2016年04月14日

「妊娠」と「命の価値」

めでたく赤ちゃんが出来たので、
漫画の「コウノドリ」を読んで、勉強しています(笑)
  
  
赤ちゃんが出来て一番に感じる事は、
「女性に対するリスペクト」ですね。
  
  
【 男の自分には絶対に出来ない事をしている 】と感じます。
  
  
しかも、身体に大きな負荷も掛かるだろうし、
女性を尊重する気持ちが湧いてきます。
  
  
私、「自分に出来ない事をしている人」は、
みんなスゴイなと思ってしまう性格なので(笑)
  
  
それと、私は基本的に
「病院の世話にはなりたくない」とか思っているんですが、
  
こればっかりは他人のお世話になるしか無いので、
「自分の無力さ」を感じると共に、
  
産婦人科の医師の先生や看護師、助産師さんに対して、
感謝する気持ちも湧いてきます。
  
  
で、私が「男女関係」や「性」について考える時、
一番おかしいと思っている事は、
  
【 人間の、生命に対する傲慢さ 】です。
  
  
大局的には「少子化が問題だ(子供を増やそう)」と言っている一方で、
個別では「避妊しろ(子供をつくるな)」と言う。
  
完全に矛盾していますし、
自分の都合を外側に押しつけているだけです。
  
  
私は、過去世の修行の成果かもしれませんが、
  
【 自分には存在する価値がある 】と、固く信じていますし、
【 生命は尊重されるべきだ 】という信念も、強く持っています。
  
  
私が胎児の立場だとして、
  
「お前は、生まれない方が有り難いんだ」
  
と、誰かに思われたとしたら、とてもショックで悲しいです。
  
  
それは、【 存在価値への否定 】です。
  
  
そして、「赤ちゃんの存在価値を否定する」という人は、
  
実は、「自分自身の存在価値も否定している」という事です。
  
  
【 自分に思う事と、他者に思う事は同じ 】だからです。
  
  
ですから、赤ちゃんに対して、
「居ない方が良い」なんて思う人は、
  
状況によっては「自分なんて居ない方が良い」と思ってしまう、
【 超自虐的な人 】です。
  
  
もちろん、子供を産んで育てたくても、
  
【 経済力が無いから、それが出来ない 】という人も居るでしょう。
   
  
それはわかります。 
  
  
でも、親にお金が無いせいで、
「毎日、何人もの胎児(赤ちゃん)の命が奪われている」と思うと、
  
「それが異常だ」と思わない事こそが、【 真の異常 】です。
  
  
「何とかしなきゃいけない!」と思って普通です。
  
  
建前では、「命の価値は重い」とか言っておきながら、
  
実際には、現実では、殺されまくっている訳です。
  
  
政治家は、何か問題が起これば「人命最優先」とか言ってますけど、
  
現実では、全然「最優先」されてません。
  
  
実際には、【 経済(カネ)】が優先されています。
  
  
「胎児には人権が無い」という事でしょうか?
  
  
私は、男女が愛し合えば子供が出来るのは、
  
【 自然の摂理 】だと考えます。
   
  
それを、自分の都合でねじ曲げようとするのは、
  
【 自然の摂理に反すること 】だと思います。
  
  
だから、【 避妊が「善」 】と思われている様な風潮に、
  
私はとても違和感があります。
  
  
もちろん、
  
親が精神的にも、経済的にも、成熟していない状態で、
子供が生まれてしまうのは、いろいろと問題があると思います。
  
  
だからといって、「人殺しをしても良い理由」はならないし、
  
「男女は愛し合ってはならない」と、
【 愛に制限を掛ける 】のもオカシイです。
  
  
それこそ社会的な枠組みで、
子供の命、健康、教育を守る様なシステムが必要だと思います。
  
そういう部分にこそ、
個人的にでは無く、社会的なサポートが必要でしょう。
    
  
ネガティブなのは社会の方だし、世間の人々の常識です。
  
子供の命は、その犠牲になっているのです。
  
  
人々の勝手な都合の犠牲になっているのです。
  
  
「赤ちゃんは出来て欲しく無い」と人々に思わせるような、
  
そんな「社会のシステムや常識」こそが、ネガティブなのです。
  
  
「人を愛する事、愛し合う事」は自然の摂理であり、
「生命の誕生」も自然の摂理です。
  
  
それを、「それぞれの勝手な都合」で無理矢理ねじ曲げたり、
コントロールしようとすることこそが、
  
【 ネガティブの根源 】だと思います。
  
  
社会が、【 自然の摂理に沿ったシステム 】を作れていないのです。
  
自然の摂理に反して、全体が調和する訳が無い。
  
  
根本解決は、
  
【 「自然の摂理」に反しない社会システム 】を形成する事です。
  
  
私は、全ての胎児が、
望まれて生まれてくる様な社会になって欲しいと思いますし、
  
私自身、そのことに大きく貢献したいと思います。
  
  
【 老い先短い老人が、貯金をたくさん抱えて死んで、
  将来性ある子供には、まったくサポートが行き届かない 】
  
そんな社会、ネガティブ過ぎて気持ち悪い。
  
  
現代の人々は、現代社会は、
  
【 「命」より何より「カネ」を優先している 】というのが、
  
事実です。
  
  
個が全体に貢献し、全体が個に貢献するような社会になれば、
  
全てが解決します。
  
  
人々が「自分の都合」しか考えず、「全体的な視野」を持っていないから、
  
不幸が生まれるのです。
  
  
私は、人の可能性を信じています。
  
  
子供、若者には、素晴らしい可能性があります。
  
  
それを、ネガティブな人々の自分勝手な都合で潰されているのは、
  
本当に勿体のない事です。
  
  
私は、可能性に投資するのが大好きです。
  
人の可能性が花開いていく姿のが楽しみなのです。
  
  
だから、
  
「金を持った老人」のサポートより、
「金を持たない若者」のサポートの方が楽しいです。
  
  
「自分のカネ」の事しか考えない人間にまみれているから、
  
社会はネガティブなのです。
  
  
人命は、その犠牲になっています。
  
  
私は、そんな社会を変える事に役立ちたいと思っています。


mixiチェック

haxe501 at 18:58│clip!