2015年10月08日

ポジティブとネガティブの狭間での勇気

私が初めてセミナーをしたのが25歳の7月。
  
今から6年3ヶ月前。 
  
その一年後に、GHSという心理塾を始める事になります。
  
  
でも、その頃と今で、
「言ってることの大筋」は変わってない。
  
  
変わったのは、「手段」がたくさん増えたことかな。
  
宝石選び、服装選び、浄化アイテム…、
  
そういった効率良く自分を高めていくための
「手段」がたくさん増えた。
    
  
つまり、25歳の時点で、
私の理論はある程度完成していた訳で、 
  
「20歳から25歳までの私の研究に費やした時間」が、
ものすごく価値の高い期間だったんだなと、
  
今から振り返って思います。
  
  
やっぱり、研究もスポーツも「20代が旬」ですね。
  
  
25歳の時点で、
  
「私は巷の自己啓発よりも、よっぽど先に進んだことを言っている」
という自負はありましたし、
  
25歳の時から、自分は天才だと思ってましたね(笑)
  
  
25歳から30歳までの5年間で学んだのは、
  
ひとつは「お金や経済について」と、
  
もうひとつは、
  
【 ネガティブ感情を感じるくらいなら、成長・成功を諦める 】 
   
そういう人が、いかに多いかって事を学びました。
  
  
私は、「いかに負担少なく、ラクに成長できるか?」
   
という事を追求してきましたが、
   
本気で成長を目指すのであれば、
【 ネガティブ感情 】だけは絶対に避けられません。
  
  
「ネガティブ感情」を嫌がっている人は成長しないし、
成長を諦めるより他ありません。
  
  
「逆に、ネガティブ感情を感じるだけでいいの!?
 そんな簡単な事で人生が良くなるんだったらいくらでもやります!」
  
って言う人は、成長が速いです。
  
  
・ネガティブ感情を頑なに嫌がる人もいれば、
   
・ネガティブ感情だけでいいの!?って喜ぶ人もいれば、
  
  
成長するかしないかは、結局は「その差」ですね。
  
  
自分自身の「膨大なネガティブ感情」を目にして、
  
・積極的に向き合い、少しずつ削っていく人間と、
・逃げられるところまで、とことん逃げようとする人間。
   
   
でも、逃げたところで、「来世持ち越し」ですから、
 
結局、逃げ場などどこにもありません。
  
  
今世で終わらせる方が、よっぽどラクな道なのです。
   
逆に、来世では「本物の心理・本質を学べる機会」なんて無いんだ
と思った方が良いでしょう。
  
  
中井さんは、今世でアセンションするので、
来世はネガティブな地球で心理・本質を教えたりはしません(笑)
  
今世、中井さんと出会えた人は非常にラッキーです(笑)
  
  
私のメソッドを実践する上で、
しんどいのは【 ネガティブ感情 】だけです。
  
  
自分のネガティブ感情と向き合っていく人は、
どんどん現実が良くなっていっています。
  
  
そうで無い人は、
ネガティブ感情に集中して取り組んでいないのでしょう。
   
   
1.断捨離
2.波動向上
3.メンタルブロック解放
  
この3点に集中するだけで良いのです。
  
このサイクルを回すだけで良いのです。 
  
  
結果が出ない人は、中途半端にしかやってなくて、
徹底してやっていないからです。
   
  
徹底的に集中したら、必ず結果が出る事を保証します。
  
  
弟子の中でも、断捨離が出来てない子は、
本当に何をいくら言ってもダメですね。
  
本質がわからない。 
  
    
本質がわかってないから、
【 結果の出ない無駄な事 】ばっかりやってしまう。
  
  
断捨離が出来ないのは、「捨てる勇気」が無いから。
  
結局それも、 
【 捨てる事に対する恐怖・ネガティブ感情 】に取り組んでないから。
  
  
ネガティブ感情に取り組めないのはチキンだからで、
  
チキンは成功しないのです。 チキンは良い人生送れないのです。
  
  
私は、弟子たちのチキン根性を叩き直していますが、
  
それが一番骨が折れる作業かもしれません(笑)
  
  
別に、今がチキンでも、
本人の変わりたい意志があれば、いくらでも変われますけどね。
  
  
ポジティブとネガティブの狭間、
そのギリギリの所で、どちらに傾いていくのか?
  
その瞬間の意志ひとつ、ターニングポイントで、人生は決まります。


mixiチェック

haxe501 at 10:25│clip!