2015年11月25日

人生に対する三つの姿勢

人生には、大きく分けて、
「三つの姿勢・態度」があります。
  
  
《 レベル1.依存、他力本願 》
  
自分の人生を、他人に何とかしてもらおうと思っている。
  
  
《 レベル2.自立 》
  
自分の人生は、最低限自分で何とかしようと思っている。
  
  
《 レベル3.リーダー 》
  
自分の人生を何とかした上で、他人の人生も何とかしようと思っている。
  
  
  
このように、三つの意識の違いがあり、
  
この「意識レベル」が高い人ほど、成長スピードも速いです。
  
  
しかし、私は、
「レベル1」の人がいかに多いか?って事を感じます。
  
  
要するに、この世には、この社会には、
   
自分の人生を他人に何とかしてもらおうと思っている人間ばかりです。
  
  
親に何とか、パートナーになんとか、
会社になんとか、国になんとか…、です。
  
  
ゆとり世代という言葉がありますけど、
  
別に「ゆとり教育」を受けていた人間だけで無く、
  
今時の若い人たちの多くは、「人生観が生温い」です。
  
  
私は、なぜこんなにも自立心が強いのかな?
 
って思うと、
 
私は学生時代から、
  
【 誰にも頼れない、誰も助けてくれない 】
  
という経験ばっかりしてきたので、
  
   
「ああ、そうか、
 
 自分がどれだけ苦しくても、他人は助けてくれないモノなんだ、
 他人に期待しても無駄で、自分で何とかしていくしかないんだ…」
  
という【 人生観 】が出来上がったのです。
  
  
しかし、今時の若い子の多くは、本当に甘やかされて育っています。
  
  
弟子の佐々木さんも、非常に自立心が強いですが、
  
私と同じく、過去に学校や職場などで、
  
【 誰にも頼れない、誰も助けてくれない 】という経験をしたので、 
  
【 自分がやるしかないんだ! 】という人生観を持つに至ったのでしょう。
  
  
ただ、「仕事」や「人間関係」に関してはそうですが、
  
「お金の面」では甘やかされてきていますから、
  
その部分では「他力本願」がまだ抜け切れていない様です。
  
  
私は、精神的にも、経済的にも、誰にも頼れなかった。
 
苦しいときに、誰も助けてくれませんでした。
  
  
だから、【 自分で何とかするのが当たり前 】という基準なのです。
  
  
自分の事は自分で何とかしないと、生きて来れなかった訳です。
  
そういう、「厳しい環境」を生き抜いてきました。
  
  
ところが、今の若い子達の多くは、
   
「助けて〜!!」と言ったら、助けてくれる人がたくさんいます。
  
  
だから、人の助けの有り難みがわからないし、
  
【 困ったら他人に何とかしてもらえばいいや! 】
  
という感じで、
  
【 自分を鍛える事、成長する事 】に、本腰が入らないのです。
   
  
私の言う、「自業自得・自己責任」とは、
  
この3つの意識レベルの段階を高めていく事です。
  
  
「自分の人生を他人に何とかしてもらおう」と思っている時点で、
 
それは、【 自業自得・自己責任の姿勢 】ではありません。
   
  
自分の人生は、自分で切り拓いていくしか無いのです。
  
  
今までは、依存的な人でも他人を頼れたかも知れませんが、
  
これからの時代、
依存的な人ほど、どんどん他人に頼れなくなっていきます。
  
  
自立している人同士は、助け合えますが、
  
依存している人同士は、助け合える状況では無くなります。
  
  
それぐらい、依存している人には苦しい状況がやってきます。
  
  
そこで、【 自分の人生は自分で何とかしていくんだ! 】と思えないと、
  
死ぬまで苦しい生活が続くことになります。
  
  
こういう状況を見てみて、
 
私は厳しい環境を生き抜いてきて本当に良かったなと思います。
  
  
昔は、周りに比べて、
自分一人だけ苦しんでいる様な気がしていました。
    
  
でも、今では逆に、
  
【 甘やかされて育ってきた人こそが可哀想 】に思います。
  
  
甘やかされてきた人は、
「自分の人生を自分で切り拓いていこう!」とは思えないからです。
  
  
だから、私は「人生に甘えている弟子」に対しては、厳しく指導します。
  
  
私の「厳しさ」に耐えられたら、
自分の人生を自分で切り拓けるようになるからです。
  
自分自身を変革し、人生を変えていく事が出来る様になります。
  
  
その為には、甘やかすのでは無く、厳しさが必要です。
  
  
私の様に、現実で苦しんで「厳しさ」を知るより、
  
私の言葉で「厳しさ」を知った方が、よほどラクな道です。
  
  
で、私の言葉で「厳しさ」がわからない人は、
 
これまた、現実で苦しんで「厳しさ」を知る事になります。
  
  
しかし、そうなってからでは、
  
今世では、もうポジティブな人生には戻れません。
  
  
そういう人は、来世以降、
  
また頑張ってもらうしかありません。
  
  
次の人生で「良い教育者」に出会える保証はありませんけどね。
  
  
平凡な生活 〜 プチ成功ぐらいするには、
最低限、「レベル2」の意識が必要です。
  
大成功しようと思ったら、「レベル3」の意識が必須です。
  
  
「レベル1」の意識では、平凡以下の苦しい人生しか送れません。
  
  
みなさんの【 人生に対する姿勢・態度 】は、
  
下記のウチ、どれに当てはまるでしょうか?
  
  
《 レベル1.依存、他力本願 》
  
自分の人生を、他人に何とかしてもらおうと思っている。
  
  
《 レベル2.自立 》
  
自分の人生は、最低限自分で何とかしようと思っている。
  
  
《 レベル3.リーダー 》
  
自分の人生を何とかした上で、他人の人生も何とかしようと思っている。
  
  
この意識レベルを上げたければ、
  
【 他人から厳しくされる事 】【 その厳しさに耐えること 】が必要です。
  
  
「甘えた状況」から抜け出さなくてはいけません。
  
  
他人に甘え続けるという選択の" 代償 "は、
  
【 いつまでも苦しい人生 】です。
  
  
長期的に苦しみたい人は、他人に依存し続けて下さい。
   
長期的に幸せになりたい人は、「厳しさ」を肯定し、受け入れる事です。
  
  
みなさんは、自分の人生をどうしていきたいと考えていますか?


mixiチェック

haxe501 at 08:19│clip!