2015年10月10日

論理的思考力

今日、国本さんと話していて改めて感じたことですが、
  
「国本さんの様な、頭の良い人が近くに居て有り難いな…」
  
と思いました。
  
  
彼女は、私の言うことを決して「鵜呑み」にしません。
  
自分が納得できなければ、
納得できるまで、何度でもしつこく質問してきます。
  
  
もちろん、私の方が数段「思考力」は上なので、
  
たまに、「さっさと理解してくれよ…」と思うこともありますが、
  
【 納得できなければ、どこまでもしつこく質問する 】 
  
という姿勢については、めちゃくちゃ素晴らしい事です。  
  
  
これは、私の言うことよりも、
   
【 「論理性」を信頼している 】ということです。
  
  
つまり、「客観的な視点」を持っているということなのです。
  
  
たぶん、ほかの弟子だったら、
  
私の言うことを、ただ闇雲に「鵜呑み」にするか、
  
もし反発するにしても、
論理的にではなく、感情的になって反発するでしょう。
  
  
しかし、国本さんの思考パターンは、
「感情」より「論理」が優勢です。
  
  
だから、もし仮に私がネガティブな行為をしていたら、
  
「中井さん、それっておかしいんじゃないですか?」
  
と、指摘してくるでしょう。
  
  
他の弟子は、私に対して指摘するようなことは、
きっと難しいんじゃないかなと思います。
   
なぜなら、そこまで論理的に思考していないからです。
  
  
違和感を感じていても、突っ込めずに、
黙っているんじゃないかなと思います。
  
  
自分がズレれている時に、「ズレてますよ」
  
と教えてくれる存在がいることは、非常に頼もしいことです。
  
  
周りがイエスマンばかりだと、
  
自分がズレているときに、ズレているとわかりません。
  
  
もちろん、私は自分自身がズレないように、
自分で自分を律していますが、
  
【 客観的(中立)に自分を見てくれる人間 】がいると、
  
仮に自分がズレた時の保険になります。
  
  
国本さんと出会った当初、まだ彼女が大学生立った頃から、
私がセミナーで伝えたことに対して、彼女は質問攻めをしてきました。
   
  
私は質問されるのが嬉しいですから、
その質問に対して、全て筋の通った回答をしていたと思います。
  
  
【論理】というのは、「数学」や「理科」と同じく理系です。
  
数学では、誰が計算しても答えは同じになりますし、
理科では、誰が実験しても結果は同じになります。
  
   
だから、数学や理科の内容は世界共通ですし、非常に公平です。
  
誰が見ても、正しい、間違っているというのがわかります。
   
  
だから、芸術のように「好き嫌い」は関係無いし、
  
誰に対しても主観では無く、
客観的(中立的)に伝えられるという利点があります。
    
   
しかし、歴史という学問では、
教える国によって、まったく内容が違うと思います。
  
  
それは、「客観(中立)」では無く、「主観」だからです。
  
  
私のメソッドを深く理解できる人は、
【 「客観的(中立的)な視点」と「理系の脳みそ」を持っている 】
  
という事だと思います。
  
  
「数学」や「理科」という学問は、
  
世界中の誰がやっても結果は同じになりますし、
「えこひいき」の入る余地が無く、中立・公平です。
  
  
私の心理メソッドも同じです。
  
誰がやっても結果は同じになりますし、
「えこひいき」の入る余地が無く、中立・公平なのです。  
  
  
数学の教師が大嫌いだ!って言っても、
  
「1+1=2」という事実は、世界共通で変わりません。
  
  
「中井貴雄が大嫌いだ!」って言う人がいても、
    
私のメソッドが万人に共通していると言う事実は変わらないし、
  
【 誰でも愚直に実践すれば結果が出る 】という事実も変わりません。
  
  
私は「中立・公平」という言葉が非常に好きですし、
  
保育園や小学生の時から、「理科」という学問が好きでした。
  
  
理科という学問は、「自然や宇宙のメカニズム」を解き明かす学問です。
   
そして、私も「心理・意識のメカニズム」を解き明かしてきました。
   
    
心理やスピリチュアルと言えば、
文系を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、
    
私の心理メソッドは、【 バリバリの理系 】です。
  
  
最近は、理科が嫌いな子供が増えているらしいですが、
  
こんなに面白いモノを、何故嫌えるのか不思議です(笑)
  
  
みんな、理科の知識の世話になって生活しているハズですし、
   
国語で習う古文や漢文の方が、生活には関係無いと思います(笑)
  
  
それに、心理のメカニズムほど、
【 生きていく上で実用的な知識 】はありません。
  
  
もしかしたら、
「論理的に考えるのは苦手」という人もいるかもしれませんが、
    
企業が社員を雇うにしたって、
  
・精神力が優れている(厳しさに耐えられる)
・論理的思考力が優れている
・コミュニケーション能力が優れている  
  
そういう人を雇いたいと思うんじゃ無いでしょうか?
  
  
「私は他人とのコミュニケーションが苦手なんですよね」
 
って言ったら、
  
・工事現場や駐車場の警備員とか、
・高速道路の料金所のおっちゃんとか、 
・引っ越し現場や工場での肉体労働とか、
・掃除や清掃のスタッフとか、
  
そういう、
「深く人と触れあわない仕事」しか出来ないでしょう。
  
  
それと同じで、論理的思考力も、
コミニュケーション能力と同じく、非常に重要なスキルです。
  
  
元から苦手だとしても、鍛えていった方が、
仕事においても、人生においてもプラスです。
  
  
私のメソッドをきちんと理解できている人は、
   
「自分は頭が良いんだ」って思って良いと思いますよ(笑)
  
  
その中でも、やっぱり国本さんは頭が良い。
   
だからこそ、私の一番弟子であり、ビジネスパートナーなのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:32│clip!