2016年09月28日

ネガティブな衝動(ストレス解消)の解決

ネガティブな衝動に悩まされている人は多いと思いますが、
  
ネガティブな衝動の原因は、「ポジティブの抑圧」にあります。
  
  
例えば、
 
・アルコール依存症でも、
・恋愛依存症でも、
・ギャンブル依存症でも、
  
共通して言えることですが、
  
依存してしまうのは、ストレスを抱えているからです。
  
そのストレスを紛らす手段が、【 依存対象 】です。
  
  
その依存の根本原因となっているストレスを解決する事が、
  
ネガティブな衝動を止める「根本解決法」です。
  
  
例えば、「今、幸せ絶頂!」と言う人が、
パチンコに行くでしょうか?
  
あんまり、そういう話は聞きません。
  
  
って事は、パチンコに行くのは、
自分がそれほど幸せでは無いからです。
    
  
本当に自分がワクワクする活動をしていたら、
  
パチンコで得られるワクワクなんて、
「大したことが無い」と思うはずです。
  
  
パチンコに行きたがる人に対して、
  
「パチンコに行くな!」
  
って言うのは、根本解決ではありません。
  
  
その人の「ストレス」が解決されたり、
「ワクワク」したり、「幸せ」になることで、
  
【 もうパチンコに依存しなくても良くなる 】という事です。
  
  
アルコール依存の人に、「酒を飲むな!」
  
…じゃなくて、もっと「別の所」に根本解決法があるのです。
  
  
例えば、
  
・歌うことかも知れません
・踊ることかも知れません
・遊ぶことかも知れません
  
  
でも、本当に自分がやりたい事がわかっていなかったり、
  
本当に自分がやりたい事に対して、
それをやることは「イケナイ事」だ、と抑圧しているので、
 
その抑圧の反動として、「ネガティブな衝動」が生まれるのです。
  
  
パチンコ依存症の人が、パチンコを止めるには、
もしかしたら、その人が歌を歌うことが必要なのかもしれません。
  
  
でも、そういう本質的な部分に、自分も周りの人も、気付かないのです。
   
   
ほとんどの人は、「自分の本当の気持ち」を自覚していないのです。
  
  
私は、15歳の時に、
「他人が敷くレールの人生」からはみ出しました。
  
そこから、私は【 自分は何がやりたいのか? 】
  
という事を、真剣に考えるようになりました。
  
  
しかし、ほとんどの人は、
大人になっても、「他人が敷くレール」に乗り続けています。
  
  
「親」の言う事であったり、
「世間」の言うことであったり、
「会社」の言うことであったり、
「権威」の言うことであったり、
  
そういう「他人(自分より上位の存在)が正しい」
という道筋を進んでいて、
    
自分の人生の方向性について、
主体的に自分の脳みそで考えていません。
  
  
自分が「他人が敷くレール」に乗っているかどうか?は、
  
【 自分がどれだけ義務感で行動しているか? 】
  
で、わかります。
  
  
私は、「義務感で行動する事」はほぼ皆無です。
  
生活の全てを、主体的に、責任感を持って、判断、行動しています。
  
  
「他人が敷くレール」に乗っている人ほど、「義務感」で行動していて、
自分の脳みそを使っておらず、考えておらず、  
  
その分だけ、【 自分の本当の気持ち 】など、自覚していないのです。
  
  
「自分の本当の気持ち」がわかっていないから、
  
「自分の本当にやりたい事」もわかっていないし、抑圧しています。
  
  
その抑圧の分だけ、【 ネガティブな衝動 】が沸いてきます。
  
  
依存対象は、
  
【 酒、異性、友達、ギャンブル、お金、タバコ、子供、親
  麻薬、ニュース、過食、砂糖、八つ当たり、ワガママ 】
  
ありとあらゆるモノが、依存対象になり得ます。
  
  
依存している人は、
  
・自分に必要なこと
・自分がやりたいこと
  
を、やっていないのです。
  
  
妻の千博さんからも、
「ネガティブな衝動が沸いてくる」と相談を受けますが、
  
千博さんは、
  
・経済的に他人を頼ってはいけない
・全てを自分で何とかしなければならない
  
と言って、「他人を頼ること」を抑圧していました。
  
  
でも、他人を頼ることは何ら悪い事ではありません。
  
  
会社の株式上場も、【 他人(投資家)のお金を頼ること 】です。
  
  
他人を頼った方が全て上手く行くのに、
  
勝手に「他人を頼ってはいけない」という価値観で抑圧して、
  
その抑圧の反動で、様々なネガティブ衝動が沸いてくるのです。
  
  
・頼ってはいけない
・甘えてはいけない
・遊んではいけない
・休んではいけない
・弱みを見せてはいけない
・迷惑をかけてはいけない
・傷つけてはいけない
・怒ってはいけない
・厳しくしてはいけない
・不真面目ではいけない
  
  
そういう抑圧が、
全て「ネガティブな衝動」となって噴出します。
    
  
本来、何も悪く無いことを、悪い事だと決めつけて、抑圧しているので、
ネガティブな衝動が沸いてくるのです。
  
  
  
たとえば、本来、「歌を歌うこと」が大好きな人がいたとして、
けれど、「自分は歌を歌ってはいけないんだ!」と思い込むとします。
  
そうすると、「やりたい事ができない」ので【 ストレス 】が溜まります。
  
そのストレスの解消に、酒を飲んで、パチンコに行くのです(笑)
  
  
「いや、歌えよ!」って話でしょう?(笑)
  
自分が好きな歌を歌ったら、
酒も飲まなくて良いし、パチンコにも行かなくて良いのです。
  
  
多くの人が、こういう状況にハマっています。
  
  
表面的に噴出する【 ネガティブな衝動 】にフォーカスしても、
  
根本解決法は一切見えてこないのです。
  
  
もっと深く潜って、本質的な部分にフォーカスする必要があります。
  
  
【 外の「衝動」の方を何とかしようとするのは無駄 】です。
  
【 内の「抑圧」の方を何とかするのが、根本解決 】です。
  
  
しかし、「衝動」は目に見えても、「抑圧」は目に見えないので、
ほとんどの人が、気付けないのです。
  
  
ですから、私の様なプロに相談した方が良いですよ。
  
一瞬で解決出来ますから。
  
  
まぁ、「解決法を伝えるまで」が、私の役割で、
  
「それを実践するかどうか?」は、完全に本人の責任ですが。
  
  
抑圧と衝動が多い人ほど、
「他人が敷いたレールの人生」を「義務感」で歩んでいます。
  
  
自分や他人のネガティブな衝動…、
   
つまり、【 「ネガティブなストレス解消法」への依存 】
  
  
で、悩んでいる人は、真剣に内面と向き合って、
  
【 一体、何を抑圧しているのか? 】
  
それを明らかにしない限り、根本解決は出来ないのです。


mixiチェック

haxe501 at 00:23│clip!