2015年12月31日

「恋」と「愛」

最近、人と「恋愛の話」をする事が多いです。
  
私自身、今年は男女関係が大きなテーマだったので、
そこから学んだ事も、出し惜しみ無くシェアできます。
  
  
私は、とても独占欲の強い人間でした。
  
というのも、
「一夫一婦制が正しい」と固く信じていたからです。
    
  
・一人の異性しか好きになってはいけない
・二人以上の異性を同時に好きになるのはいけない事だ  
  
そういう風に思っていました。
  
  
それに、
  
【 最愛の「一人」の人と結婚して、添い遂げる 】
  
それが、美しい姿だと固く信じていました。
  
  
だからこそ、「恋愛の相手」をコロコロ変えることにも、
とても否定的で、
  
一途に一人の人を、一生想い続ける事が、
美しい姿、正しい姿だと思っていました。
  
  
ですから、自分の好きな女性が、 
  
自分以外の男性と仲良くしているのを見ると、
顔には出しませんが、
  
内心では、相当な不快感を持っていました(笑)
  
  
そんな、自分の否定している事が現実化して、
  
私が好きになる女性は、大抵、別に好きな男性がいるのです。
  
  
でも、「一途が正しい」と思っている自分は、
   
それでも、その女性の事がずっと好きなのです(笑)
  
  
私とは逆に、
「脈ナシだったらアッサリ諦める」という人を見ると、
   
「ドライだなぁ…、その程度の気持ちなの?」
  
と、不可解でした(笑)
  
  
という事で、男女関係の話になると、
 
「失恋の思い出」が大半です(笑)
  
  
でも、今思えば、それも良かったです。
 
そのおかげで、自分の成長に集中できましたから。
  
  
自分の精神が未熟な状態で、異性にハマってしまって、
自分の成長に弊害が出る方が、長期的に見れば損でしたから。
   
  
しかし、そんな独占欲の強い自分も、
 
修行を積めば、克服できてしまうのです(笑)
  
  
今では、自分の好きな女性が、別の男性を好きだとしても、
  
あまり何とも思わなくなりました。
  
  
自分の「心の広さ」に自分で驚きます(笑)
  
  
これこそ、【 無条件の愛だな 】と思う訳です。
  
  
「恋」とは、相手の「自分にとって都合の良い部分だけ」を見て、
幻想を見て、気分が上がったり下がったりしてしまいます。
  
感情の起伏が激しいのが「恋」です。
  
ですから、【 感情的に苦しむ事 】は避けられません。
  
  
「恋をしている状態」というのは、
  
自分に欠けているエネルギーを持っている異性に対して、
エネルギー的に依存している状態なのです。  
  
メンタルブロックを外し、自分の外側からではなく、
自分の内側からエネルギーを供給できるようになれば、
 
異性に夢中になることもありません。
  
  
一方、「愛」になると、
  
相手の「自分にとって都合の悪い部分」も理解した上で、
それを受け入れてでも、相手を愛しているという状態です。
   
【 大きな苦しみを乗り越えてでも、その人を愛したい 】という状態です。
  
  
感情的には、とても落ち着いていて、穏やかです。
  
そこに、苦しみは無いのです。
  
「穏やかな愛情」と、「相手への感謝」しかありません。
  
  
男女関係で苦しんでいるのは、「恋」で、
  
苦しみを乗り越え、克服した状態が「愛」です。
  
  
ですから、精神的にどんどん成長していくと、
  
もう「恋をしなくなる」という事です。
  
  
恋なんてしなくても、別に大丈夫ですよ。
  
  
【 恋に恋をしている状態(恋が目的) 】というのは、
  
たばこ依存、アルコール依存、砂糖依存、ギャンブル依存
などと同じです。
    
  
日常的にストレスが多く、楽しみが少ないから、
  
無意識のネガティブな気分を、
特定の手段で晴らそうとしているのです。
  
  
でも、ストレスを減らして、楽しみを多くしていけば、
 
「特定の何か?」に依存する事は無くなっていきます。
  
  
親が子供を育てるにも、「苦しい事」はたくさんあると思います。
  
でも、大抵の親は、
その苦しみを乗り越えてでも、子供を愛したいと思っているでしょう。
  
  
それこそが、【 本物の愛 】です。
  
  
立ちはだかる苦しみに、
自分の気持ちが負けてしまったら、【 そこまでだ 】と言う事です。
  
  
そんなに、その人を愛していないわけだし、 
自分にとってそれほど重要人物でも無いのだから、
  
無理に付き合う必要も無いのです。
  
  
私には、
  
【 この人と付き合っていく上で、
  どんなに苦しい試練が来ようとも、この人を愛し続けたい 】
  
と思える人が、何人もいます。
  
  
弟子たちも、そういう存在です。
  
  
弟子を育てるのって、まぁ大変です(笑)
  
  
私の言う事は聞かないし、頭は悪いし(笑)
  
ネガティブなエネルギー(邪気・悪霊)をたくさん受けるし、
時には反抗的な態度も取られるしね(笑)
  
  
でも、そういう数々のネガティブ面があろうとも、
「私に付いてきたい」と思い続けてくれている訳だから、
  
そういう相手が、私にとってはとても大切なのです。
  
  
「ネガティブ面」と「ポジティブ面」を天秤に掛けたら、
長期的にはポジティブ面の方が大きい。
  
だから私は、自ら繋がりを切ろうとは思わないわけです。
  
  
私は、普通の人に比べて、
価値観が相当変わっているので、
  
深い関係になれる人が、本当に少ないです。
  
  
自分と「相性の良い人、気が合う人、共感できる人」が、
非常に少ない訳で、
  
だからこそ、一人一人がとても貴重なのです。
  
  
私は、【 愛を与えたい人間 】です。
  
  
愛を与えた時に、
自分自身に価値を感じる事もできるし、充足感が得られるからです。
  
ですから、
いつも「自分の愛を感謝して受け取ってくれる人」を探しています。
  
  
そういう人が、あまりにも少ないから、
  
私の愛に価値を感じ、受け取ってくれる人が、
私にとっては貴重なのです。
  
  
私の愛を受け取れる人は、
きっと、普段から愛を周りに与えている人です。
  
周りに与えた分だけ、自分にも受け取る器ができるからです。
  
  
【 与えている人でないと、受け取れない 】と言うわけです。
   
  
私がいくらたくさんの愛を与えようとしても、
 
相手に受け取る器が無ければ、与えられないのです。
   
  
そういう意味で、
  
私はいつも【 受け取る器の大きな人 】を求めています。
  
  
そういう人が目の前に現れたら、
 
自分にとって気にくわないネガティブ面が多少あったとしても、
それを全部許して、愛したいと思うのです。
  
  
そういう事を続けてきて、
  
私は、自分の好きな女性が、他の男性を好きであろうとも
不快感を持たないくらいの「無条件の愛」に近づいてきました。
  
  
ここまで精神性を高めるのは、正直、大変だと思います。
  
私でも大変だったなぁと思うくらいなので(笑)
  
  
でも、大きな試練を乗り越えた先に、最高の幸せが待っています。
  
  
「試練を乗り越えた量」と「幸せになる量」は比例します。
  
あとは、個人の好み、個人の選択です。
  
  
ただ、普段の生活で、苦しみを感じる事がほぼ皆無で、
ポジティブな愛溢れる現実ばかりを創造する世界で生きられるなら、
  
試練を乗り越えていく価値は、充分にあると思いますよ。


mixiチェック

haxe501 at 17:00│clip!