2015年11月06日

女性差別

女性に関する事を書いたので、
それについても深く掘り下げて考えてみましたが、
  
女性差別って、まだまだ根強く残っていると思います。
  
  
女性差別と言えば、
「男性が女性を虐げる」っていうイメージがあるかもしれませんが、
  
むしろ、女性側が女性差別をしている場合もあると思います。
  
  
どういう事かというと、女性差別の根本原因って、
  
【 女性は弱い 】っていう「決めつけ」なんじゃ無いかと思います。
  
  
それは、
 
男性にもそう思っている人が多いと思いますし、
女性にもそう思っている人が多いと思います。
  
  
「女性は弱い」という観念が、
  
男性から見れば、
 
・女性は頼りないとか、
・女性は過保護になきゃいけないとか、
 
そういう思い込みに繋がり、
   
  
女性から見れば、
  
・男性には勝てないとか、
・男性に頼って生きるしかないとか、
   
そういう思い込みに繋がっているんじゃないかと思います。
  
  
もちろん、肉体的な性差はありますが、
 
精神面に関しては、男性も女性も同じ土俵かなと思います。
  
  
「知性、社交性、根性、勇気」などでは、
男性も女性も変わらないと思いますし、 
   
「感受性」については、女性の方が高いと思います。
  
  
私の周囲の人に関して言えば、
女性の方が勇敢で、男性の方が根性無しだったりします(笑)
   
男性は見栄っ張りなので、
「自分の弱さを認める」という事を中々したくないのです。
  
内面の恐怖に向き合う勇気が無いのです。
  
  
  
【 女性は弱い、だから厳しくしちゃいけない 】
  
  
こういう考えが、女性差別の元なんじゃないかと思います。
  
  
それに、女性側からしても、
  
「男性が甘やかしてくれるなら甘えちゃおう!」と、
  
その女性差別にメリットを感じ、
自ら受け入れている人もいるんじゃないかなと思います。
  
  
女性に暴力を振るうような、虐待的な差別もあれば、
  
女性を過度に甘やかすのも、また差別なのでは無いでしょうか。
  
  
【 女性は被害者で、男性が悪い 】という決めつけも、
  
実は女性差別なんじゃないかと思います。
  
  
社会で活躍するには、「厳しさ」がどうしても必要です。
  
  
女性にとって、
  
「厳しさ、怒り、暴力、攻撃」を許し、受け入れる
  
というテーマは、苦手分野かも知れませんが、
  
  
しかし、男女エネルギーのバランスを取るためには、
  
女性にとっても避けられない試練です。
  
  
それをせずして、「女性は一方的な被害者だ!」と言っても、
   
それは、女性が自分自身を差別しているのと同じだと思います。
  
  
例えば、イジメが起こるとき、
  
いじめっ子にも原因がありますが、
いじめられっ子にも原因があります。
  
  
例えば、争いや暴力を強く裁いているからこそ、
   
自分が争いや暴力に巻き込まれるという事もあります。
  
  
否定している事を引き寄せますからね。
  
  
ですから、女性差別があるとすれば、
  
それは、女性側にも原因が必ず存在しています。
  
  
例えば、人種差別なんかでも、
   
指導者が、白人と同じ権利を手に入れよう!って言っても、
  
「別にケンカみたいなしんどい事をしてまで権利は欲しく無い」と、
  
初めから諦めている様な人も多かったらしいです。
  
  
要するに、
  
セルフイメージが低く、「厳しさ」や「強さ」が無いために、
そういう人は、「弱い立場である事」を選択し続けたのです。
  
それは、自分の選択だったのです。
  
  
正義の味方になろうと思えば、強くならなければなりません。
  
  
弱いままで、口だけで理想を語っても、 
それは正義を行っている事にはならないのです。
  
  
女性差別を無くすには、
【 女性自身が厳しくなり、強くなる必要がある 】と思います。
  
  
男性の側に無くしてもらおうと期待しても、それは無理です。
  
  
イジメがなくなるとしたら、
いじめられっ子の方が、アクションを起こした時だと思います。
  
  
その為には、【 いじめられている自分の方にも原因がある 】のだと、
    
相手のせいだけにせず、「自己責任を認める姿勢」が必要です。
  
  
人種差別も、黒人の側(虐げられている側)が
アクションを起こしたから、無くなっていったと思います。
  
  
女性が男性に対して被害者意識を持ち続けても、
  
女性差別はなくなりません。
  
  
女性差別を無くすには、まず女性側が変わるしかありません。
   
男性(政治家など)に期待しても、ほとんど無駄でしょう。
  
  
経済的に自立している女性が少ないのは、
   
「厳しさ」や「強さ」を鍛えている女性が少ないからでしょう。
   
  
「厳しさ」や「強さ」を否定している女性が多いから、
  
経済的に自立している女性が少ないのです。
  
  
女性が自分に自信を持ち、強く、厳しくなっていったら、
  
世の中はポジティブな方向に変わると思います。
  
  
メンタルブロックがあるから、
  
甘やかしすぎたり(過保護)、
厳しくしすぎたり(虐待)するのです。
  
  
優しさと厳しさのバランスが取れて、
ニュートラルになったとき、
  
「差別(特別扱い)」はなくなるのです。


mixiチェック

haxe501 at 02:43│clip!