2016年04月10日

素直の意味

先日、お客さんと弟子の前で話した事ですが、
  
【「素直」とは「従順」では無い!】
  
という事です。
  
  
例えば、
「宗教の教祖様の言うことを何でも聞く!」
  
という、盲信的な信者がいたとして、
  
そういう人は、
「素直」なのではなくて、「従順」なのです。
  
  
でも、別の人から、
  
【 あんたのやってる宗教の教祖って、怪しい奴じゃない? 】
  
って風に、
  
「自分の信じているモノ」を誰かに否定されたら、
素直に聞けずに、キレ出す訳です(笑) 
  
  
教祖に対しては「従順」かもしれませんが、
教祖を否定する人間の意見に対しては、「反抗的」です。
  
  
ですから、「従順」と「反抗的」は表裏一体なのです。
  
  
訳も分からず、誰かに対して「盲目的に従順」な人間は、
訳も分からず、他の誰かに対しては「ひねくれて反抗的」なのです。
  
  
一方、【 素直 】は違います。
   
  
素直な人と言うのは、
  
【 誰に対しても、「中立的」に意見を聞ける人 】です。
  
  
ですから、「感情的」では無く、「理性」で判断しているという事です。
  
  
訳も分からず、他人の言うことを肯定しちゃう人は、
その分だけ、訳も分からず、他人の言うことを否定するのです。
  
  
私は、弟子に対して、
  
【 私に対して「従順」にならなくて良いから、
  誰に対しても「素直」になりなさい 】
  
と、指導しています。
  
  
「素直な人間」と言うのは、他人の意見に対して、
  
・自分が理解できたかどうか?
・自分が納得できたかどうか?
   
という事を、大切にしています。
  
   
つまり、理解にフォーカスしていて、理性で判断しています。
  
  
しかし、従順な人間というのは、
  
【 教祖に嫌われたくない、上司に嫌われたくない 】
  
と、「他人の評価」を気にしていて、
  
理解にフォーカスしておらず、感情で判断しています。
  
  
それは、結局は依存であって、自立ではありません。
  
  
【 従順な人 】は、他人に「自分の人生」を預けていますが、
  
【 素直な人 】は、「自分の人生」を自分で舵取りしています。
  
  
「従順な人」は、
  
誰かの言うことを盲目的に信じ、
誰かの言うことを盲目的に否定しています。  
  
何もわかっておらず、何も理解しておらず、
ただ【 目先の感情 】に振り回されているだけです。
  
  
「素直な人」は、
  
他人の意見をニュートラル(中立)に捉え、
  
自分が理解・納得できたら、その意見を取り入れよう、
自分が理解・納得できなかったら、その意見は聞かないでおこう、
  
  
聞いた情報が「正しいか?、間違っているか?」
はまだわからないから、
  
自分で実際に検証、実験、分析して、確かめてみよう、
  
    
という、【 理性的な判断 】が出来る人です。
  
  
で、
  
・素直な人は、自分に自信があって、
・従順な人は、自分に自信が無いのです。
  
  
「素直な人は、賢い」ですが、
「従順な人は、頭が悪い」です。
  
  
私は、最近の研究で、
  
【 「自信」と「賢さ」が比例する 】
  
という法則を突き止めました。
  
  
例えば、【 昔はまったく勉強できませんでした! 】
   
と言うような人でも、成功して自信がついちゃったら、
  
「真面目で知的な話」も出来るようになるモノです。
  
  
よく、
  
「私ってバカなんですよ〜、
 だからネガティブな結果を引き寄せてしまうのは仕方無いんです!」
   
とか言っちゃう人っていますよね?
  
  
私は、いつもそれに違和感がありました。
  
自分が努力しない言い訳をしている様に聞こえるし、
そんな事を言っても、何も良くならないからです。
  
  
「自称バカ」と言っておきながら、そういう人ほど、 
  
「他人から見下されたくない!」って強く思っていて、
  
自分で自分を貶めておくことで、先手を打って、
他人から否定されたり、見下されるのを防いでいる訳です。
  
  
つまり、「他人から否定される事」を強く怖れている訳です。
  
  
だから、
  
「私ってバカなんですよ〜」じゃなくて、
  
「私って自分に自信無いんですよ〜」だったら、スッと理解できます。
  
  
そっちの方が【 真実 】ですから。
  
  
結局、「自分に自信が無い人」は、
  
どう足掻いても判断ミスをしちゃうのです。
    
  
自信を高めない限り、バカのまんまです。
  
  
ですから、「自分には自信が無い」と自覚している人は、
  
【 自分にはポジティブな判断は出来ない 】
  
と思った方が良いでしょう。
  
  
「自分に自信の無い自虐的な人」が、
  
努力して「自信」を身に付けたら、
  
「過去の自分は、何てバカだったんだろう!?」
って思うと思いますよ(笑)
  
  
私の指導に従わなかった弟子も、
  
成長して視野が広がると、
「全部中井さんの言う通りでした!」
  
って言いますからね(笑)
  
  
私の生き方のポリシーとして、【 中立中庸 】があります。
  
  
私は、徹底的に研究して、絶対に間違いないだろう!
  
と、確信しているメッセージだけを伝えています。
  
  
私はメッセージを発するときに、
自分の「人生、プライド、信頼」などを掛けて、
  
非常に重みのある話をしています。
  
  
私は、自分がもし間違った事を言った場合、
【 自分の信頼を失うリスク 】を背負っています。
   
だから、適当な事は言っていません。
  
  
さらに、
私は「自分の利益」より「お客さんの利益」を優先しています。
  
  
私は、たとえ赤字になっても、
身銭を切って、お客さんに奉仕してきた事が何度もあります。
  
  
お客さんに必要ないと思ったモノは、
「別に買わなくても良い」と言いますし、
  
お客さんの経済的負担を減らそうと、
常に試行錯誤しています。
    
  
自分の「目先の儲け」を最優先に考えるのであれば、
それは絶対に出来ない事です。
  
  
これは、私の【 中立中庸でいよう!】という意志が、
  
非常に強靱だからです。
  
  
だから、中立的に相手の立場に立って考えられる訳です。
  
  
でも、そういう私の「愛」や「信念」を理解できる人は、
  
非常に少ないわけです。
  
  
「自分に自信が無い人間」は、
  
他人の「愛」や「信念」なども、感じられないからです。
  
  
とにかく、出来る限り多くの人に自信を身に付けてもらわなければ、
  
・日本も良くならない、世界も良くならない
 
・私のメッセージの価値も理解してもらえない
 
・本人の人生も良くならない
  
  
「自信が無い事」で良い事なんてひとつも無くて、
  
「自信」が身につけば良い事だらけです。
  
  
自信がある人ほど、私のメッセージを理解できる訳で、
  
自信が無くて自虐的な人には、まったく伝わらない訳なので、  
  
「自分に自信のある人」が増えて欲しいですよ。
  
  
まぁ、いま自信が無くても、自信を身に付けたい!
  
という強い意志のある人であれば、私がその最短最速の方法を教えます。


mixiチェック

haxe501 at 15:43│clip!