2015年10月03日

「欲」と「真剣さ」

近頃は、他人に「お金や経済の話」をする機会が増えてきました。
  
  
私のメソッドを理解して、忠実に実行していれば、
  
それまでストレスまみれで苦しんでいた人も、
早い人なら数ヶ月くらいで人間関係のストレスが大幅に減って、
   
その後は、何か問題が起こっても、
自力である程度解決できるような実力が身につきます。
  
  
私は、「心理→経済→健康」と言っていますが、
  
人間関係の悩み、心理ストレスがなくなったら、
次は、「経済のステージ」に進むわけです。
  
  
しかし、私がいくらお金や経済の話をしても、
  
本人の「強い学習意欲」が無ければ、
私の伝えたい事がまったく伝わらないのです。
  
  
国本さんに対しても、
お金と経済の話はいままで腐るほどしてきましたが、
  
数日前にようやく「やる気のスイッチ」が入ったようで、
  
本人のやる気が出たら、
私の伝えたい事をようやく理解できるようになりました。
  
  
結局は、【 本人のやる気、学習意欲 】が一番大切です。
  
  
私が教える事は、誰に対しても常に同じです。一定です。
  
しかも、万人に共通して結果が出せる方法です。
  
  
でも、出る結果に差があるのは、
【 本人の姿勢(やる気、素直さ、真剣さ)の差 】です。
  
  
私は、常々、「浴びるエネルギーが一番大切だ」
  
という風に言っていますが、
  
結果が出ていない人は、
  
・ネガティブなエネルギーを断つことにも、
・ポジティブなエネルギーを積極的に浴びる事にも、
  
それほど真剣では無いハズです。
  
  
私や国本さんの元にやってくる人は、
何らかの悩みを抱えている人が多いです。
  
何かに困っていないと、
わざわざセッションを受けようという動機にならないですから。
  
  
でも、私のメソッドを忠実に実行する人は、
すぐに悩みが消えてしまいます。
  
  
人間、「苦しい事から逃れたい」という気持ちは
誰でも強いですが、
  
困ったことが無くなった状態で、
さらに上を目指していこうと思える人は少ないかもしれません。
  
  
だから、「お金と経済の話」を真剣に聞くためには、
  
【 自分の欲望を素直に肯定できている事 】が大切です。
  
  
成功者は、自分の欲に素直です。
  
自分が欲深いことに対して、罪悪感がありません。
  
  
そもそも、欲は悪いモノではありませんし、
  
ネガティブな人は、ネガティブな欲の満たし方をして、
ポジティブな人は、ポジティブな欲の満たし方をするだけです。
  
  
例えば、「自分の気分を良くする方法」だって、
  
他人をいじめて、自分の気分を良くしようとする人もいれば、
他人に親切にして、自分の気分を良くしようとする人もいます。
  
  
「自分の気分を良くしたい」という欲が悪い訳ではありません。
  
【 欲を満たす方法 】に、ポジティブ、ネガティブがあるのです。
  
  
大金を得る方法だって、
  
「お客さんに高い価値を提供し、
 喜ばれながら商売で成功する」という方法もあれば、
  
「銀行強盗をする、泥棒をする」という方法もあります。
   
   
欲自体に問題は無く、
問題があるとしたら、【 欲の満たし方 】に問題があるのです。
  
  
で、ポジティブな正攻法で収入を高めていこうと思ったら、
   
やはり、【 他人に高い価値を与える 】という事が必要です。
  
  
その為には、自分に厳しくあらねばなりません。
  
  
1.自分に厳しくして、欲を満たしていくか
 
2.自分を甘やかして、欲を諦め、我慢を続けるか
  
  
もう、このどちらかしか無い訳です。 
  
  
しかし、【 言い訳、責任転嫁、現実逃避の達人 】は、
   
「なんとか、自分を甘やかしながら欲を満たす方法は無いか?」
  
っていう、「無駄過ぎる質問」に頭を使ってしまうのです。
   
   
それが出来るとしたら、
【 一方的に他人に依存し、甘える 】という方法しかありません。
  
  
しかし、それは持続可能ではありませんし、
いつまでも他者に依存して、甘えられる訳ではありません。
  
  
いずれは、必ず破綻してしまうのです。
   
   
そして、破綻した暁に、窮地に立たされるのです。
  
自分を甘やかすという事は、結局は「一時しのぎ」でしか無いのです。
  
  
私は、いずれ破綻するような事は教えません。
  
長期持続可能なことだけを教えますから、
  
やっぱり正攻法で、
「自分に厳しくして、他人に高い価値を提供出来るようになろう!」
  
という事を伝えるのです。
  
  
私の伝えている内容は、誰に対しても常に同じです。
  
しかし、「学ぶ側の吸収率」には、大きな違いがあります。
  
  
めちゃくちゃ吸収できている人もいれば、
まったくと言って良いほど、ほとんど吸収できていない人もいます。  
  
  
それは、
  
・「自業自得、自己責任、自立」で生きているか?
・「責任転嫁、言い訳、保身、現実逃避、依存」で生きているか?
  
  
どこまで行っても、その違いでしかありません。
  
  
相手が「責任転嫁、言い訳、保身、現実逃避、依存」をやめた時こそ、
  
私の伝えたい内容が、ストレートに伝わる瞬間なのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:08│clip!