2015年10月28日

どっちもイヤ病

ポジティブな人生を選択できない人は、
  
「どっちもイヤ病」に罹っています。 
  
  
「ポジティブな人生、幸せな人生、豊かな人生」
を手に入れる為には、【 成長 】していかなければなりません。
  
  
しかし、「成長する」という事は、 
【 楽しさ半分、苦しさ半分 】の道を通り、
 
【 いずれ、楽しさ100% 】を手に入れるという事です。
  
  
一方、「成長しない」という選択は、  
【 楽しさ100% 】の道を通り、
  
【 いずれ、苦しさ100% 】になるという事です(笑)
  
  
まぁ、実際はこんなに極端ではありませんが、
わかりやすく対比すると、こんな感じです。
  
  
ここで重要な事は、
  
・「成長の道、ポジティブな道」を選ぼうと、
・「成長しない道、ネガティブな道」を選ぼうと、
  
【 どっちにしたって苦しい事はある 】という事です。
  
  
どっちにしたって、苦しいのです。
 
それが、「絶対に逃れられない現実」です。
  
  
だから、【 どっちの苦しみを選ぶか? 】っていう選択なのです。
  
  
しかし、人生を舐めて、甘えて、現実逃避している人間は、
  
【 どっちの苦しみもイヤ 】なのです。
  
  
だから、ラクをして「楽しさ100%」を手に入れたいと思って、
  
【 存在しない近道、逃げ道 】を探し続けるのです。
  
  
そして、そういう人間が、
「詐欺師の甘言に騙され、カモにされる」のです。
  
  
詐欺師も「出来る限りラクをして金を稼ぎたい」
と思っていますから、
   
類友の法則で、
同じように「ラクをしたい人間」を引き寄せている訳です(笑) 
  
  
騙される側の人間も、
「実力も無しに、ラクをしたい」と思っていたわけですから、
  
被害者と言うよりも、【 自業自得 】でしょう。
  
  
【 人生には、苦しみが存在する 】というのが前提です。
  
それが、この「ネガティブな惑星、地球」に生まれてきた宿命です。
  
  
しかし、現実逃避をする人間は、
 
「苦しいのはイヤだ、厳しいのはイヤだ」と言って、
   
ありもしない、「存在しない近道、逃げ道」を探し続け、
 
【 まったくもって無駄な事 】を行い続けるのです。
  
  
こういう思考にハマっている人間は、
 
【 どっちもイヤ病 】なのです。
  
  
「ポジティブな人生に向かう為」の苦しみもイヤ、
 
かといって、「ネガティブな人生」の苦しみもイヤ、
  
  
【 どっちの苦しみもイヤ 】なのです。
  
    
何もせずに、ラクをして、成功したいのです。
  
「働かずに、給料だけは欲しい」という事です。
  
  
だからそれは、
  
【 飲食店でご飯を食べても、お金を払いたく無い 】
   
っていうのと、同じレベルで【 無理な話 】なのです。
  
  
小学生でも分かる事です。
  
  
・「お金」を稼ぐには、働いて「給料をもらう」
・「モノを買う」ときには、「お金を払う」
  
当たり前の事です。
  
  
この世は、【 交換の法則 】によって成り立っていますから。
  
  
「誰よりも大きく成功」したけりゃ、
  
「誰よりも苦しく、厳しい道」を行く事です。
  
  
当たり前の事なのです。
  
  
どっちの苦しみもイヤという
  
【 どっちもイヤ病 】に罹っている人間も、
  
現実から逃れられる訳ではありません。
  
  
【 どっちもイヤ病 】という事は、
  
「人生そのものがイヤだ」と言うことです。
  
  
だから、わかりやすく言うと「自殺候補者」という事です。
  
  
まず、どんなに足掻いても、
【 乗り越えずして、苦しみからは逃れられない 】という事実を、
  
受け入れる必要があります。
  
  
乗り越えれば、苦しみは終わりますが、
逃げ続ける限り、苦しみは終わらないのです。
  
  
そして、例え自殺したところで、魂は永遠ですから、
今度はもっと苦しい状況に追い詰められてしまいます。
  
  
苦しみが目の前に来た時が、乗り越える最大のチャンスなのです。
  
  
・【 どっちもイヤ病 】を抱えながら、
 現実逃避を繰り返し、自殺に向かうか?
    
・「どのみち苦しみからは逃れられない」という【 現実 】を受け入れ、
 試練を乗り越えて、苦しみを根本的に解決していくか?
  
そのどちらかしかありません。
  
  
幼少の頃に甘やかされてきた人間ほど、
  
この【 どっちもイヤ病 】は深刻です。
  
  
戦後の厳しい時代を生き抜いてきた人は、
精神的にタフですが、
 
日本が豊かになってから生まれてきた世代は、
幼少の頃に「苦しみ」や「厳しさ」を感じていないので、
  
非常に「打たれ弱い」のです。
  
  
私が弟子にやっているのは、その【 根性叩き直し 】です(笑)
  
  
おそらく、現代っ子には、
 
【 どっちもイヤ病患者 】がうじゃうじゃ居るでしょう。
  
  
だから、いつまでもニートとかやってられるのです。
  
  
確かに、今の社会はネガティブです。
  
ポジティブな人ほど、働き辛いと思います。
  
  
でも、文句を言っても仕方ありません。 世の中は変わりません。
 
そのネガティブな社会の中で、生きていくしか無いのです。
  
  
それが、【 自分の背負った宿命 】です。
  
  
その宿命から逃げるのか? 果たすのか?
  
  
それこそが、今の時代に生まれてきた人間のテーマでしょう。
  
  
【 どっちもイヤ病 = 人生そのものがイヤ 】という事ですから、
  
放置していると、そのうち自殺したくなるでしょう。
  
  
それを治す意志のある人間は、
  
  
・苦しみからは逃れられない、逃げ続ければ、ずっと苦しみが続く、
   
・苦しみを根本的に無くすには、乗り越えるしか無い
  
  
その【 逃れられない現実 】を、真正面から受け入れる事です。


mixiチェック

haxe501 at 17:50│clip!