2016年04月21日

新しい決断

最近、決断したことがあるのですが、
  
今後は、一般的、平均的な人ではなく、
  
【 成功者 】【 リーダー 】【 一流 】【 プロフェッショナル 】
  
という、高いセルフイメージの人たちに対して、
メッセージを発信していこうと言うことです。
  
  
一般的、平均的な人たちは、弟子たちにバトンタッチです。
  
  
なぜ私が、弟子たちの様な
「基礎力の低い人たち」を相手にしてきたか?
  
と言うと、
  
【1.研究 】と【2.投資 】という、
  
大きく二つの理由があります。
  
  
元々基礎力が高い人に結果を出させるのは、割とカンタンです。
  
自主性もありますし、少し教えれば、自分なりに創意工夫し、
勝手に結果を出して、喜んで、感謝してくれます(笑)
  
元々優秀な人を相手にするのは、教育者としては非常にラクです(笑)
  
  
しかし、「優秀な人」ばかりを相手にしていると、
  
確かに結果は出ますが、【 自分の腕 】は磨かれません。
  
  
医者に例えると、私は「カンタンに治る病気」では無く、
「難病の患者」ばかりを相手にしてきた様なモノで、
  
だからこそ、「自分の腕」がメチャクチャ磨かれました。
  
  
で、私は基礎力の低い人たちを相手にしてきて、
  
「成長・成功していく人と、そうで無い人」の
【 根本的な違い 】を知る事が出来ました。
  
  
ですから、もう【1.研究 】という目的と動機は要りません。
  
  
次に【2.投資 】という事ですが、
  
成長し、「成功という結果」に辿り着くには、 
  
【 最低限の「精神的なタフさ」 】が必要です。
  
  
成功する人、リーダー、一流、プロフェッショナル…、
  
そういう人たちは、「精神的にタフ」です。
  
  
要は、【 苦しみに耐える器 】が大きく、【 忍耐力 】が強い、
  
という事です。
  
  
私は、「やる気」さえあれば、
【 誰でも成長・成功できるメソッド 】を作りましたが、
  
【 そもそも、「精神的にタフな人」の割合は少ない 】
  
という、厳しい現実に気付かされました。
  
  
ですから、「投資に値する人」も、必然的に少ない訳で、
  
それは、私が思っていたより、ずっとずっと少ない値でした。
  
  
なので、これ以上、
「基礎力が低い人への投資」に熱心になるよりも、
  
基礎力が高い人(「結果を出す人」や「リーダー」)の
サポートをした方が、
  
【 全体に対する貢献の量 】という意味では、
  
影響が大きいという結論に至りました。
  
  
どんな組織もそうですが、
リーダーが変わると、組織全体が変わります。
  
  
リーダーの影響力は大きい訳で、
  
リーダーをポジティブにするだけで、
組織全体がポジティブになります。
  
  
そっちの方が、より大きくポジティブな変化に貢献できます。
  
  
ですから、「将来のリーダー候補」への投資は、そろそろ終わりにして、
  
「今現在、リーダーをやっている人」
のサポートをメインにシフトしていこう
    
そういう風に思う訳です。
  
  
私の人生の目的は、
  
【 世に対して、自分がどれだけ大きく貢献できるか? 】
   
という事です。
  
  
そこには、「理性的な判断」を下していて、
「感情的な判断」ではありませんから、
  
情に流されること無く、その時点で、
「自分が最もポジティブな影響を生みだせる活動」がしたい訳です。
  
  
例えば、私は自殺願望を持っていましたから、
  
そういう人の気持ちもわかるし、
そういう人を助けたい気持ちもありますが、
  
私が毎日、毎日、自殺願望を持った人の悩み相談をして、
世界が変わるか?っていうと、変わらない。
  
  
でも、自分が高いポジションまで上り詰めて、
世の教育システム自体をガラっと変える事に取り組めば、
  
世の自殺願望を持った人を、たくさん救えるかもしれません。
  
  
どちらが、より大きな社会貢献か?というと、
  
私は後者だと思います。
  
  
自分の身体はひとつですから、
「どちらの道を行くのか?」選択しなければなりません。
  
  
私は、【 長期的な効率 】を最も重視していて、
  
その為に、「研究」と「投資」は重要でした。
  
  
でも、それはもう満足いくまでやりましたから、
  
今後は、全体により大きくポジティブな影響を及ぼすために、
  
【 成功者 】【 リーダー 】【 一流 】【 プロフェッショナル 】
  
という、「影響力の強い人たち」のサポートをしていきたいと思います。
  
  
その為に、一般的な人、平均的な人のサポートは、
弟子にバトンタッチして、
  
自分はやらない、手を付けない、という決断に至りました。
 
 
ただ、パワーストーンの販売は、
どなたからの依頼でも請け負いますよ(笑)
  
今回の話は、「教育」や「コンサル」における話ですから。


mixiチェック

haxe501 at 08:09│clip!