2016年09月17日

国王と将軍

ビジネスを「お金」だけで計るのはのは非常に滑稽です。
  
  
ビジネスにも、自分で商品開発を行わない
【 代理店型のビジネス 】があります。
  
  
要するに、自分はセールスだけをやれば良い
  
というモノで、ネット上で言えば、
アフィリエイトなどもそうかもしれません。
  
  
そういうビジネスでお金をたくさん稼いでいる人もたくさんいますが、
  
「代理店型のビジネス」では、
自分は商品やサービスの開発に携わることが、なかなか出来ません。
  
  
「お金を持っているから、ビジネスに詳しいだろう…」と思っても、
決してそうでは無いのです。
  
  
例えば、保険の外交員、自動車の販売などで、
成績が良くて、たくさんのお金を持っている人がいると思います。
  
でも、そういう人のライフスタイルは、
「同じ様な説明を、何度も何度も繰り返す…」と言う事になります。
  
  
私は、過去に「携帯電話の契約販売」をやっていたので、
セールスという仕事がどういう感じか?と言う事はわかりますが、
  
やはり、私は同じ事をルーチンでやり続けるのは飽きてしまいます。
  
  
私は、商品開発も自分で行っています。
  
つまり、販売しかやったことが無い人よりも、
ビジネスについては、視野が広くなります。
  
  
セールスしかやらない人は、
「もっとこういう商品を作ってくれればいいのに!」
  
と思っても、影響が出来ません。
  
  
「商品の中身」も「価格」も、メーカーが決めるからです。
  
自分で決められないということは、その分だけ不自由になります。
  
  
私は、あらゆる事を自分で決めたいから、
代理店ではなく、【 オーナーという立場 】が良いのです。
  
  
代理店の会社で成功した人は、
大きな国の、「将軍」みたいなモノです。
  
その代理店のセールスマンは、兵士みたいなモノですね。
  
  
でも、私はたとえ小さい国でも、「国王という立場」が良いのです。
  
  
【 全てを自分で決めたい 】と思うからです。
  
  
将軍という立場では、内政についてはほとんど口出しできません。
  
内政は、宰相の仕事です。
  
  
一方、国王は全てを考え、全てに影響します。
  
  
・大きな国の将軍か?
・小さな国の国王か?
  
どちらが好みか?は、人によって違うと思います。
  
  
ただ、「金銭的な豊かさ」は同じだとしても、
  
二つの立場で、【 「仕事の中身」や「ライフスタイル」 】は、
全く異なってしまうのです。
  
  
何が言いたいか?というと、
  
「お金」だけを見ていても、
【 ライフスタイル全般までは見えない 】ということです。
  
  
たとえ、自営業者だとしても、
  
・「商品開発」を自分で行っていない
・自分が逆らえない、嫌われたくない、「上の立場の人」がいる
・仕事を取るために、好きでも無い人間と付き合っている
  
というのであれば、
精神的にはサラリーマンと、あまり変わりません。
  
  
国家に例えると、「大国の属国」みたいな感じです。
  
国王は存在していても、自分より上の立場の存在がいるので、
それほど自由では無いのです。
  
  
私は、何よりも自由が一番大事なので、
  
【 自分が生きていくために、大国に依存しなければならない 】
  
という立場がいやなのです。
  
  
そういう立場では、
たとえ肩書きが国王だとしても、社長だとしても、不自由でしょう。
  
  
社長はみな同じ…という訳ではではありません。
  
お金を稼いでいたらみな同じ…、という訳でもありません。
  
  
ビジネスには、あらゆる側面が存在しているので、
   
多面的に捉えなければ、正確な評価は出来ないのです。
  
  
別に本人が、
「自分は商品開発には興味が無いし、自分は代理店型のビジネスで良い」
と思っているなら良いです。
  
  
でも、自分が商品開発をしないとなれば、
自分は「売ることだけ」を考える事になります。
  
で、売るっていう作業には、ルーチンが多くなります。
  
  
それが、私にとってはつまらない。
  
  
私は、「創造性が必要な仕事」が好きなので、
  
商品開発もしたいのです。
  
  
ビジネスを勉強しようとすると、
  
【「マーケティング」や「セールス」の技術を身に付けろ!】
  
という情報が多いです。
  
  
しかし、私の仕事の目的は、
  
【 自分と他人(社会)を幸せにする、豊かにする 】
  
なので、「売る商品の中身」が、自分にとっては何よりも大事です。
  
  
もし商品に中身が無かったら、売れば売るほど「詐欺師」です。
  
  
そして、中身の無い商品を売ったカルマは、
   
次に、「自分が中身の無い商品を買ってしまう」
   
と言う事で、返ってきます。
  
  
がんばって売って、お金だけ稼いだように見えても、
  
労力を割いて他人にクズを売って、
次に自分がクズを掴むとなれば、
  
それは「大いなる無駄」です。
  
  
私は、世の中を良くしたいと思っているので、
  
何よりも、「商品の中身」にこだわります。
  
  
それが、一番大事だからです。
  
  
中身の無いクズ商品を売って、数字だけは増えても、
  
他人にも、世の中にも、何も貢献していませんし、
次は、自分がクズを掴むハメになります。
  
  
意味がありません。
   
  
そういう訳で、
  
私はマーケティングやセールスに割く労力よりも、
商品開発にウェイトを置いているのです。
  
  
そもそも、私の商品は人を選びます。
  
  
1000万円のダイヤモンドを、マス向けに売ろうとしても、
効率が悪いに決まっています。
  
購買する層が狭いからです。
  
  
本当に、
  
【 本質的に自分と他人を幸せにし、豊かにするビジネス 】
 
がしたいと思うのであれば、
    
  
まずは、ビジネスの前に、【 人生の戦略 】から必要です。
  
  
まず「人生の戦略(理想の生活・人生とは何か?)」を立てて、
次に「ビジネスの戦略(それを実現する方向性)」を立てて、
  
販売する「商品・サービス」を用意して、
その次に、ようやくマーケティング・セールスの段階に入ります。
  
  
私の弟子で、
  
ライフワーク(提供する商品・サービス)が見つかり、
いよいよ、積極的にお客さんを獲得していく段階に入った人には、
  
マーケティングに関わる様なサポートをしていますが、
  
ほとんどの人は、
【 マーケティングやセールスの前の段階 】で躓いています。
  
  
それは、
  
・「人生の戦略・方向性」がハッキリしていない
・「ビジネスの戦略・方向性」がハッキリしてない
・お客さんを相手にしていけるほど、基礎力や責任感が高くない
  
と言う事などです。
  
  
マーケティングやセールスの
ノウハウや技術は、表面的な部分です。
    
  
それ以前に、根本が固まっていなければなりません。
  
  
よく、マーケティングやセールスだけを積極的に学び、実践し、
「商品の中身がお粗末」という人は、
  
・クレームになったり、
・消費者センターに電話されたり、    
・訴えられたり…、
  
というハメになってしまいます。
    
  
そういう問題が噴出すれば、
またそれで「経営資源(リソース)の無駄」になります。
  
  
そうならなくても、
自分のビジネスに対する【 リピート 】が起きませんから、
  
いつまで経っても、
人と出会っては騙し、人と出会っては騙し…、を繰り返して、
  
永久に「新しい人脈」を求め、彷徨うハメになります。
  
  
私は、そういう無駄な労力を割きたくない、
無駄に資源を浪費したくない、
  
と言う事で、
  
  
考えに考え抜いて、
  
「自分がラクをする事」と「お客さんに高い価値を提供する事」を
両立する手段を構築、確立してきたのです。
  
  
しかも、その場限りではなく、
長期的に発展していくビジネスモデルでなければなりません。
  
  
私の望む、「ありとあらゆる条件」を満たすビジネスモデルを考え、
構築しきたのです。
  
  
満たさなければならない条件が多いという事は、
違う言い方をすれば、「制約が多い」と言う事です。
  
  
・自分を高い基準で満たし(時間の自由がある、自分がやりたい事)
・他人を高い基準で満たし(やれば確実に結果が出るサポート)
・利益率は高い(必要経費がほとんど無い)
・リピートしてもらって(毎月の課金)
・さらに、長期的に成長していく(お客さんが成長し、客層が上がってく)
  
それらに対して、一切の妥協をしない。
  
  
そういうビジネスモデルなのです。
  
  
【 これを実際に現実で構築する事が、どれくらい難しい事か? 】
  
って事です。
  
  
  
私の知っている自己啓発団体は、私とは対極で、
  
主催者が、「お金を稼ぐ事」を最優先に考えていました。
  
  
まず、メンバー数を増やすために、客層を下げました。
向上心が高い人より、低い人の方が多いからです。
  
例えば、実家暮らしのサラリーマンなどは、
向上心が低くても、お金は持っていますからね(笑)
  
そういう人をターゲットにしました。
  
  
その結果、
   
客層は落ちていき、ネガティブな人ばかりが集まり、
人間関係のトラブルも増え、
その分、ポジティブで優秀な人が逃げていき、
コミュニティの満足度は下がり、
  
最終的には、崩壊していく事になりました。
  
  
「お金だけ」を見ているから、
長期的に調和・発展していくビジネスのやり方かどうか?
    
が、わからなくなるのです。
  
  
その主催者は、私よりお金を持っているでしょうが、
  
たくさんのネガティブな人ばかりに囲まれて、幸せなんでしょうか?
トラブルばかりが続き、その対処に追われていて、自由なんでしょうか?
  
  
お金だけでビジネスを計るから、こうなります。
  
  
さて、
  
「ネガティブな人」を相手に、「価値の低いサービス」を提供し、  
でも、お金だけはたくさん儲かりました。
  
  
そんな人になりたいですか?
  
  
私と、お金だけは持っているそんな人、
  
どちらの方がビジネスについてよく理解し、
考えているでしょうか?
    
  
【「お金」と「ビジネスの視野」は、比例しない 】という
  
良い例です。
  
  
【 自分の理想とする生活 】を手に入れる為には、
  
非常に広い視野でもって、仕事について考えなければなりません。
  
  
そして、「視野の広さ」と「本質を見抜く能力」は【 比例 】します。
  
  
「他人に褒められても、自由じゃ無い、幸せじゃ無い。」
  
そういう方向に進んでいる人は多いですが、
  
  
・「他人に褒められる事」と、
・「本質的な幸せ・自由」と、
  
一体、自分にとってどちらが大事なのでしょうか?
  
  
どちらを実現するビジネスがお好みなのでしょうか?


mixiチェック

haxe501 at 22:52│clip!