いています。
  
  
でも、時と場合によって、両方が必要なのです。
  
  
片一方を裁いていると、
【 自分は「片一方のカード」しか使えない 】と言う事です。
  
  
許している人は、状況に応じて「両方のカード」を使えます。
  
  
「裁く」という事は、【 片一方のカードしか使えない 】ということ。
「許す」と言う事は、【 両方のカードを使える 】ということです。
  
  
例えば、状況によっては、
  
相手に「厳しく」した方が良い場合もあるし、
相手に「優しく」した方が良い場合もあります。
  
  
私は、「厳しさ」を許しているので、両方のカードを使えます。
  
  
でも、「厳しさ」を裁いている人は、
「厳しさ」のカードを使えず、「優しさ」のカードしか使えません。 
  
  
たとえ、「厳しくした方が良い相手」が目の前に来ても、
【 まったく適切に対処できない 】と言う事です。
  
  
暴力を否定している人は、
映画やアニメに出てくる「正義のヒーロー」にはなれません。
  
「暴力のカード」を使えないからです。
  
  
正義のヒーローは、「暴力」を許しているので、
  
状況に応じて「暴力のカード」を使って、対処できるのです。
  
  
・悪いと勘違いしてる事を減らしていく
・裁いている事を許していく
 
ということは、
  
【 状況によって使えるカード(切り札)を増やしていく 】
  
と言う事です。
  
  
私は、あらゆる事を許しているので、
  
状況によって「使えるカード」が豊富で、
どんな状況にも適切に対処も出来る訳です。
  
  
裁いている事が多いと、
状況によって「使えるカード」は少なくなります。
  
  
ですから、問題に対して、適切に対処できないのです。
  
  
自分が裁いている事を許していく事で、使えるカードが増え、
  
問題に対しても、適切に対処していく事ができます。
  
  
裁いている事が多い人ほど、
使えるカードが少なく、窮屈な人生になります。
  
  
以前の記事にも書きましたが、
  
【「悟り」とは、罪悪感をゼロにすること 】です。
  
  
全てを許し、全てのカードを使える様になることです。
  
  
全てのカードを使えることが、最高の自由です。
  
  
裁いている事が多く、
使えるカードが少ないと、不自由を感じます。
    
  
「悪い」と勘違いしている事を減らすには、
   
【 自分が「悪い」と思い込んでいる事も、別の状況では「必要」になる 】
   
という理解を深める事です。
  
  
「空気を読むこと」も、時には必要だし、
状況によっては、「空気をあえて読まない事」も必要なのです。
  
  
状況応じてどちらのカードも使えると、適切に対処できます。
  
  
「空気が読めない人」を裁いていると、
  
「片一方のカード」しか使えず、【 特定の状況に対処できない 】
  
と言う事です。
  
  
【 自分が「悪い」と思い込んでいる事も、
  特定の状況では、「必要」になる 】
  
だからこそ、【「絶対悪」では無いのだ! 】
  
  
そういう理解を広げていく事で、
  
人生におけるストレスは、大幅に減っていく訳です。


mixiチェック

haxe501 at 18:46│clip!