2016年05月02日

私が、常識人を嫌いな理由

今日はちょっと怒ります。
  
  
私は、常識人が大嫌いです。
  
  
何故ならば、
  
自分自身の視野が狭く、ネガティブなクセして、
「自分の考えの方が正しい」と思い込んでいるからです。
  
  
【 大多数がそう思うし、自分もそう思うから、自分が正しい 】
  
結局、多数決で物事を考えているだけです。
  
  
そうして、常識人は「私の真意」を誤解、曲解するのです。
  
  
私は、いっつも腹が立ってきたんですけど、
  
「ネガティブで器の小さい人間のクセして、
 ポジティブで器の大きな俺の考えがわかる訳無いだろ!」
  
って話です。
  
  
「自分の方がネガティブで視野が狭いんだから、
 自分よりポジティブな人の考えは理解できない」
  
そう思う事が、謙虚さでしょう。
  
  
ですから、私はたとえ「高次元の存在の意図」が理解できなくても、
  
高次元の采配は正しいはずだし、それを理解できないのは、
  
【 自分の方が視野が狭いからだ 】と、自分を省みます。
  
  
しかし、常識人にそんな謙虚さはありません。
  
  
「自分の考えが正しい」と思い込んでいる、傲慢極まりない人種です。
  
  
「自分の意見」が「大多数の人間の意見」と同調しただけで、
【 自分の方が正しい 】と思い込んでいます。
  
  
思慮が浅く、本質も見抜けず、
ただ、「多数決」でしか物事を考えられないのです。
  
  
私の「考え」や「行い」を見て、
  
・理解できなかったり、
・間違っていると思ったり、
・ネガティブだと思う人もいるでしょうが、
  
だいたいそう思う人は、ネガティブな常識に囚われているだけです。
  
  
私は、ポジティブな高次元的な視点で物事を考え、行動しています。
  
  
私の愛が理解できないのは、
  
その人の精神が未熟で、「愛が浅いから」です。
  
  
愛が深い人ほど、私の愛を理解できるでしょう。
  
愛が浅い人は、私のことをただ冷酷な人間だと思うでしょう。
  
  
例えば、天災が起こったら、
  
「神さまはなぜこんなに酷い事をなさるのか!?」
  
とか思う人もいると思いますけど、
  
それも、その人が【 神の愛 】を理解できていないからです。
  
  
「優しさ」だけで無く、「厳しさ」も愛の側面です。
  
  
そういう、【 愛に対する理解度が浅い 】から、
  
「厳しい愛」が理解できないのです。
  
  
自分でも思いますが、私ほど愛の深い人間はそういません。
  
  
そんな私を見て、ネガティブに捉える人は、
  
その本人が、相当にネガティブな人間なのです。
  
  
なぜ私が怒るのか?という事も、
  
私は自分を深く愛しているからだし、
傲慢な人間の「間違った考え」を正したいと思うからです。
  
  
これも、「自分と他人に対する愛」が根底にあります。
  
  
そもそも、私という人間を、常識で計れるわけが無いでしょう?
  
  
常識という枠で捉えたら、意味不明です。 当然です。
  
  
「本質」や「高い視点、広い視野」で見るから、
  
私のことが理解できるのです。
  
  
私は非常にポジティブな存在であり、
他人にポジティブな影響を与え、ポジティブなことしか起こしていません。
   
  
それを、【 ネガティブな常識 】という
「フィルター、色メガネ」を通して見るから理解できないし、
  
酷い事をしているとか、勘違い、誤解、曲解するのです。
  
  
  
「もしかしたら、
 自分の考えや感覚の方が間違っているのかもしれないぞ…?」
 
「真実は、自分で検証、分析、確認すうるまでわからないぞ…?」
  
  
と、多角的に物事を捉え、省みる人が、謙虚で聡明な人です。


mixiチェック

haxe501 at 13:03│clip!