2016年09月10日

全ては「自信の無さ」が原因

「テロ活動をする人々は、なぜテロを行うのか?」
  
って事を考えたことがありますか?
  
  
おそらく、多くの人にとっては理解不能だと思います。
  
  
テロ組織のメンバーは、
  
「自分は世界の被害者だ」という、
超強力な「被害者意識」を持っています。
  
  
さらに、
  
・奪うか? 奪われるか?
・殺すか? 殺されるか?
・自分は正義、他人は悪
  
という、非常に「ネガティブな世界観」の中で生きているので、
攻撃的になれるのです。
  
  
要するに、自分たちが貧しいのも、不幸なのも、
「すべて、欧米諸国のせいだ!」と、責任転嫁している訳で、
  
【「自己責任・自業自得」というポジティブな思想 】とは対極です。
  
  
で、ネガティブな人には「論理的な話し合い」など、通じません。
  
  
私は、「ポジティブな概念を理解させる技術」を磨いてきましたが、
  
ネガティブな人ほど、論理的思考力にも、理解力にも乏しいのです。
  
  
ですから、「話し合いの通じる相手」ではありません。
  
何かを論理で理解させようとしても、
感情が勝って、ネガティブな自分の考えを曲げる事は無いでしょう。
  
  
で、ネガティブな人というのは、「自信」が無いのです。
  
  
自信にもいろいろ種類がありますが、
  
一番の根本は、【 他者から愛される自信 】です。
  
  
いくら他者から愛されていたとしても、
  
本人に「愛を受け取る器」が無ければ、他者の愛を感じる事はできません。
  
  
その愛を受け取る器が、「愛される自信」です。
  
「自信」こそが、【 愛を受け止める器 】なのです。
  
  
「愛される自信が無い」と言う事は、
  
いくら他者から愛されていても、「それを感じられない」という事です。
  
  
そして、自信が無い人は、感情的になって、頭が働かなくなります。
   
     
例えば、職場などでテンパって、頭が真っ白になっている人は、
  
自分に自信が無く、「失敗」や「他人の評価」を恐れ、
極度に緊張しているから、頭の回転が遅いのです。
  
  
何度も言っている事ですが、
「自信」と「頭の良さ」は、比例するのです。
  
  
私は、特に両親から「無条件に愛される自信」があったので、
これまで、論理的に思考する事が出来てきました。
   
   
しかし、人類のほとんどは、
  
この【 他者から愛される自信 】に乏しいと思います。
  
  
だからこそ、他人を疑い、利己的になります。
  
  
その結果、国際社会でも、
  
多くの国が、「世界平和の実現」よりも、
「自国の利益の確保」に躍起になって、
  
数多くの国際問題を生み出しているのです。
  
  
私の愛はとても深いですが、
  
それを感じ取れる人、理解できる人は、
  
その人自身の【 愛を受け取る器 】が大きいのです。
  
  
「他者から愛される自信が強い」ということです。
  
  
弟子でも、私を疑っている子はいますけど、
  
そういう子は、私の愛を感じ取れていない、理解できてない、
  
つまり、【 他者から愛される自信 】が無いのです。
  
  
私の妻も、愛を受け取る器は大きいほうですが、
  
それでも、まだまだ私の愛を全て受け止められるほどではありません。
  
  
「愛を受け取る器」が小さければ小さいほど、
  
【 寂しさ 】を感じ、【 疑いの気持ち 】も大きくなります。
  
  
そこで、妻にアドバイスしたのが、
  
【 私って愛されちゃってるの! 】
  
という言葉を口癖にする事です。
  
    
【 私って(誰々から)愛されちゃってるの! 】
  
でも良いですが。
  
  
こういう言葉を言い続けていれば、
 
「他者から愛される自信」が高まります。
  
  
他人からの愛を感じ、確信を持てるようになり、
他人を信頼できるようになり、寂しさも消えていきます。
  
  
「他者から愛される自信」があれば、
  
リスクを取って挑戦する勇気も湧いてきます。
  
  
逆に言うと、
愛される自信がないから、リスクを取ってチャレンジが出来ないのです。
    
  
そして、人類のほとんどは、
  
【 愛される自信 】に乏しく、
  
そのせいで、数々の社会問題、国際問題、
  
テロなどを引き起こしているのです。
  
  
もう一度言いますが、
  
本人に「愛される自信」がなければ、
実際に愛されていたとしても、その愛を感じる事はできないのです。
  
  
いくら実際に愛されていたとしても、愛されているとは思えずに、
  
いつも寂しさを感じ、他人を信頼できず、疑うようになります。
  
  
さらに、
  
自信が無い人ほど「論理的思考」ができず、「長期的視野」も持てず、
  
感情的に、短期的な視野で、短絡的に判断、行動するようになります。
  
  
ですから、一人一人が「他者から愛される自信」を身に付けない限り、
  
社会問題も、国際問題も、環境問題も、何も解決しないのです。
  
  
そして、「他者からの愛を感じる方法」が、
 
【 私って愛されちゃってるの! 】と、口に出して言っちゃうことです。
  
  
この言葉を、口癖にすることです。
  
  
このシンプルな方法が、世界平和を成すための根本解決策です。


mixiチェック

haxe501 at 14:54│clip!