2015年10月12日

矛盾について

今日、自分は「矛盾」が心底嫌いなんだなって思いました。
  
  
例えば、
  
「やる気」が無いくせに、「全力で頑張ります!」
  
とか言っちゃう人がいます。
  
  
これが矛盾です。
  
  
「やる気」が無いなら、
正直に「やる気がありません」と言えば良いわけですが、
 
それをせず、本音を隠して、発言を偽る訳です。
  
  
私はこれに、非常に「違和感」を覚えます。
  
  
算数で言うと、
「3−2=7」とか言っている様なモノだし、
 
音楽で言うと、
美しいハーモニーでは無く、不快な不協和音です。
  
部屋で言うと、
ぐちゃぐちゃに散らかっている部屋です。
  
  
まったく秩序が無い訳で、混沌としていて、
どこからどう見ても、成り立っていない訳で、
  
誰が見ても、誰が聞いても、
何か違うだろうというのはわかります。
  
  
でも、得てして人間は、
「筋」を通さず、「矛盾した行動」を取ります。
  
  
世の中には、いろんな人がいます。
  
  
自分の人生について深く考える人もいれば、
人生について考えず、流される様に生きている人もいます。
  
  
でも、個人の好みですから、どっちでも良い訳です。
  
本人が納得しているのであれば。
  
  
医者から、
 
「このままいくとガンになりますから、
 食生活に気を付けてくださいね!」
 
と言われても、まったく食生活を改善せず、
  
末期ガンになってから、
  
「嫌だ〜!!死にたくない〜!!」
  
「自分がガンになったのは
 医者がちゃんと診てくれなかったせいだ〜!!」
  
と、他人に責任転嫁して、
泣き叫び、わめくような人も居るでしょう。
   
  
私からみたら、「矛盾の塊」ですが…。
  
  
でも、そういう行動を取るのが、人間です。
  
  
人間は弱くて、
  
・怖くなったらすぐ保身に走るし、
・苦しくなったらすぐ他人のせいにするし、
・恐怖からは、逃げられる所までとことん逃げようとするし、
・自分を守るためなら、他人がどうなっても構わない、
・他人を蹴落としてでも、自分だけは助かろうとする
・長い目で損するとわかっていても、損する方を選択する
・考えた方が良いと言われても、面倒くさいから考えない
・自分の立場が悪くなったら、とにかく現実逃避
・自分からは絶対に変わりたくない、周りが変わって欲しい
   
そういう「発想」と「行動」をする生き物です。
  
  
でもまぁ、「それでいっか」って事ですよね。
  
わざわざお節介を焼く必要も無い。
  
  
私は個人的に「筋を通した生き方」が好きです。
  
そっちの方が、確実に幸せだし、豊かになるからです。
  
  
でも、「矛盾しまくった生き方」が好きな人の邪魔をする必要も無い。
  
  
お金が欲しいとか思いながらも、真面目に働く事も無く、
  
30代過ぎても、40代過ぎてもニートで、
親のスネをかじり続ける。
  
  
ただ、「宝くじが当たれば良いな〜」などと妄想を続け、
  
まったく変化の無い人生を送る人も、 
別に構わないじゃないかって事です。
  
  
本当に人生を変えたい人には、必ずチャンスがやってきます。
   
チャンスがやって来ないって事は、
別に本人が人生を変えようとも思ってないって事です。
  
  
本人に意志が無いのに、他人がどうこうしたって、
本人に良い影響を与えられる訳がありません。
  
  
でも、他人に見捨てられたくは無いから、
何とかポジティブな意志があるように見せかけて、
 
自分の世話を焼かせようとする
  
  
そういう事を繰り返していく人生も良いじゃないかって事です。
  
  
「苦しみたくない」と思いながらも、
実際には自分が苦しむ方向へと自ら進んでいく人もいます。
   
これも矛盾ですが、それも良いじゃないか。
  
  
私は、矛盾した人とは付き合いたくないですけどね。
  
  
言う事とやる事がコロコロ変わるし、相手に合わせるのが疲れます。
  
それに、人として信用できない。
    
  
筋を通す人は、筋を通す人同士、
自己責任を貫き、ポジティブに生きていけば良いし、
  
  
矛盾する人は、矛盾する人同士、
  
被害者意識を持って、
責任をなすり付け合って生きていけば良いのです。
  
  
他人の人生に影響できるとしたら、
本人に意志がある場合だけです。
  
  
意志が無い人に、お節介は焼けないのです。
  
  
だから、ネガティブな人を可哀想などと思わなくて良い、
  
同情もしなくて良い、
   
本人はそれが好きなんだから。
  
  
どんなに苦しくても、自分は変わりたく無いのです。
  
  
周りから助けの手が差し伸べられていても、
  
たくさんのサポートを受けていても、
  
それを活かそうとしないんです。
  
  
そういう人は、
「苦しむ事が好きなんだな」って思ってあげれば良い。
  
要は、マゾヒストです。
  
  
ポジティブな道も、ネガティブな道も、
 
どっちにしても辛い事はあります。
  
  
でも、総合的に考えたら、
 
ポジティブな道の方が圧倒的にラクだし、
ネガティブな道の方が圧倒的に苦しい。
  
  
私はラクがしたいから、ポジティブな道を進むわけです。
  
  
目先のラクをとって、総合的に苦しむ選択をする人は、
  
どんなに苦しんででも、自分は変わりたく無いんだ!って事です。
  
  
苦しみたい人には、
   
「どうぞ、存分にたっぷり苦しんできて下さいね!」
   
と、笑顔で言ってあげたら、ケンカにはなりません。
  
  
みんなが仲良くなるためには、
  
自分の価値観を他人に押しつけないことですから、
  
苦しみたい人の価値観を尊重してあげれば、
 
問題は無くなるわけです。
  
  
めでたし、めでたし。


mixiチェック

haxe501 at 17:49│clip!