2015年12月01日

「徳を積む」という行動

今日、大阪に帰ってきてから、
夜に佐々木さんがウチに来ました。
  
この1週間は、本当に人と会う予定がギッシリでしたね。
  
  
いろんな事が詰まっていて、
結構ドタバタして、濃かったです。
  
  
で、今日佐々木さんに話したのは、
  
【 徳を積む 】という事についてです。
  
  
私は、「1.波動 → 2.心理 → 3.行動」
  
という順番でのアプローチが有効だと伝えています。
  
  
行動する前に、
  
波動的アプローチ、心理的アプローチが優先で、
「行動的アプローチ」は最後です。
  
  
で、優先順位の問題であって、
行動が重要で無いか?というと、そうではありません。
  
行動も大切です。
  
  
例えば、対人恐怖があって、人と会うのが怖い人に、
  
無理矢理「人と会え!」って言っても、それは難しい訳です。
  
  
まず、【 恐怖心 】を先に消し去る事によって、
  
【 行動 】がしやすくなるわけですね。
  
  
佐々木さんは、「波動」も「心理」も全力でやっているので、
  
最後の「行動」について伝えました。
  
  
で、「行動」で大切な事は、【 徳を積む 】という事です。
  
     
私も、佐々木さんも、人生で結構苦労しています。
  
  
でも、苦労したからと言って、
「必ず人生が良くなる」と決まっている訳ではありません。
  
  
苦労する事によって、たくさんの学びがあって、
大きな事を成し遂げられるような素質・動機が備わる事もありますが、 
  
オセロは、ひっくり返してこそ色が変わり、勝てるのです。
  
  
実際の所、私より苦労してきた人もたくさん居るでしょうが、
  
人生を良くするためには、
「苦労する事」よりも、「徳を積む事」の方が重要なのです。
  
  
そういう意味で、佐々木さんと私では、
  
私の方が、「徳を積んでいる量」がよほど多い訳です。
  
  
私は、自分がたっぷりと「時間、お金、エネルギー」を割いて、
学び、研究し、発見してきた成果を、
  
無料で、出し惜しみ無く、シェアしてきている訳です。
  
  
こういう事が出来る人は、少ないと思います。
  
  
それに、何年か前、私がある宝石屋さんを紹介している時に、
私はお金をあまり持っていなくて、正直困っていました。
  
   
そこで、知り合いの人が10万、20万、30万円する様な
宝石を買っている訳ですが、
  
私には一銭も入ってきません(笑)
  
  
別に紹介料などもらっていません。
  
  
でも、それで目の前の人の人生が良くなるなら、それでいいやと、
欲を掻くことはありませんでした。
  
  
そこで、変な欲を掻いて、お金に固執して信頼を失うよりは、
  
「長期的な信頼」を大切にした方が、
後々に絶対に良いという確信もありました。
  
  
自分の教育にも価値があるハズだと思っていましたし、
自分にはお金が必要でしたが、
    
【 自分よりも、周りの人の利益を優先した 】のです。
  
  
自分よりも、「お先にどうぞ」の精神です。
  
  
当時の私の仕事の単価は非常に安く、数千円〜数万円だったので、
  
10倍以上の単価が、
自分の紹介で、別の人の懐に入っていくのです。
  
気分的には正直複雑でしたが、でも歯を食いしばって耐えました。
  
  
こういう事が出来る人も、少ないと思います。
  
  
結局は、先を見据えた【 自制心 】と【 忍耐 】です。
  
  
佐々木さんにも、奉仕精神はありますが、
   
私が「ブログ記事」や「新・幸せになる本」を、
不特定多数の人が無料で読める様にしているみたいに、
   
広い範囲の人々に貢献している訳では無く、
  
  
近しい人だけなので、範囲が狭いのです。
  
  
それだと、「徳を積む」と言う点からみると、
量が少なくなってしまいます。
    
  
私がなぜ、多くの人に貢献したいかというと、
【 自分が快適に暮らしたいから 】です。
  
  
自分が快適に暮らすには、社会、世の中が良くなれば良い。
  
今の世の中では、スーパーやコンビニの食品の質は悪いし、
治安も悪いし、自然が少なく、逆に排ガスが多いです。
  
生活していく上で、
「ネガティブな影響」は避けられない訳です。
  
  
でも、世の中の人々の精神性が高まれば、
  
それらの社会問題はどんどん減っていって、
もっと快適に暮らせるようになります。
  
  
その為に、「教育」が必要だと思って、「教育」をやっている訳です。
  
  
【「世の中・社会」と「自分」との繋がり、連動】を理解しているから、
  
・世の中・社会を良くしたい
・一般の人々に、精神性を高めて欲しい
  
と思いますし、
その為に、自分が出来る事をやろうとしているのです。
  
  
それに、他人にたくさん奉仕すればするほど、
  
それが自分に返ってきて、
どんどん自分の人生は良くなるわけですから、
  
「徳を積む事」は、まさに【 自分の為 】なのです。
   
   
だから、やらない理由は無い訳です。
  
  
どう考えたって、
【 徳を積めるチャンスがあれば、徳を積んだ方が良い 】と思うわけです。
  
  
だから、
  
【 他人に奉仕できるチャンス 】があれば、「ラッキー」なのです(笑)
  
  
より「多くの人(数)」に、より「高い価値(質)」を与える
  
  
そういう事を目指していれば、
  
【 幸せにならない方が、成功しない方が難しい 】わけです。
  
  
しかし、佐々木さんは、
  
一般人(不特定多数の人々)に対するメンタルブロックがあるので、
  
一般人に奉仕・貢献する事が自然に出来ていない訳です。
  
  
自分が、自分の人生をどれくらい人生を良く出来るか?は、
   
【 徳を積む量に掛かっている 】と言って過言では無いと思います。
  
  
もし、たくさんの人に向けて徳を積む事に対して抵抗があるとしたら、
  
その抵抗感を無くす事です。
  
  
「嫉妬心」などが、その抵抗感の代表格でしょう。
   
自分が不幸だったり、貧乏だったりすると、
他人の幸せや豊かさを、純粋に願いにくい。
  
  
自分よりも先に他人が幸せになったり、豊かになったりすると、
「悔しさ」や「惨めさ」を感じてしまうのです。
  
  
しかし、自分が不幸だろうが、貧乏だろうが、自分の状況に関係無く、
  
「他人の幸せや豊かさ」を願える人の元に、
最終的には「誰よりも多くの幸せや豊かさ」がやってくるのです。
  
  
つまり、【 嫉妬心を克服した者 】が、
  
人生をより良くしていけるのです。
  
  
【 嫉妬心を克服し、自分に報酬があろうと無かろうと、
  より多くの人に、より高い価値を提供し、徳を積み続ける 】
  
  
そういう姿勢で生きることができれば、
  
成功しない方が、難しいでしょうね。


mixiチェック

haxe501 at 00:42│clip!