2016年04月28日

真面目に対する抵抗

先日の弟子会議で、
  
「田中くんとかいじゅんが、すぐにふざけようとする」
  
という傾向があったようですが、
  
それは、私も前々から感じていました。
  
  
どうも「真面目」に対して抵抗があり、
 
「自分が真面目になる事」に対して拒絶し、 
「真面目な雰囲気」を壊すために、
   
おちゃらけたり、ふざけたりする訳です。
  
  
でも、そういう人ってよくいますよね。
  
  
私は、【 自信が無い人 】の気持ちもわからなかったですが、
  
【 真面目に抵抗がある人 】の気持ちもわかりませんでした。
  
  
あと、【 自分の時間を大切にしない人 】の気持ちもわかりませんね(笑)
  
  
そういう人の気持ちはわからなくても、
メカニズムに当てはめて考えれば、全て解決可能です。
  
  
田中くんの場合、小学生時代に周りからいじめられていた時、
  
「カタブツの先生」が自分の味方をしてくれなかったので、
  
それで、【 真面目に対するネガティブイメージ 】が
  
出来上がった様です(笑)
  
  
成功するには、【 自信 】も必須だし、【 真面目 】も必須です。
  
あと、【 資源を大切にする事 】も必須です。
  
  
いろいろ必須項目がある中で、
  
それが大きく欠けていては成功できませんから、
  
最優先で「心理的問題」を解決する必要があります。
  
  
田中くんの場合は、まだ他人からいじめられたこと、
先生が味方をしてくれなかったことを自己責任と思えず、
  
強い被害者意識を持っていると思います。
  
  
で、邪気・悪霊も【 被害者意識のカタマリ 】みたいな存在です。
  
   
だから、自信が無く、依存的で、被害者意識のカタマリみたいな人に、
   
【 類友の法則 】で、邪気が寄ってくる訳ですね(笑)
  
被害者意識を手放さない限り、根本的な邪気対策にはなりません。
  
  
そして、いじめられる人間には、いじめられる原因があるモノです。
  
  
・強いコンプレックスを持っていたり…
・空気が読めなかったり…
・他人を見下していたり…
・口には出さなくても、他人に敵意を飛ばしたり…
  
  
そういう人は、他人にエネルギーを与えるのでは無く、
無意識的に他人からエネルギーを奪い続けてしまうので、
  
【 そりゃ、嫌われて当然 】という事です。
  
  
他人から厳しく接せられるときは、全て自分に原因があるのです。
  
  
他人からエネルギーを奪う行為は、
  
【 目に見えない暴力 】です。
  
  
それを人は感じています。
  
  
目に見えない暴力を振るう人は、
 
一緒に居て、居心地が悪い。 気分が悪い。
  
      
そういう人は、優しくされないし、人が離れていきます。
  
  
学校では、相手が好きでも嫌いでも、
ひとつのクラスに閉じ込められますから、
  
「嫌いな相手から離れられないストレス」から、
いじめが起こるのも当然の結果でしょう。
  
  
しかし、よくもまぁ弟子たちは、
   
【 成功者に必要な基礎力が「まるで皆無」】という状態から、
成功を目指そうと思いましたね(笑)
  
  
まぁ、私は「やる気」さえあれば、
  
【 誰でも成長・成功できるメソッド 】を作りたかったので、
   
弟子たちは「よい実験対象・研究対象」です。
  
  
弟子たちは、決してやる気が無いわけではなく、純粋です。 
  
悪気もありません。
  
  
ただ、心理的にネガティブ過ぎて、本当によく躓くし、転びます。
  
  
しかし、彼らが躓けば躓くほど、私は根本解決策を考えますし、
  
私の研究者・教育者としての実力は上がっていきます。
  
  
難病患者が、自分を鍛えてくれるのです(笑)
  
  
ただ、私の指導で成功する人がたくさん出てこないと、
  
私の指導の価値が目に見える形で証明出来ないので、
  
一般の人々には、なかなか私の凄さが伝わらないと思います。
  
  
普通の人は、
とにかく「大金を稼いだら無条件にスゴイ!」と思う観念がありますし、
     
私としては、ちんたらせずに、早く成功して欲しいんですが。
  
  
いつまで私の忍耐は続くんでしょうか(笑)


mixiチェック

haxe501 at 03:19│clip!