2016年03月29日

自己責任の意味

私は、よく「自己責任」と言っていますが、
  
自己責任というのは、
「自分を責めて落ち込むこと」…ではまったくありません!
  
全然違います。 むしろ逆です。
  
  
「自分を責める」と言うのは、【 罪悪感 】です。
  
  
で、自分を責める人は、同じく他人も責めていますから、
  
当然ながら、【 被害者意識 】も持っています。
  
  
「罪悪感」が強い人ほど、「被害者意識」も強いのです。
  
  
「被害者意識」とは、
【 自分以外の何かのせい 】にするという事ですから、
  
自己責任ではありません。
  
  
私の言う「自己責任」は、誰も責めません。
  
自分を責めないし、他人も責めません。
  
  
ただ、
  
【 自分が抱えている問題(ストレス)の原因は、自分自身にあるのだ 】
  
と、ネガティブ感情を交えず、ニュートラルに捉えることです。
  
  
【 罪悪感】とは、「他人の問題を自分の問題だ」と捉えることで、
  
【 被害者意識 】とは、「自分の問題を他人の問題だ」と捉えることで、
  
これは、表裏一体でセットになっています。
  
  
つまり、「自分の責任の範囲」と、「他人の責任の範囲」が、
   
【 明確に区別できていない状態 】です。
  
  
自分が不幸だとしたら、それは自分に原因があります。
自分が貧乏だとしたら、それは自分に原因があります。
  
  
例えば、
ある「受験生Aくん」が、志望校に落ちてしまったとしましょう。
    
    
その「受験生Aくん」が、「落ちたのは自分のせいだ!」
と思うのは、正しいです。
  
  
塾の先生が、「合格させてあげられなかったのは自分のせいだ!」
と思うのは間違いです。
  
落ちたのは、「受験生Aくん」の責任ですから。
  
  
その受験生が、「自分が落ちて、親をガッカリさせたのは自分のせいだ!」
と思うのは、間違いです。
  
「親がガッカリするかどうか?」は、【 親の問題 】です。
  
他人の感情は他人の問題ですから、罪悪感など要りません。
  
  
こういう風な「線引き」をすれば、ストレスは無い訳ですが、
  
この「線引き」は、常識的に生きていると出来ません。
  
  
なぜなら、常識が歪んでいるからです。
  
  
私は、好きなときに起きて、好きなときに寝ていますが、
  
これって「非常識な生き方」だと思います。  
  
  
私は、斎藤一人さんの生活に憧れて、自由人を目指しましたが、
  
斎藤一人さんは、めちゃくちゃ非常識な考え方をしていると思います。
  
  
「非常識な結果」には、「非常識な考え」が必要です。
  
その為には、一旦常識を捨てなければなりません。
  
  
常識的に生きて、幸せになっている人ばかりでしょうか?
  
私は、大学にも行っていませんし、
就職活動もまともにしませんでした。
  
非常識ですね。 
  
でも、めちゃくちゃ幸せです。
  
  
でも、大学に入って、就職活動して、
「就活が上手く行かないから」と言って、自殺しちゃう人もいる。
  
【 常識的に頑張っているのに… 】です。
  
  
常識は、「幸せを保証してくれるモノ」では無く、
  
ただ、【 世間の平均値 】を表しているだけです。
  
  
そして、人類の中でも、特に日本人は、
  
【 平均から大きくはみ出す事 】が怖いのです。
  
  
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
  
という言葉にも表れていますが、

たとえ間違っていても、
大多数と一緒である事に、安心感を覚えているのです。
  
  
しかし、非常識なほどの幸せを手に入れるには、
  
常識から外れる必要が、当然ながらあります。
  
  
例えば、自分の年収を、
「サラリーマンの平均年収に固定されて、嬉しいか?」
  
って話です。
  
  
サラリーマンの平均年収は、長期的には下がっています。
  
「世間の平均値」が下がっている中で、
「平均の中」に留まっていては、苦しくなる一方です。
  
  
平均値が下がっているときに、
自分の幸せや豊かさを維持しようと思えば、
  
当然ながら、
「平均値から飛び出して、自分だけは生き残ろう!」
    
という、強い意志が必要になります。
  
  
平均値(常識)が上がっている時代なら良いですが、
  
平均値(常識)が下がっている時代なら、
平均値(常識)から飛び出した方が得策です。
  
  
豊かさの平均値が下がっている時代に、
豊かさの平均値が上がっていた時代の感覚でいたら、
  
豊かになれないに決まっています。
  
  
今の時期、常識は頼りになりません。
  
  
頼りになるのは、
  
万人に対して「常に公平」で、「常に不変」な
  
【 宇宙や自然の法則 】です。
  
  
「絶対に揺るがないモノ」を軸として生きるから、
  
人間の作った常識が揺らごうと、安心していられるのです。
  
  
このコンセプトも、
【 常識(平均値)からはみ出る事に大きな恐怖がある人 】には、
  
まったく理解して頂け無いでしょうけれども。
  
  
本当に自分の人生を本気で良くしたいと思っている人は、
  
真剣に学んで下さい。


mixiチェック

haxe501 at 16:53│clip!