2015年11月27日

「何とかなる」というファンタジー

昨日は、一部の弟子たちにお灸を据えました。
  
私は、「人生は厳しいモノだ」という事を、
再三伝えているにも関わらず、
  
「何とかなるだろう…」という【 甘え切った考え 】を、
捨てられていないからです。
  
  
「何とかなるだろう」と言えるのは、
  
毎日、徳を積み、努力している人だけです。
  
  
【 人事を尽くしているから、天命を待てる 】のです。
  
  
毎日、徳も積んでない、努力もしていない。
  
  
そういう人事を尽くしていない人間は、
何ともならないのです。
  
  
・なぜ毎日の様に、企業が倒産していくのでしょうか?
  
・なぜ日本で毎日300人以上の人が、自殺するのでしょう?
  
(日本の自殺者は年間3万人と発表されていますが、
 実際には、10万人以上いると言われています。)
  
  
そういうのは、【 何ともならなかった人たち 】です。
  
  
何ともならなかった人たちがたくさん居るのに、
  
何故、「自分だけはそうならない」と言えるのでしょうか?
  
  
そういうのが、【 脳みそん中、お花畑 】なのです。
  
  
で、私がいくら説明しても、真剣に話を聞かないので、
 
ある「たとえ話」をしました。
  
  
今、この場に、
【 もうすぐ隕石が降ってくるぞ! 地下に逃げろ! 】
  
と叫ぶヤツが入ってきて、そいつの言う事を信じる?
  
信じないよね? 
  
だから、悠長にイスに座り続けるよね?
  
  
それと同じ事だよ。 
 
俺の言うことを信じていないから、危機感を持てないんだよ。
  
  
でも、俺の言ってることはリアルな真実だし、
  
ずっと真実を語り続けてきて、
  
俺が「将来こうなる」って言ったことは、どんどん実現してるでしょ?
  
  
なのに、俺の言うことを信じられてないって事は、
    
「俺の言ってることはウソだ!」って思ってるんだよ。
  
  
「中井さんは、将来がヤバイ、ヤバイって言ってるけど、
 どうせ弟子の尻を叩くためにオーバーに脅してるんだろう…」
  
って、そんな風に思ってるんだろ?って。
  
  
俺の言う現実を信じられないって言うことは、
  
「きっと自分だけは助かる教」の信者だよ。
  
  
【この宗教にさえ入っていれば、
 
 自分が努力しなくても、
 天使さまが迎えに来て、助けてくれるの!】
  
そんな風な、ユメマボロシを見てるんだよ。
  
  
毎日、たばこプカプカ吸ってるのに、
「自分だけは肺がんにならない」とか、
 
毎日、ケーキを大量に食べてるのに、
「自分だけは糖尿病にならない」とか、
 
毎日、アイスクリームを大量に食べてるのに、
「自分だけはがんにならない」とか、
 
そういう事を言ってるのと同じなんだよね。
  
  
どっから来るの? その自信は?
  
  
今まで、困ったら全部他人に何とかしてもらってきて、
それが普通になっちゃって、
  
自分でなんとかしようと思う気さえ無いんでしょ?
  
  
全部、他人に助けてもらってきたくせに、
自分の実力だと勘違いしてるんだろ?って。
  
そんなヤツが、自分の人生を変えられる訳が無い。
  
  
で、毎日、毎日、
   
A.努力するか?     
B.それとも、怠けるか?
 
A.美学、信念を貫くか? 
B.それとも、保身に走るか?
  
  
っていう選択があって、
 
毎日、「ラクな方に流される選択」を積み重ねた人間が、
ネガティブな方向に堕ちていって、 
  
毎日、「自分に負荷が掛かる選択」を積み重ねた人間が、
ポジティブな方向に昇っていくんだよ。
  
  
で、君たちは今、ラクな方に流される毎日を送ってるでしょ?
  
  
じゃあ、確実に今、堕ちるコースに向かってるんだよ。
  
  
弟子でも、毎日ラクな方向に流され続けて、
 
ポジティブな方向に戻れなくなったヤツがいるだろ?
  
  
君たちは、そのうち、その二の舞になるんだよ。
  
  
まだ、「自分だけはそうならない」と思うのか?
   
って事は、俺の話を真剣に聞いてないんだよ。
  
  
人の話を素直に聞けるヤツが成長するんであって、
  
我が強くて、「他人の話」より「自分の思い込み」を信じていて、
他人の話を斜に構えて聞いてる様なヤツは、
  
成長なんかしないんだよ。
  
  
「きっと自分だけは助かる教」のファンタジーを信じていたいのは、
  
自分が努力したく無いからでしょ?
   
  
自分は努力しなくても良いと思える、甘いファンタジーを、
  
「俺の言っている真実」よりも信じていたいんでしょ?
  
  
・俺の語る「真実」を信じるのか?
  
・自分が今まで信じてきた「生温いファンタジー」を信じ続けるのか?
  
  
今、この場でどっちか決断しろよ。
  
  
だいぶ割愛しましたが、このような事を伝えました。
  
  
  
【「何とかなる」というファンタジー 】
  
が、この豊かな時代の日本に生まれた連中の代表的な病気です。
  
  
国がやってくれてるサービスは、借金で成り立っている訳で、
   
国民が毎日快適に生活できているのは、
自分たちの実力じゃなくて、借金の上に成り立ってる「勘違い」です。
  
  
「他人の金で暮らしておいて、お金は大事じゃ無い」って、
  
自力でお金を稼いで、経済的に自立してから言って下さいって感じです。
  
  
お金が大事に思えないのは、
借金で自分の実力以上に豊かに暮らしているからです。
  
本来の自分の実力まで、生活水準のレベルが下がったら、
お金の有り難みがわかる事でしょう。
  
  
多くの人が、【 分不相応な生活 】をしているのです。
  
  
自分では努力をせず、他人の金で贅沢に暮らしておいて、
それを自分の実力だと勘違いし、
    
「今の自分」で何とかなっているんだから、
この先も何とかなるだろうと思い込んでいるんです。
  
その他人のサポートが無くなる事は想定外なのでしょうか?
  
  
今、他人の金で暮らしているウチに、
  
自分の実力で生きていけるように、
自分を鍛えておかなければ、ヤバイのです。
  
   
もし、自分が経済的に自立できないまま、
他人の金が尽きたら、どうするんでしょうか?
  
  
要は、動物園で飼われていたライオンを、
いきなりサバンナに放り出しても、
 
エサを取れずに死んでしまうという事です。
  
  
今までは、何もしなくてもエサがもらえたから、
これからもエサがもらえるだろうと思い込んでいるのです。
  
  
でも、他人からもらえるエサは、いつか尽きて終わるのです。
  
いずれ、自分のエサは自分で確保しなければならなくなります。
  
  
それが出来なきゃ、野垂れ死ぬだけです。
  
  
そういうリアルを、豊かな時代に生まれた、
  
肉体的には成人しても、
精神的には全く成長していない脳内ガキんちょ共に、
  
伝えていかなければなりません。


mixiチェック

haxe501 at 23:50│clip!