2016年03月22日

無駄な苦しみ、必要な苦しみ

人間は、「無駄」を避けようとする生き物です。
  
さらに、「労力、努力、苦しみ、痛み、苦労」を
避けようとする生き物です。
    
  
ですから、
  
・無駄な労力
・無駄な努力
・無駄な苦しみ
・無駄な痛み
・無駄な苦労
  
などを、精一杯に避けようとしています。
  
なので、【 ラクをしたがるのは自然な姿 】と言えるでしょう。
  
  
だからこそ、人間は「無駄な労力、無駄な苦しみ」に対しては、
  
【 多大なる「抵抗」と「ストレス」 】を感じます。
  
  
人間という生き物は、出来る限り
  
「無駄な努力」はしたくないし、
「無駄な苦労」はしたくないと思っています。
  
  
ただこの世には、「自分の望む結果」を出すために、
  
・必要な労力
・必要な努力
・必要な苦しみ
・必要な痛み
・必要な苦労
  
と言うのも、存在しています。
  
  
たとえば、
「筋力」を鍛えたければ、「筋トレ」をするしかありません。
  
  
家で寝転がって、菓子を食べて、テレビを見ていては、
筋力が鍛えられる事はありません。
  
  
「儲け話」に騙されてしまう人は、
  
【 ラクしてお金を儲ける方法があるはずだ 】
  
と思っています。
  
  
だからこそ、そういう人にとっては、
  
真面目に働いてお金を稼ぐ事が、
「無駄な労力」だと感じているので、
  
働く事がバカバカしく思えるのです。
   
   
しかし、そういう人も、
  
【 お金を稼ぐには努力が必要だ 】と理解すると、
  
ちゃんと正しい努力を始めるのです。
  
  
人間は、「無駄な苦労、無駄な努力」にストレスを感じますが、
  
【 自分に必要な苦労、必要な努力 】と思ったら、ストレスが無くなります。
  
  
例えば、みなさんは毎日移動する為に歩いていると思います。
  
歩く事に対して、ストレスは無いと思います。
  
  
しかし、例えば、
  
「自分にはテレポーテーションが出来るはずだ!」
と信じている人がいるとすると、
    
その人にとっては、
【 歩く事が「無駄な苦労、無駄な努力」 】だと思えるので、
  
「歩く事がストレス」に感じるのです。
   
   
人間の心理というのは、面白いモノで、
  
同じ事をやるにしても、
  
「無駄な努力」だと思ったら、一切やる気が起きず、
それをやる事に「多大なストレス」を感じるのに、
   
【 自分に必要な努力 】だと【 理解 】したら、
  
それをやる事に対するストレスが無くなるのです。
  
  
ほとんどの人間は、
  
自分にとって、
  
・何が無駄な努力で、何が必要な努力か?
・何が無駄な苦しみで、何が必要な苦しみか?
  
という事の「区別、線引き」が出来ていません。
  
  
私は、曖昧な事(スピリチュアル、心理)に対する
  
【 「区別」と「線引き」のスペシャリスト 】ですから、
  
  
・何が必要な努力で、何が無駄な努力か?
  
・何が必要な苦しみで、何が無駄な苦しみか?
 
  
という区別が、キッチリと付けられています。
  
  
例えば、私は【 我慢 】と【 忍耐 】は違うと定義しています。
  
  
「我慢」は、耐え続けても事態が好転せず、未来に希望が無い事で、
  
「忍耐」は、耐え続ければ事態が好転し、未来に希望が持てる事です。
  
  
私にとって、
  
【 我慢 】は根本解決しない無駄な苦しみですが、
  
【 忍耐 】は、明るい未来を実現する為に、根本解決の為に、
絶対に必要な苦しみです。
  
  
ですから、私は「我慢(無駄な苦労)」は一切しません。
  
でも、「忍耐(必要な苦労)」ならいくらでも出来ます(笑)
  
  
それは、自分に必要な事だと【 理解 】しているからです。
  
  
私から見ると、
  
結果に繋がらない
「無駄な苦労、無駄な努力」をしている人が多いですし、
 
結果に繋げる為の
「必要な苦労、必要な努力」を避けている人も多いです。
  
  
どちらも、【 自分の望む結果 】には繋がりません。
  
  
だからこそ、
私は結果を出すために「何が必要で、何が無駄か?」
   
という事の【 明確な区別 】を教えています。
  
   
「努力」というのは、
【 正しい方向性 】で努力しないと、結果に結びつきません。
  
  
「無駄な努力」では無く、「必要な努力」をする必要があるのです。
  
  
それを見分けるには、まず【 現実への理解 】が必要です。
  
  
だから、私は【 理解させること 】に大きな労力を割いています。
  
  
【 理解 】こそ、まず始めにしなければならない事です。
  
  
「理解」に焦点を当てていない人は、何をやっても「空振り」です。
  
  
「理解」に焦点を当てていない人は、代わりに、
  
先生からマルをもらえる、【 正解、方法 】を求めています。
  
  
数学で言うと、公式や方程式を理解するのでは無く、
  
計算ドリルの「正解集」を丸写ししようとしている、カンニング野郎です。
  
  
確かに、カンニングの方がラクかも知れませんが、
  
カンニングでは、
自力で、継続して結果を出し続ける事は不可能です。
    
  
己の脳みそで、正しく理解したときに、
  
自力で、継続的に結果を出し続ける事が出来るのです。
  
  
学校教育では、理解せずとも「カンニングで点が取れる」ので、
  
【 カンニングする方がラクに結果が出せて賢い 】と、
  
大きな勘違いをしたまま大人になっている人間が大勢います。
  
  
本当に必要なのは、相手が正しく理解できたのか?
  
【 ちゃんとチェックする事 】でしょう。
  
  
私が教えている人の中でも、継続的に結果を出している人は、
  
【 理解 】に焦点を当てている人で、
   
  
結果が出なかったり、一発屋で終わってしまう人は、
  
【 理解 】に焦点を当てていません。
  
  
「自分が理解できないモノ」と出会ったとき、
  
・積極的に理解しようとするかどうか?
  
・自分には関係無い、分からないと撥ね除けるか?
   
  
その積極性や態度の違いが、【 人生の差 】を決定付けますね。


mixiチェック

haxe501 at 16:47│clip!